CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


着色テスト 2 [2018年01月31日(Wed)]
oj012.jpg

昨日の着色は見事に失敗しました。
たった1日でこんなに何の痕跡もなく色抜けするのか
というくらい目視では確認出来ませんでした。

ひよこが顔料のついた部分を嫌がって
ヒップホップの兄さんみたいに
頭を軸にして回転して擦りおとしたのでは
と思えるくらいです。

次の一手を考える必要がありますが、
もう暫く、配合とか条件を替えて
チャレンジします。
着色テスト [2018年01月30日(Tue)]
oj012.jpg

孵化しているひよこ

寒さで落命するひよこを0に出来ません。
寒くなくても一定の割合で死亡するので
不謹慎ですが人の新生児の死亡率の低さは驚異的です。

保温施設の数の問題から、
頭に色づけして同居させる必要に迫られました。

食材用の着色料を薄めて頭に塗りました。
1度は薄すぎ、2度目は濃すぎて失敗しています。

地毛の色で使う色も変える必要がるかも知れませんが
目立つオレンジ色にしました。

はてさてどうなることやら・・・。
失敗のデパートは卒業できそうにありません。
納豆 5 [2018年01月29日(Mon)]
sz096.jpg

試作No3 白小豆

白い小さな大豆があったので試作しています。
納豆菌にも色々な種類があり、
ネバネバの強いものと強くないものがあるそうです。
勉強不足でした。

近所の店でネバネバの強い納豆を買ってきて
現物を茹でた豆に混ぜ込みました。

1日もすれば結果がわかると思います。

失敗のデパートはフル操業です。
納豆 4 [2018年01月28日(Sun)]
sz095.jpg


出来ました・・・が

食べた感想でマイナス面
1. 糸をひかない
2. 匂いが市販品とは違う
  かすかにアンモニア臭
 
プラス面も
1.味が濃い
2.添加物の心配がない

そう言えば気にしたこともありませんでしたが、
納豆の成分表示には
 着色剤
 匂い(各種エッセンス)
 増粘剤
などが入っていると思っています。

次の機会に確認してみます。
納豆 3 [2018年01月27日(Sat)]
sz095.jpg

発酵途中の納豆

今度は前回よりも格段の進歩。
黒大豆をミキサーで荒引きし、
茹でて発酵させています。

黒いものは大豆の皮です。
丁寧に取り除けば良かったのですが
性格が画像に現れました。

匂いは納豆そのもの、
味は明日のお楽しみです。

出来たも同然!


2年越しの後悔 [2018年01月26日(Fri)]
芯を狂わせたモーター軸で苦戦しています。

dg007.jpg


元々はこういう状態でした。

dg003.jpg

ベアリング交換のため送風用ローターを取り外し、
ベアリングを外すとき
ハンマーで叩くという愚行をやってしまいました。

ベアリングは取り付けましたが、
ローターは途中から入りません。

ネジ山も潰れていたので
ネジ山修正で大丈夫と思っていましたが
ダメでした。

芯出し出来ても精度によると
毎分1500〜1600回転なので
芯が狂うと振れて使い物にならないかも知れません。

去年の失敗で、2年越しの後悔です。
数年に一度の寒さ [2018年01月25日(Thu)]
oj012.jpg

この2-3日、最低気温−3℃が続いています。
今朝、ひよこ10羽ほど死なせてしまいました。

画像は保温初雛箱のものですが、
実際は板囲い電球加熱の開放型鶏舎の中です。

原因は温度低下です。

熱源に電球を使っています。

電球の使用可能時間が「1000時間」と
表示してありましたので
電球2個使用で1000時間の予定でした。

2個同時に寿命になる確率は1個よりも
遥かに低いとの考えからでした。

今回、1000時間前に2個共寿命が尽き、
数年に一度の寒波と悪条件が重なったのも事実ですが
そういう事もあると予想出来なかったことも事実です。

そう言えば自動車の部品でも
予防安全で壊れる前に交換するものがあります。

1000時間使えても800時間程度で交換すれば
リスクは大幅に減るはずです。

電球2個300円程度です。
 烏骨鶏10羽(メス5羽)が生涯生む卵何個かが
 被害?額かも知れませんが、
 何度も命に係る失敗の後悔は金額で換算不能です。

他人に厳しく自分に甘い都合よい性格ですが
少し落ち込みそうです。
最近の一押し [2018年01月24日(Wed)]
kgi289.jpg

大きく育ったネギ

最近の一押し商品 ネギ です。
容器が約65cmですので、大きいです。

一本で白ネギ・青ネギ両方楽しめます。
寒さで甘味がぐんぐん増えました。
青ネギの部分にデリカシーさは感じられませんが、
寒い時期、人の体に必要な養分はたっぷりと。

1本100gr〜120grを2本セットで
¥100円で売っています。

ご存知妙齢美人職員さん、通常は絶妙の値段付けですが
今回は何か魂胆あっての値段だと思います。

次の一手への布石かも・・・。




   30年前他界した父親は
    「盗人の昼寝もあてあって」と言っていました。
卵燻製 2 [2018年01月23日(Tue)]
sz091.jpg

卵の燻製はなんとか出来上がりました。


思わぬ落とし穴がありました。

sz093.jpg

卵が縮んで小さくなっていました。
原因は熱源の練炭でと考えています。

表面に色と匂いが付いて適当な時期と
熱源練炭が燃え尽きるまでの時間の差が
過乾燥縮小を引き起こしたと想像しています。

早い話、いい頃合で練炭を取り出すのも
気が付かなかっただけのことです。


失敗?のデパート本年も順調営業です。

表面が硬いだけでまずまずの味です。
卵の燻製 [2018年01月22日(Mon)]
sz091.jpg

茹で卵の燻製にチャレンジしました。
まだ試食していないので評価出来ません。

自家飼養している鶏の卵を
妙齢美人職員さんに茹でて殻剥きして貰いました。
口先労働者には大変ありがたい存在です。

野菜の出荷で絶妙な値段付けは正に熟練職人の域ですが
茹で卵もなかなかのもの、
卵が良いのか腕が良いのか、ほれぼれする出来栄えです。


食べて味が悪ければこいつのせいです。

sz092.jpg

桜のチップが途中で足りなくなったので
庭の端に転んでいたなんとか桜の倒木枝木を
使いました。
同じ桜類と考えていましたが、
煙のにおいは月とスッポン
      義経と向う脛くらいの差がありました。

途中までの労苦が水の泡になるかも。


納豆・燻製と空振り続きでは
ロダンの考える人みたいになりそうです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml