CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


タマネギ収穫 [2019年06月04日(Tue)]
sz235-thumbnail2.jpg

タマネギの収穫はやっと半分程度終わりました。
と言っても、「畑から事業所近辺への移動」が半分程度です。

実際には、
畑で土から引き抜き
根・葉を大体切り取り
入れ物に入れ
トラックに載せ事業所近辺まで持ち帰り
八百屋さん・市場のご希望で5〜7日乾燥させ
根と葉を再度切り取り
痛みの有無・重さ・形で選別し
重量計測して容器に入れ
やっと出荷の運びに漕ぎ着けます。

出荷に関してだけでも書いたとおりですが、
更に、口座に入金になるまでは安心出来ません。

現状を再確認すれば、
タマネギの収穫は
「畑に植わっているタマネギ」が
「半分程度なくなった」
だけで、
「畑から全てなくなり」
「事業所近辺からすべて販売者・消費者に渡る」
までは単純に数倍の作業量が必要ということです。

全体を把握出来ない人は不安で心配します。
当然です。
作業量がわかっても(わかったら?)
@更に不安になる人とAならない人に別れます。

  不安にならない人は
   B先天的な楽天家
   Cやり抜こうという強い意志を持った人
  だと思っています。
            私の理想はCです。


時間軸を拡大してみれば、
タマネギが終わったら
ジャガイモ、カボチャなどがあります。

畑以外に目を向ければ、
遅れている米関係があります。
 
          やはりBでした。
太陽のエネルギー [2019年06月04日(Tue)]
KGI012-thumbnail2.jpg

間もなくこの地は梅雨に入ります。

晴天が恋しい時期になりますが、
現在晴天が3日も続くと、
日差しによる熱と紫外線で体力が激減します。

畑の作物も猛暑に耐えているようですが、
文句一つ言いません。

地球上で最強のヒト類も太陽の力には
適いません。

上手く利用する方策を考えたほうが良さそうです。

唯一、水田の稲は嬉しそうです。

万物の力を借りて生き延びる弱い男に成り切ります。

    取り合えず、日没から死んだ真似を始めます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml