CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

「特定非営利活動法人けしごやま」のブログ

岡山県岡山市東区で活動中のNPO法人けしごやまのブログです。


はてさてどーする・・・ [2019年08月21日(Wed)]
p-f9635-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2-thumbnail2.jpg

自分の不明さに反省しきりです。

2年余り前になんとか供給可能になった
おかやま地鶏でしたが、食感テスト?が
芳しくありませんでした。

開発元岡山県のデータでは
「飼養期間120日で十分」とのことでした。

国の基準が90日なので、120日で十分というのは
当時の私には説得力ある数字でした。

味覚に自信のない私は値段の高い飲食店に
PRも兼ねれればと食感テストを依頼しました。

評価は前述のとおりでした。
それでは順次もう少しづつ期間を長くすれば
それで良かったのですが、
興味本位から2年程飼養し続けました。
どの期間が適当か一度に比較出来るようにするためでした。

7月下旬に他の理由から半年の鶏を試食しました。
ほぼ求めた食感でした。
もう少し加減しても、
調理方法の許容範囲かなとも思いました。

飼料効率・労力などを勘案すれば、
特段の理由なければこのあたりが渡しにはベストでしょう。

さて、調子に乗って飼養した7〜36月オーバーの個体は
どうするか?が残りました。

計算していませんが250羽程度はいるはずです。

味は悪くありませんが、
食感はマニア向け、軍人コースです。

せっかくの命、最大限に使い切らせて貰うのが
私の責務です。

現在の課題の一つです。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keshigoyama/index2_0.xml