CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29) きよた@しぶたね
きょうだいさんのための本 (10/05) s.kusuki
とれとれ市場での募金活動 (09/13) 亜紀子
チャプレンの方のことば (08/23)
チャプレンの方のことば (08/22)
最新トラックバック
年末年始のお知らせ [2011年12月28日(Wed)]

チャイルド・ケモ・ハウスをご支援くださる皆様

これまでの、そして今年一年の

多大なるご支援、ご協力、

本当本当ににありがとうございました。


チャイルド・ケモ・ハウス事務局は、

2011年12月29日(水)から2012年1月5日(木)まで

年末年始のお休みを頂きます。

1月6日(金)より通常通り運営いたします。

来年もチャイルド・ケモ・ハウスのメンバー一同、

一丸となってがんばって参りますので、

よろしくお願いいたします。


それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいカエル

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
広島県立三原高等学校の皆様からのクリスマス・プレゼント [2011年12月26日(Mon)]

「少しでも病気と闘っている子供たちの力になれるよう、
私たちにできる精一杯のことを頑張りたいと思います」

このような嬉しいメールを下さったのは、
広島県立三原高等学校の生徒会のみなさんです。
今年で3回目となる、募金活動をしてくださいました。

そして、以下のような報告を頂戴しました。
『12月12日〜16日まで
本校生徒会が行いました募金は、
昨年に引き続き3度目となりました。

ちょうど、寒い時期でしたが、
放課後執行部全員で取り組みました。
事前に、執行部会で事務局から送っていただいたDVDを拝見したことで、
夢の病院設立募金に対する執行部の意識がとても高まりました。

募金を行う前週には、
昼休みの放送や「“夢の病院アイテム”の全校生徒アンケート」をとったり、
送っていただいたポスターや資料の展示を行ってPRをして、取り組みました。

また、特に“チャイケロくんのマスコット”は、
とても人気があり、たくさんの生徒や先生方からの募金が集まりました。
生徒のみんなは、とてもやさしく、
そして、素敵な笑顔で募金をしてくれました。

この活動をとおして、事務局の方々をはじめ、
チャイルドケモハウス設立のための活動をしておられる方々の
“夢の病院”設立に対する強い願いや熱意を
私たちも実感することができました。

『夢の病院』の設立実現のため、どうか頑張ってください。』

頂いた募金は48,000円です!拍手
大切に使わせて頂きます。

広島県立三原高校の生徒会の皆様、
顧問の先生、また。募金にご協力くださった生徒や先生の皆様、
本当にありがとうございました笑い

募金の様子です。




なお、事務局は、12/28〜1/5までお休みを頂戴いたします。
1/6から通常通りです。
よろしくお願いしますカエル

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
小児がんが注目されている! [2011年12月20日(Tue)]

今、小児がんが注目されています。
おそらく、政治が今ほど小児がんに興味を持ってくれたことは、なかったのではないでしょうか。

具体的に言うと、2012年4月からの第2期がん対策基本計画には、これまで国のがん対策から抜け落ちていた小児がん対策が新設されます。そして、これに向けて小児がん対策専門委員会が設置されました。

委員会からの報告書にも「家族がバラバラにならないように、付き添う家族にとっても優しい療養・生活空間の保障 」の必要性が明記されています。

長年小児がんに関わってこられた方々も、チャイケモと同じような視点を持ってくださっていたことに安心し、感動しました。

かなり多いですが、添付の報告書を読んでいただければ、日本における小児がんの現状、問題点がお分かりいただけると思います。



s.kusuki

facebookでも記事を配信しています。もしよろしければ、『チャイルドケモハウス』で検索し、友達申請をお願いいたします。

s.kusuki(Just giving 挑戦中 http://justgiving.jp/c/7074 )
甲南女子大学クリスマスチャリティコンサート「小児がんの子どもたちに夢の病院を」 [2011年12月19日(Mon)]

2011年12月17日 クリスマスチャリティコンサート 「小児がんの子どもたちに夢の病院を」@甲南女子大学が開催されました。























































お天気にも恵まれ、最高のコンサート日和となりました。
甲南女子大学チーム☆チャイケモのみなさん、学生ボランティアのみなさんが中心となり企画・運営をしてくださったコンサート。事前に念入りなリハーサルをし、予定時刻に本番を迎えました。まず、荘厳なパイプオルガンの演奏からコンサートはスタートしました。

<出演者のみなさま>
・オルガニスト&チェンバリスト 大山智子さま
・バイオリン&ピアノ 荒木温子さま、山田美帆さま
・芦屋交響楽団 有志のみなさま
・甲南女子大学チアリーディング部 BELUGAS のみなさま
・甲南女子大学よさこいチーム KEEP SMILINGのみなさま

素敵な演奏、演技を本当に感激しました。
ご来場いただいたみなさま、あたたかい拍手そしてたくさんの募金をありがとうございました。

そして、チーム☆チャイケモのみなさん、学生ボランティアのみなさん。
コンサートの企画演出に心から感動しました。ありがとうございました。記念に毎年恒例の集合写真カメラ























チャリティコンサートからのご寄付
¥157,000




テスト販売開始のアニマルマスクもたくさんの方々の手に渡りました。
























































最後になりましたが、チャイケモボランティアのみなさん、お手伝いしてくれた後ろにちょこっと映っている子どもたち、長時間おつかれさまでした!



 
クローバーまさみさまクローバー
アニマルマスク テスト販売開始! [2011年12月12日(Mon)]

 先日、このブログでもお知らせしました
キラキラアニマルマスク
のテスト販売を開始いたします。

 
かわいい鼻たち
(左上から右回りに 犬、牛、アヒル、ネコ、豚)
          ↓
 
お使いのマスクに付けて頂くと、こうなります!

詳しくはこちらをご覧ください音符

pr.doc


チャイルド・ケモ・ハウス事務局
一期一会 [2011年12月12日(Mon)]

私が自慢できることは、こども好き、と言うことです。
なぜかわかりませんが、子どものころから、自分より年下のこどもや赤ちゃんを、かわいいと思えました。
きっと、自分より純粋で、未来のあるこどもへの、憧れがあったのだと思います。今でもそうですが。

約20年前、私が入院していたころ、同じように長期入院していた男の子がいました。偶然ご近所さんで、母親同士も仲良くしていました。
とても、かわいい子で、ベッドの上で楽しそうに飛び跳ねていた姿がとても印象的でした。
私は退院し、通常の生活を送っていたある日、母親から、その男の子が亡くなったと聞きました。その時の自分には、全く意味がわからず、受け入れられませんでした。

約1年前、母親から、その男の子のお母さんが学会でシンポジストとして出席する、と連絡がありました。
なんせ20年前なので、会ってもわかるかどうか、と不安でしたが、男の子のお母さんが、私を見つけてくださり、声をかけてくれました。
正直、よくわかったなあ、そんなに顔が変わってないか??と思いましたが、あのころのベッドで飛び跳ねていた男の子の姿が、また思い出されました。
そして、自分の中学生時代を知られていることが、気恥ずかしく、、、、、。

そして、約2か月前、チャイケモの活動を中心に読売新聞に取り上げていただいたのですが、そこに掲載された私の写真を見て、一通の手紙が病院に届きました。
私を担当してくれた、看護婦さんからでした。あきらかに新人で、頼りなかった看護師さんでした。採血を失敗した後、「ごめん、ごめん、だれか他の看護婦さんに代わろうか??」と動揺するような看護婦さんでした。
ただ、とても優しく、いつも私のことを想い、心配してくれていました。
その手紙で、今も看護師として活躍されていること、私が医学部に合格したことを報告しに訪れた時のことなどが、書かれていました。
やはり気恥ずかしい気持ちになりました。

そういえば、数年前、当直に行った病院で、救急外来に子どもを連れて受診されたお母さんが、「くすき君?」と言ったと思ったら、突然涙ぐまれました。誰かと思ったら、私が入院していた時に働いていた看護婦さんでした。自分の子どもの病気(ただの風邪ですが)そっちのけで、喜んでくれました。そして帰り際に、当直病院の看護師さんに、私のことを「よろしくお願いします」と頼んで帰られました。あの時は、ほんまに恥ずかしかった。

いずれにしても、全く良い患者ではなかった私のことを、みんなが心配してくれて、覚えていてくれたことが、ただただ嬉しいのです。

一つ一つの忘れていた出会いが、長い時間を経て思い出され、
今の自分を形成する一部になっていることを感じ、
決して、自分ひとりで生きてきたんじゃなかった、と実感する今日このごろです。

先日、阪大病院の小児科患者同窓会に出席させていただきました。
きっと20年後、30年後に、子どもたちが作ってくれたこの出会いが、私達の人生にとって、かけがえのない出会いであったのだと、実感する日が来るのだろう、そう感じた一日でした。
お招きいただき、ありがとうございました。
(同窓会の詳細は、ここで書けるような内容ではないので控えますね(笑))

s.kusuki

facebookでも記事を配信しています。もしよろしければ、『チャイルドケモハウス』で検索し、友達申請をお願いいたします。

s.kusuki(Just giving 挑戦中 http://justgiving.jp/c/7074 )
大引選手が… [2011年12月08日(Thu)]

オリックスバファローズの
大引啓次選手が、
たくさんのご寄付を届けに、
チャイケモの事務所まで来て下さいました!

これからも応援していきたいと
おっしゃってくださり、
とても心強いです。
大引選手、本当にありがとうございました!!

「アニマルマスク」入荷! [2011年12月06日(Tue)]

「アニマルマスク」とは、
動物の鼻を模したアイテムで、
市販のマスクにとりつけることができます。
全部で5種類あります。

医療者がつけている「白いマスク」が怖い…、
マスクをつけるのに抵抗のある…
といった子ども達が、
マスクに慣れ親しみ、楽しむことができるように
という目的で考案しました。

子ども達の恐怖心を
楽しみに変えるためのきっかけとして、
本商品をご活用頂ければと思います。

ご購入については後日お知らせ致します。
もうしばらくお待ちください笑顔

 マスクに付けた状態です
 (上から右回りに、イヌ、ウシ、ブタ、アヒル、ネコです)
    

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
感染症対策 [2011年12月05日(Mon)]

12月に入り、いよいよ寒くなってきました。
今年はどんな感染症が流行るのでしょうか?
マイコプラズマなど既に流行しているものもあります。

急性リンパ性白血病の治療は、一般的に約6か月の入院と、1.5年の外来化学療法というスケジュールで治療します。
外来化学療法中は、幼稚園や、小学校にも通います。
そうなると、やっぱり心配なのは感染症です。
入院中ほどではないとはいえ、外来化学療法中も免疫能が低下しています。
外来治療中の感染症を減らすために、他の子どもたちにも少し協力してもらいたいです。

感染症を流行らせない事。
石鹸での手洗い、うがいです。
「病院に行ったら、風邪をもらうので、行きたくない」という親御さんもいらっしゃいます。
このような親御さんの声を聞いて、活動をしている方がいらっしゃいます。
チャイケモのご支援いただいております。
http://ameblo.jp/kiss-hasemen/theme-10036190468.html

余談ですが、外来化学療法中は2〜4週間に1回の通院が必要です。
通院のために、学校を休んだり、遅刻しなければならない子どもも多いと思います。

できれば、土曜日や平日夕方など、通学に影響が出ないように外来受診できると良いですけどね〜。


s.kusuki

facebookでも記事を配信しています。もしよろしければ、『チャイルドケモハウス』で検索し、友達申請をお願いいたします。

s.kusuki(Just giving 挑戦中 http://justgiving.jp/c/7074 )