CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

プロフィール

さんの画像
最新記事
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
天災か人災か [2011年03月15日(Tue)]
天災か人災か
 今回の東日本大震災これに伴う大津波は現在の科学技術の水準から考えると天災であるが、福島の原子力発電所の事故は人災と言わざるを得ない。原子力発電所は決して化け物ではなく、各種システム機器の複合体である。各単体機器は日常技術敵事業場で使用される機器の集合体である。主要反応は核分裂により生じた熱エネルギーを利用して発電する事が「遂に人類は太陽を捉えた」と誇らかに宣言したように、これにより人類は極めて低廉なエネル-ギーを手に入れることが出来るようになったのである。このエネルギーは適当な熱量を取り出す制御が誤り無く行えば、現在残る問題点として放射性核反応廃棄物の処理が未解決問題として残って居るのみである。既に中越地震の際に起こしたトラブルが原子炉本体にあるのではなく、付属設備即ち変電所火災に対する適切な対応が成されなかった事である。私が今回の事故を人災と呼ぶ所以は、報道に依れば先ず、トラブルの出発は電源異常と言うことにあるのである。耐震・免震技術は既に実用域にあるはずであり、電源設備に対する配慮不足と言わざるを得ない。次は送水ポンプのトラブルである。これは整備不良と言わざるを得ないであろう。最後の気になったことは圧力の制御に関しての操作である。圧力容器の耐圧以上に圧力上昇したのならば、いざ知らず雰囲気圧を下げれば冷却水の蒸発を促進し水位を下げるため、放射能発生反応を暴走させる方向に動くのは当然である。尚高温な状態に水を加熱すれば水性反応により水素と酸素に分解することは中学生でも知っている知識である。これを予見することが出来ないのは安全配慮違反と言われても致し方なかろう。これだけのうっかりミスを重ねれば如何に優秀なプラントでも事故に至ることは明かである。日本の原子力発電設備の評価を落とし、今後の立地の合意形成を困難にした当事者の罪は万死に値することを一技術者として主張したい。加えて首相・官房長官等の支離滅裂な発表は、返って混乱を助長したことを付言しておく。
国旗の尊厳を確認しよう [2011年03月03日(Thu)]
国旗の尊厳を確認しよう
 北方四島の変換要求デモの際、ロシア大使館前に於いてロシア国旗を汚染した件についてロシア大使館から抗議があった由の報道が今朝流れた。国旗の尊厳は確保されねばならないのは、当然である私は共産中国のデモ隊が国旗を既存する情報を聞くに着け我が國のデモ隊に斯くの如き無教養の人士が居ないことを誇りに想っていたに関わらず、本日の報道に水を浴びせられた寒々とした想いに打たれた次第であった。国歌・国旗の尊厳を蔑ろにする首相の影響とは言わないが、民主党政権の市民意識の延長上に起こった取り返しの付かない事態の発生である。北方四島の帰属問題のみを論う前に返還後の開発計画を鮮明に表明することが大切であるという意見をプレスリリースしたのが原因で担当官庁出会った科学技術庁で大騒ぎが始まり事情聴取に呼び出されて、苦労した思い出が懐かしい。その程度に国際問題に神経を使った時代があったのである。
暴力に屈した日本政府の罪 [2011年02月23日(Wed)]
暴力に屈した日本政府の罪
 シーシェパードによる調査捕鯨の妨害が激しくなり、豪州当局の意見により今年の調査捕鯨中止のニュースが流れた。鯨の捕獲が生物種絶滅に繋がる可能性を危惧するなら、ウイグル・チベットの人々の絶滅こそが優先的に危惧すべきでは無かろうか、発想が全く逆である。人類の絶滅を放置して、鯨という動物の減少に「目鯨」をたてるのは滑稽と言うべく全く順序が逆である。精神行動の順序を考えない発想は幼稚性に基づき、頭脳の未発達が原因と考えるべきである。近年我が國の青年達の無差別殺人及び多くの順逆を辨(わきま)え無い行動の多発を見るのは、頭脳の未発達な幼稚性の賜である。今回政党内に別会派を造ろうという我が國の選良達の不可思議な発想も幼稚性の然らしめる処であろう。こういう選良を選んだ国民の幼稚性は大東亜戦争敗戦時占領軍総司令官から幼稚な国民と見下げられた時から、数十年経過したに拘わらず、些かも成長のないことを自省すべきは日本国民なのであろうかと悲しくなる昨今である。今こそ精神活動の順序を誤らない行動を心掛ける規範を思い起こす絶好の時期である。数多の規範が我が國には存在していたが,最も平易な訓えであり、先の戦争まで国民教育の規範であって、占領軍に強要されて実施した東京裁判や現憲法と異なり、日本人自らの手で衆参両院において「教育勅語党の排除失効に関する決議」を可決して、折角永く精神行動の規範であった「教育勅語」を弊履の如く捨て去ったのは日本人自身である。之は当時の国民が占領軍当局に阿(おもね)り、占領状態の終結の早い事を願った結果であった。
順序が逆です [2011年02月18日(Fri)]
順序が逆です
シーシェパードによる調査捕鯨の妨害が激しくなり今年の調査捕鯨中止のニュースが流れた。鯨の捕獲が生物種絶滅に繋がる可能性を危惧するならウイグル・チベットの人々の絶滅こそが優先的に危惧すべきでは無かろうか、発想が全く逆である。人類の絶滅を放置して、鯨という動物の減少に「目鯨」をたてるのは滑稽と言うべく全く順序が逆である。順序を考えない発想は幼稚性に基づき、頭脳の未発達が原因と考えるべきである。近年我が國の青年達の無差別殺人及び多くの順逆を辨(わきま)え無い行動の多発を見るのは頭脳の未発達な幼稚性の賜である。政党内に別会派を造ろうという選良達の不可思議な発想も幼稚性の然らしめる処であろう。こういう選良を選んだ国民の幼稚性は大東亜戦争敗戦時占領軍から幼稚な国民と見下げられたときから、些かも成長のないことを自省すべき国民なのであろうかと悲しくなる昨今である。

国会問答を聞いて [2011年02月16日(Wed)]
国会問答を聞いて
 予算委員会の手中審議の中継を聞いていて強い感懐を得たので、多少述べてみたい。現状の国家のインテリジェンス機能について日露関係の危惧を含めた質擬応答が、北方領土問題を含めて、ロシア大統領の北方四島訪問情報の把握について質問提出がなされた。之に対する前原外相・菅首相の答弁を聞くと、情報は少なくとも官邸には届いていた様子が伺える。恐らく情報が届いているに拘わらず、不足していたのは之を分析し判断し、行動を決断する能力であると想わざるを得ない。その結果駐ロ大使の召還と更迭と言う、官僚に対する責任転嫁である。情報を集め分析・整理する機能は、人員・設備を投下して予算措置を講じる事により可能であるが、この情報を判断し行動を決断思熟考する能力は、本人の資質によることは古今の史実に照らせば明かである。今不足しているのは何であるかは、以上から明かである。
菅総理に進言 [2011年02月15日(Tue)]
菅総理に進言
国事多難で支持率低迷中、ご多忙に関わらず、硫黄島の戦没英霊の遺骨蒐集にご尽力賜り厚く御礼申しあげます。総理の御就任以来の施策中の白眉として國を憂うる国民は挙って、感謝しております。先の大東亜戦争敗戦以来の同胞の骸を放置した国民の一人として、首相の英断を加えてお願いしたいのは次の一事で御座います。小泉総理以来途絶えておりました、靖国神社参拝の復活で御座います。総理個人でも結構ですが、閣僚全員引き連れての参拝であれば、国民は諸手を挙げて賛意を表する者と思惟いたします。是非ご検討の上近日中に実現なさいますようお願い申しあげます。
大相撲問題に国民倫理の欠如を見る [2011年02月08日(Tue)]
大相撲問題に国民倫理の欠如を見る
 警察は法に基づいて不法行為を取り締まることが使命である。法は社会述序を維持するために最低の基準を制定している。制定の方法は,各国の事情により「成文法」と慣習が社会の法的確信を伴うに至ったときに成立するが「慣習法」とがあり、そこまでに至らない「事実たる慣習」とは区別される。法律は社会の秩序を保つ手最低基準を定めていて、多くの日常の行為は社会通念に基づく倫理的判断基準により保たれる事は、特殊な立場の人は別として常識として多くの国民は常識として心得ている処である。この特殊な立場の人として、よく国民の前に「司法の結論が出るまでは従前通り務めます」と公言する政治家と特殊の闇社会の住人位が社会通念の判断する倫理を無視する人達であった。今回の大相撲の八百長事件を見るとこの国技の従事者達も、特殊の立場の仲間入りをしたのかとの嘆きを禁じ得ない。然し「事実たる慣習」に基づくと八百長を是認すると競争は成り立たない。過去に於いて競争社会を否定した日教組の主張した「ゴールの前で全員並んでテープを切るのが平等である」という左翼的平等理念に基づくと勝負事は成立しないのは明かで、
社会の活力を削ぎ、経済発展の少ない、教育効果を無視した国家となる事は、近代史の示す通りである。須く国技である相撲は日本人の力士に限るべきであり、少なくとも帰化人以外は認めるべきではないであろう。サッカー競技の国際大会の例等倣うべき競技上の規範は数多い筈である。更に付言すると、帰化審査の神聖なる雰囲気の堅持も必要である。単に経済事情の聴取のみの事務的手続きのみではなく、日本人としての歴史認識・宗教観等の思想信仰の自由に抵触しない範囲の、円滑な国民生活の遂行可能な道徳についての確認する事をこの機会に提言する。
今こそ政権打倒救国運動の開始を [2011年01月29日(Sat)]
今こそ政権打倒の救国運動の開始を
 政権交代以来数々の失政を重ねてきた民主党政権であるが昨日の首相の失言を聴く限り今や救国のための倒閣活動を始動する時期と判断すべき時期と決断すべき時と考えざるを得ない。首相の些細な失言を捉えてその資質を論(あげつら)う愚を犯す積もりはないが、過日のムーディーズの日本国債に対する格付けが下がったことに対する、菅総理大臣の反応が「私はそのことに疎いので」という発言に示される首相の日本の財政破綻問題に対する感度の鈍さは私達門外漢にとっても、極めて日本の前途に対する杞憂を掻き立てざるを得ない緊急時では無かろうか。単に民主党の失政を追及するのみではなく、財源の準備のない虚構の「事業仕分け」により生み出すと称して掲げたこども手当・高校無償化等の亡国政策を今こそ撤回し国民に不明を謝し、緊縮予算を組み財政健全化に舵を切るべきである。前項の国債格下げ事件は、首相が荏苒手を拱いて、ダボス会議に出かける余裕はない筈であり、内外に非常事態を宣言し国民の覚悟を促す最後の機会と捉えるので無くては、責任を持った国政担当者とは言い難い。
新燃岳の噴煙上がる [2011年01月28日(Fri)]
新燃岳の噴煙上がる
 神の怒りか地の声か、歌声の如き噴煙が霧島連蜂の一角から上がった。新燃岳は鹿児島県と宮崎県の県境に位置するその名の如く新しく誕生した霧島連蜂の一つである。27日午前中から南西に棚引く噴煙が観望されていたが、午後3時過ぎ黒々とした巨大な噴煙が冲天高く舞い上がり、このところ家畜の口蹄禍・鶏インフレエンザ禍と災害多発の宮崎の農業従事者の苦労が偲ばれる被害を撒き散らしている様子である。国難を前に空虚な空論に終始している国会に警鐘を鳴らしたいとの、天の声であろう。幸いに風向きに恵まれ今回の爆発は我が家には降灰の被害は及んでいないが、火山弾の混入した大量の灰に悩まされた災害地宮崎の苦労は如何ばかりかと思いやられる毎日である。
中袖の虚言で國を誤った故事 [2011年01月27日(Thu)]
長袖の虚言で國を誤った故事
 建武の楠木正成を勝つべき戦に「七生報告」を誓って憤死させた張本人の坊門清忠の建武の故事を繙く迄もなく、長袖の戦を知らない文民の戦闘指揮に対する虚言の介入ほど國を誤るものはないシビリアンコントロールが極めて重要視されるのは、武人のみの判断に基づき周辺国等の世界情勢に対する大局的判断なしに、当面の情勢に応じて軍を動かすことを戒めるために執られた施策である。眼前の軍人の行動に箸の上げ下ろしのような行動に介入することがシビリアンコンとロー江腕はない。日本は議会制民主主義を国是として採用している国家である。現政権の政策が不当であっても直ちにクデターにより政権を打倒することはあり得ない成熟した国家である。不当な政治が行われると、先ず政党支持率に影響が現れて来るであろう。然る後に様々な分野に例えば、地方選挙や補欠選挙等に民意の反映が見られるであろう。その様な民意の動向を感じ取り政策の修正を行ってゆくのが、政党政治の姿であろう。昔の定刻陸海軍人は選挙権を有しなかった。然るが故にクーデター紛いの行動に訴えて政治の修正を図る必要がったのである。然し現自衛隊は大票田であることは、紛うことない事実である。余程自信喪失の末期的現象を露呈したような行動はみっともないと言わざるを得ない。諸君自身が國の防人を自信を持って遇するような施策をとるべきであろう。
| 次へ