CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


一体日本はどうなるのか・・・? [2019年07月07日(Sun)]
kgi103-d8e49-thumbnail2-thumbnail2-4047b-thumbnail2.jpg

その昔、開高健?さんという作家?PR関係?釣り師?さんが
いらっしゃいました。

種々の文字作品を残されていますが、
テレビのコマーシャルで
「一体日本はどうなるのだろう〜」
という台詞を書かれたと記憶しています。

当時は、単に、昔釣れた魚がめっきり釣れなくなった
位にしか受け止めていませんでした。

先日、友人と「これからどーなるんかなー」と
話していた時に「一体日本は・・・・」という言葉が
急に浮かんできました。

考えてみれば、放映当時でも、
最近私が感じたものと同じ類のことを感じられた方々が
多数いらっしゃったはずだと思います。

年齢か情報量の多寡、思慮深さなどで同じ言葉も
受け取りかた、解釈は随分変わってきます。

個性と言ってしまえばそれまでですが、
時代の変遷は大きなものがあります。

50年前の当たり前は現在の当たり前ではありません。
100年前・500年前も当然大きく異なるはずです。

日本がどうなるかも心配ですが、
人類はどういう方向に進むのでしょうか?

100年前200年前それ以前に比べて、
一人当たりの生産可能量?は想像出来ないほど
増えています。

人口も増えましたが、
衣食に事欠く人々も多くいます。

   人の欲望は
     エベレストより高く
     地球より重たい 
   そうです。

どうして、万人皆、そこそこで満足出来ないのか
不思議でなりません。

     知足(足るを知る)とは誰(何?)の言葉だったか
     昔日の人は今日を見通されていたのでしょう。





私にも尽きない欲?があります。
  私の関係する事業所に関係する全ての人が
  笑って毎日過ごせるようになることです。
朋友とのお別れ? [2019年05月06日(Mon)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

平成最後の1年間、最も大切な人の一人との
お別れを経験しました。

平成最後の週、人生の転機を与えてくれた方との
お別れがありました。

令和最初の1週間には
昭和平成をともにした朋友が久々に来訪してくれました。

  私には、体力的のも苦しいなか、
  最後に顔を見せに来てくれたように感じています。

年齢が進むと、
 新たな出会いよりも惜しまれる別れが多くなることは
 仕方ないと思いますが、残念でもあります。



自分に残された時間・体力・使用可能な資源は
同世代の人に比べて恵まれたものもある筈です。

  出来る限り有効に使わせてもらって
  自分の役割を果たす努力を重ねます。
月並みですが・・・ [2019年04月30日(Tue)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

私事で恐縮です。

平成最後の日を迎えました。

約半世紀前(昭和45年春)
私は自分の人生の第二段階が始まったと位置づけています。

その中でも一番大きなきっかけを与えてくれた人が
今月26日他界されました。

ご本人はどう思われていたか不明ですが、
私は人生の恩人だと現在も考えています。

葬儀の写真・遺族の話しを観聴しながら
あの人だったらそうするだろうな・・・
そういう所もあったのか・・・
万感胸を過ぎりました。

翻って、いつの日か自分のその日、
  今の自分と同じ気持ちを持ってくれる人は
  いるのだろうか?
他人の評価を目当てに生きている訳ではありませんが、
心から自分がいてくれて良かったと思ってくれる人は
俗人の私には嬉しい存在だと予想します。

自分のささやかな願いの篭った目的のため
周囲を巻き込んで邁進する現在の毎日を
再点検し鞭を入れて平成の御世最後の日を過ごします。

    令和も力の限り精進します。
投票カード雑感 [2019年04月09日(Tue)]
p.jpg

一昨日は地方統一選挙でした。

候補者の方々は悲喜こもごもでしたが、
近年投票率の低さには
多くの人が残念に思っているはずです。

立会っている人から画像のカードを頂きました。
 何でも立会人は拘束時間が投票時間並みに長く
 報酬も公務員並みに2万円程度と聞いた記憶が蘇りました。

カードの目的効果について不勉強ですが、
特にこれといったことも無いようです。

ほんの100年前には、
選挙権の基準も年齢以外にあれこれと求められ、
現在の18歳以上には無条件(触法関係以外)に与えられる有難さも
失うまで痛感しない人の多さに腹立たしさを感じます。

同時に与えられる特定の人に都合の良い情報を
そのまま鵜呑みにして自分の考えを形成してしまう人の多さにも
強い残念さを覚えます。

せっかくの種々多様な情報がかなり自由に得られる現状が
有難いと感じるのが失ってからというのは大変悔しいことです。

是非は別として、ロシアではネット鎖国を実験的に開始したそうです。

  共産主義・非共産主義の是非よりも
  自国のアイデンティティは何なのか
  考えて頂きたいと願っています。
必要十分 [2019年04月08日(Mon)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

今を去る半世紀以上前
「必要十分」という言葉を学校で習いました。

確か数学の用語だと記憶していますが、
今で言うと「それ以上でも以下でもない」
ということになるのでしょうか。

最近、人間にとっての必要十分は
何なのか考えることが多くなりました。

時代・体力にも関係が濃いですが、
その人にとっての物事の優先順位は変わります。

私個人の希望が色濃く反映される当法人も
「介護保険予備軍の利用者化を
 一人でも多く一日でも遅くする一助を担う」
という文字外のベースは不変ですが、
当面の短期目標は時期によって変わっています。

観る人聞く人によれば、
「コロコロ変わる」と受け取られるかも知れません。

自分では決定に至る速度が遅いと感じています。

ある人によると、
「時の流れは速い。時速1500kmだ。」
そうです。
   これは地球の自転(?)速度に
   掛け合わせたものだと推測しています。

また別の人は
「最も速く走れる物(人だったかも?)は
 最も速く止まれる物だ」
とも言われています。

勝手と思われても、朝令暮改と言われても
後世の判断に委ねます。
何で? [2019年03月22日(Fri)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

私が知る限りでも
人間社会の技術はここ100年で
全く別物と言える位進歩?しました。

生産能力も格段に向上しました。
運搬能力も情報伝達能力も格段に向上しました。

地球上の総人口は3〜4倍に増えている筈ですが
生産能力はそれ以上です。

有り余る技術の恩恵はどこに行ったのでしょうか?

可能なら、時間みたいに万人に等しく分け与えられれば
間違いなく人類全体が豊かに幸せになれる確率は高くなります。

悲しい人間の性でしょうか?

絶滅危惧種?とも思える「日本」・「日本人」には
真に豊かな社会を作り出せる能力があった筈です。

    何を失い現在に至ったかを理解確認出来れば
    まだ間に合います。

真面目が欠点? [2019年02月08日(Fri)]
KGI012-d2328-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

昨今の世相をゆっくり考えてみると、
不思議なことが沢山あります。

変化していく「常識」
半世紀前には金科玉条だったものが
今では???

1世紀前の当たり前が現在は正反対・・・。

160余年前の黒船来襲以後が目に見える変化の
速度の変換点ではなかったかと考えます。

私の物差しでは、最初に住んでいた日本人(縄文人)は
弥生人と同化して(させられて?)、
蒙古人に侵略されそうになり、
イエスズ会に侵略され始め鎖国し、
薩摩・英国戦争では結果的に破れたものの
日本民族のポテンシャルを認識させ、
残念ながら、明治以降は奮戦するも、
情報戦では惨敗続き
です。

私たちは、
真面目に物事を突き詰め、言葉だけでなく、
世界の人々が真に平等に平和に暮らせるよう
2700年にもなろうかという長期間努力している
貴重な民族です。

「余裕」は勿論必要ですが、
「真面目」を遂行する潤滑油の役目です。

  私は「真面目が欠点」と言われているようですが、
  褒め言葉と聞くようにしています。


万感胸に迫る師走 [2018年12月31日(Mon)]
瞬き3回で新しい年が来るようです。
色々なことがありました。

5年前だとそれぞれがどれ一つでも
乗り越えるために四苦八苦して不思議ではないボリュームです。

私の感受性が鈍くなったこともありますが、
大部分は利用者・職員一人ひとりが力をつけ
組織としての行動力が大きくなっていると思います。

kgi103-d8e49-thumbnail2.jpg

畑では、猪にさつまいも・なんきん・ネギなどが
被害を与えられました。
通じての収量は前年よりかなり増えています。

また、猛暑もありましたが、関係者の努力で
なんとか乗り切れ、来年は同じ被害は軽減される筈です。

更に、販売方法も情報が蓄積され、
より有利な値段が期待されます。

hiyoko-thumbnail2.jpg

鶏部門は合計720余羽を数え、
来年は、飼料都合もあり、
肉になりお金に換わって貰います。

   残念ですが仕方ありません。


sz106-caf02-thumbnail2.JPG

コーヒー豆焙煎販売も緩やかですが、
じわじわと売り上げを伸ばしています。

なにより、店のムードは過去最高です。
担当(美人)妙齢職員さんの力量を見くびっていました。


総じては、職員それぞれ力量を伸ばし、
     利用者も人数・能力(やる気?)増加し
 来年度結果悪ければ、天変地異以外、
 私の責に帰すると覚悟しています。

   願わくば1年後、
   自画自賛状態であれるよう・・・。
原点を忘れてないか? [2018年12月26日(Wed)]
hiyoko-thumbnail2.jpg

平成22年に産声をあげたNPOけしごやまは
暫くの間本格的な活動が出来ませんでした。

人的資源が確保出来て、やっと、
本当の意味でのスタートを切れました。

それから1000日を目処に目標設定し、
再調整し、また1000日と努力?して
今日は3回目の800日位ではないかと記憶しています。

その間にも社会情勢はどんどん変化して、
障碍事業所を取り巻く空気も激しく変わりました。

現在は、国・社会が事業所を
「淘汰する」「間引く」という感覚です。

事業所をスタートさせ目標に向かって歩を進める度に
取り巻く気温がどんどん下がるのを痛感します。

私達の事業所の目的は
「農業を通じて障害者・高齢者の生活をお手伝いする」
ことです。
目標として「自社生産・加工・販売」があり
手段として「無肥料・無農薬の作物生産」
     「無添加物の食品を提供する食堂」
があります。

まだ道半ばです。

目的を果たすために欠けているものは
おぼろげながら分かってきました。

幸い、利用者の皆様・職員の方々の中に
これといった逆風もなく、
同じ方向へ進んでいますので、
一歩づつ目的に近づいていることは間違いありません。

望んだ方向へ進むに伴う苦労は
楽しい部分もあります。

3回目の1000日目を迎えられるよう
最善の努力を重ねます。
個人の限界 [2018年12月18日(Tue)]
p-0fc21-thumbnail2.jpg

少し早いですが、
今年を振り返っての反省をしています。

個々の案件についての反省点は多数です。
原因結果も多種多様です。

が、更に考えてみると、
事業所の作業量みたいなもの
(営業品目の幅と内容の深さ?)が
想像以上に増えているようです。

世流れはどんどん速く、激しくなり、
事業所も順不順を別にしても
生き残りのため、より高質なサービスを提供するため、
変えるところ増やすところが山積みです。

個人で対応可能な範囲を超えたようです。

開発途上国のリーダーは
一人あたりのGNPが1000ドル以下と以上で
求められるタイプが違うと聞いたことがあります。

1000ドル以下はワンマンというか即断即決で
強力な少数での推進が適していて、
以上は合議制が適している
という内容だったと記憶しています。

これから私達の事業所が
益々地域社会や利用者さんから必要とされるため
関係者が共通の目的を認識し、
実行出来るような環境を整備していきます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml