CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


無農薬でやり通せるか? [2019年07月15日(Mon)]

ine020.jpg

密かに期待している道具です。

水田用除草機。

おもちゃみたいな感じですが、
なかなかの優れものです。

上手く使えばかなりの効果が期待できます。

素人目の問題点は耐久性くらいでしょう。

4条作業機ですが、意外と軽いです。
その分使用するときの気遣いも求められます。

   農機具の0戦と思えばいいのかも・・・。
焦るとろくな事がない・・・。 [2019年06月29日(Sat)]
dg058-thumbnail2.jpg

焦って結線ミスりました。

小さなパーツひとつ壊しました。

完全にケアレスミス・・・。

最新型がとこんなものでは済みません。
というより、最初から触れないように出来ている?

   結局、急がば回れでした。
五徳修理 [2019年05月07日(Tue)]
先日クラックを発見した五徳を修理しました。

p.jpg

鋳鉄製なので溶接も生鉄とは少し工夫が必要です。
画像ではよくわかりませんが、

dg147.jpg

裏面からみるとこうなっています。

これで当分大丈夫でしょう。
籾殻粉砕機 ほぼ完成 [2019年04月28日(Sun)]
th100.jpg

昨年秋から手元にあった製粉機を改造して
籾殻を粉砕しようと苦闘していました。

一番手こずったフィルター網目も
数人のお世話になり、ほぼ解決しました。
関係各位に感謝です。

画像右が処理前、左が処理後です。
フィルター穴φ3.0mmを使用しています。
φ2.0mmに比べて粗いですが何とか使用範囲で
処理スピードは約2倍速です。

元来の製粉機として使用するときの
フィルター穴径は0.5〜0.6程度みたいです。
(メッシュ200番程度の出来上がりです。)

オリジナルは3〜5PSの動力仕様みたいですが、
製造は約30年前と想像しています。

メーカーさんも今はなく、
販売店さんに残っていたパーツを求めましたが
目的には合わず、必要な部分は作ることになりました。

機械丸ごとでなく、消耗に近いパーツだけの製作なので
格段に楽な筈ですが、素材の入手からの手探り状態です。

フィルター素材の穴あき鉄板も
材質寸法がほぼ希望どおりのものが入手でき、
稼動に漕ぎ着けるようです。

更に、ネジ・Vベルト・電線などのパーツについては
特定出来ればほぼストレスなく入手出来、
日本国の基礎工業技術の裾野の広さを感じました。

   80年前90年前にこういう状態であれば、
   父祖同年配の技術者さん達は
   思う存分技術能力を発揮出来た筈と
   残念な思いです。

ともあれ、籾殻を砕いて、鶏糞と混ぜ、
堆肥を作って、田畑を活用します。
製粉機 再開 準備 [2019年04月22日(Mon)]
煮切り 003.JPG

製粉機、ふるい部分です。

画像ではわかりませんが、
薄いステンレス板に小さな穴が並んで開いています。

元来、製粉機なので、堆肥に使う籾殻粉砕には
使用目的が少し違うものです。

純正部品の穴あき板は目視φ0.5〜0.7程度の
細かい穴でした。

これの使用時にはメッシュ200番程度の
粉仕上がりだったようです。

前回は苦労してφ1.0mmの板を調達・加工して
取り付けました。

籾殻を粉にする機能は果たしてくれましたが、
感覚的にメッシュ120〜150程度の製粉精度でした。

堆肥には十分使えるのですが、
何分能率が私には不十分でした。

籾殻が砕けて吸水し、バクテリアが活動出来れば
製粉機に私の求める機能は十分ですので、
機能的には合格ですが時間が掛かりすぎます。

そこで改良版登場。
φ1.5mm、φ2.0mmを準備しました。
 と言っても材料調達は近所の金属問屋役員さんに
 無理を聞いてもらいました。
 昔からの付き合いというものは有難いものです。

取り敢えず、φ2.0mmから使ってみます。

  次の課題は、
  穴の大きさをどこまで大きくできるか 
  ということになりそうです。

       道は遠い・・・。
5周遅れ スマホ乗換え 2 [2019年04月19日(Fri)]
早いもので、乗り換えからもう2週間に・・・。

現在、通話の方法とラインの一部機能が
感覚的にぼんやり理解出来始めたところです。

ワイファイとかの言葉も聴いたことはありましたが
金に絡んでくると一気に距離が縮まるようです。

5周遅れから4周遅れ位にはなったような気がします。

  電話帳の移転はマズッたようで、
  手作業で移しています。

16年で連絡先の優先順位が随分変わっています。
5周遅れスマホ乗換え [2019年04月18日(Thu)]
私事で恐縮です。

とうとう必要に迫られてスマホに乗り換えました。
ガラケー使用16年で 
やっと機能の半分位が理解出来るようになったところでした。

2週間弱経過しましたが、なんとか通話出来る程度です。

機能の1%程度を理解したレベルで、
初めて見る聞く言葉から学習です。

汗と涙の毎日、
当分関係の皆様にはご迷惑をお掛けします。
製粉機 一旦停止 2 [2019年04月17日(Wed)]
煮切り 003.JPG

堆肥籾殻用に製粉機を改造して使おう・・・。

稼動に向けて準備している製粉機。

最後に粒を整える「ふるい」部分です。

元々ついていた網?を不注意で
使えなくしてしまいました。

穴の開いた板を準備する迄に随分時間を要しました。

更に、小麦粉を作るには適当でも、
堆肥用に籾殻を砕くサイズは試してみる他ありません。

現在は1mm程度の穴でスタートです。

使える大きさに間違いありませんが、
能率は大変悪いと思います。

まずまずの大きさで、出来るだけ速く粉(粒?)になる
穴の大きさはどれ位か?

現在、φ1.5mmとφ2.0mm程度を探して貰っています。

うまく行けばいいのですが・・・。

   ちなみに、専用機を買えば
   180万円〜500万円程度らしいです。
   お金もないので、時間と労力を強いられます。
孵卵器 蒸散ユニット 2 [2019年03月16日(Sat)]
dg141-2.jpg

原因と思われる蒸散ユニット。

浮き(白いプラスチック部分)に
給水分中のゴミかカルシウム分が固着して
バランスが悪くなったと推測しています。

新品のユニットを取り付け、
様子を見ています。

掃除してみた旧いパーツです。
p.jpg

機会があれば試してみたいと考えていますが、
出来れば次の機会はないほうが・・・。
不具合?になった孵卵器修理 [2019年03月15日(Fri)]
dg141-2.jpg
外した蒸散ユニット


先日から孵卵器の一台が
動作不安定になっています。

温度が高温になりすぎ、
湿度が異常に低くなります。

主な原因は水分調節のための水が
正確に送られないためと推測しました。

まず吸水ポンプを交換しました。
外したポンプは異常が感じられません。

次は磁石利用のスイッチですが、
蒸発させる熱源・水を貯める容器と
一体というかアッセンブリーでの供給でした。

撮り合えず交換して動作の安定を図ります。

卵が400個弱入りますので、
安定した動作にかかる期待も大きいです。

半日もすれば答えがわかります。


遠因は掃除の不徹底による浮き部分への
カルシウムごみ付着からバランスが悪くなったのでは
と思っています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml