CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


予期しなかった喜び [2019年07月01日(Mon)]
sz268.JPG

イタリア料理店を営む大切な友人がいます。

地鶏の使用・調理方法に関して
アドバイスお願いしています。

元はと言えば、
私の半ば褒められない動機からスタートした地鶏ですが、
現在は方向性が時流と重なる部分が多くなって来た気がします。

キーワードは「ピュアー」
別の表現だと「天然・放し飼い」が近いと思います。

地鶏関係は合計1000羽程度を推移していますが、
販路に目処がつけば2.5倍程度は増産可能と推測しています。

販路と同時進行で、飼養精度・品質の向上が行われています。

肉用鶏の最適?飼養期間を判断するため、
2年間の飼養を実験しました。

主に食感の部分でしたが、予想とは多少違い、
6〜8ケ月が好評な方が大多数でした。

当事業所の場合、飼料の関係で、
開発者のデータどおりにはなりませんでした。

飼養期間はそのまま?コストに影響しますので、
開発者としてはより短期に販売可能状態を得たいことは
十分理解できます。

使用目的で求めらる硬さ(弾力?)が異なることも
理解できますが、私には調理技術や、
客に提供する人の欲しがる肉はわかりません。

そういう打算的な部分を割り引いても、
写真の調理を試してくれた友人は貴重な存在です。

大げさに言えば、私は鶏肉で友人は調理で会話していると
感じています。

調理を経た鶏肉に友人の人柄まで現れているようで、
私の飼養した鶏肉も私の人格が試されている気がします。

      どんな味か興味は尽きません。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml