CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


見えないものは難しい [2018年07月31日(Tue)]
sz152.JPG

最近収穫して販売した西瓜です。

買った人から赤くない(白っぽい?)と連絡がありました。

打音での感で熟成を推測して収穫、
サンプリングして切開・試食のあと販売します。

正直、未熟品が混じり、判別出来ないこともあります。
それもあり、市価より安めで販売していますが、
値段は言い訳になりません。

どうするか決めかねています。

これも経験のうちかも・・・。
猛暑だけの日常に逆戻り [2018年07月30日(Mon)]
dg069.JPG

鳴り物入りの台風は当地では
幸い大した被害はありませんでした。

豪雨・猛暑で疲弊した精神面に
台風被害だとかなりのダメージでしたが
なんとか頑張れそうです。

被害点検と日常業務に戻ります。

豪雨で被災された方々を思うと
心が痛みます。
次々来訪(?)する歓迎されない天候 [2018年07月28日(Sat)]
CIMG1112.JPG

台風に備えて水位を下げている水路。

豪雨・猛暑の3週間・・・。
その次は台風です。

70年足らずの人生で初めて見る進路です。
降雨の感じも風向もイメージ出来ません。

備えるのみ。

すでに被災された方々のご無事を祈ります。
熱中症? [2018年07月28日(Sat)]
oj009.jpg

猛暑日が続いて半月以上になります。
豪雨騒動から続いての厳しい環境で
未熟な飼養技術と相まって少なからぬ鶏を失いました。

人災半分・天災半分という感じです。

逆境になればなるほど人の和というか
自分以外の守備範囲を少しでもカバーしてくれる人の
有り難味を痛感します。

違う人格、異なる思考回路、まちまちな体力・・・
全てを組み合わせて目的を達成することは
難しいようで挑戦しがいのあることだと思います。

全ては自分達と取り巻く人々のために。

まだまだ努力が足りません。

おこがましくも、類も能力も素質も及びませんが
乃木稀典将軍の気持ちの一端を味わっています。
岡山路線バス戦争 [2018年07月27日(Fri)]
CIMG1085.JPG

4月に始まった当地路線バス戦争?。

早くも4ケ月を経過しました。

私の見る限り、
後発業者の車体には乗車客は少ないようです。

もっとも、通勤客はほとんどが定期券客で、
定期券の買い替え時期を何度か経た後が
本当に近い結果だろうと思います。

結果はどうあれ、競争の原理は残酷に存在します。

裁判に委ねられた部分もあるようですが、
その後の報道はありません。

豪雨被害一色の報道が収まったときには
少しは進展しているかも知れません。
堆肥テストプラント [2018年07月26日(Thu)]
dg069.JPG

4方をブロック設置してシート掛けした堆肥テストプラントです。

現在、中には乾燥籾殻約200kg(3m3程度)が入っています。
猛暑の毎日が続きますが、
鶏糞堀り50kg、攪拌、散水と必要な作業があります。

これからが本番です。
猛暑時期のお気に入り [2018年07月25日(Wed)]
sz149.JPG

畑から収穫してくる金瓜(まくわうり)です。

見た目はメロン・プリンスメロンに劣りますが、
味は引けをとりません。

私達の店(下町の千疋屋)で直売しています。
1個100円〜150円です。

一物百値の悪例で、
客が3人も褒めると次の日には値上がりしています。


この金瓜を丸ごとジュースにして飲んでいます。
使う道具はこれです。
dg068.JPG
50年来の友人から貰いました。

少し冷やすと更に旨くなることは間違いありませんが、
待ちきれず飲んでしまいます。

かなり甘いので、
糖尿病の心配ある人は飲まないほうがいいと思います。

猛暑の毎日、昼の西瓜、朝夕の金瓜ジュースと
生産者ならではの贅沢をさせて貰っています。
効果発揮した暗渠排水 [2018年07月24日(Tue)]
kgi295.jpg

豪雨・猛暑で忘れかけていたこと・・・。

昨年、畑の伏流水と排水不十分があり、
暗渠排水を施工しました。

上流部の降雨面積から今回の豪雨には
断面積不足ではと施工時から心配していましたが、
今回の豪雨にも畑表面の通水は防げ、
嬉しい誤算でした。

砕石・透水管・籾殻と最低限の資材でしたが
優秀な施工メンバーが不足分を技術と情熱で補ってくれました。

過去30年程度の雨で表土が流されたりした事実を
思えば、大変有難いことでした。

努力は無駄ではありませんでした。

平時の備えは大切です。感謝。
猛暑時期に考えること [2018年07月23日(Mon)]
KGI012.jpg

「猛暑」と言われて2週間以上になります。

豪雨被害に遭われた方々を思えば天国に近い環境ですが、
日中の作業には厳しいものがあります。

どうしても避けられないものと
工夫次第で避けられるものがあると思います。

猛暑時期、炎天下での作業はどうすれば軽減できるか
金銭面も条件に入れ、再考しようと思います。

北海道農業では1年が6ケ月らしいです。
6ケ月は雪で作業不可能で残り6ケ月で1年分ということです。

作業は12ケ月可能ですが、
条件不利な炎天3ケ月を
残り9ケ月と同じに考える必要もないと思い始めました。

畑では作物を栽培し、販売し、換金して、配当?して
循環・完結・持続です。

暑い時に考えてもいい答えが望めるか不明ですが
考える価値はありそうです。
2度目の巣立ち [2018年07月22日(Sun)]
tbm002.JPG

2度目の巣立ちが近づいた燕。

6月初旬に一度目の巣立ちがありました。
2回転目の燕は3羽・・・。

今回は慎重な性格が多いのか、
2〜3日部屋の中で練習飛行?しています。

そろそろ外へ飛び立つ日が近いようです。

気が付いて調べてみると、納屋に巣が3個ありました。
2個は稼働中みたいなので、
合計4個の巣で3個が稼働中です。

近所の巣の候補地が使えなくなったか、
こちらが居心地がいいか、
前者の可能性が高いのでしょう。

簡単に言えば、
私の家は古く、変化がないので、
燕には魅力なのでしょう。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml