CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年10月 | Main | 2010年12月»
<< 2010年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
チケット完売御礼 [2010年11月29日(Mon)]

12月4日に開催いたします
NPO法人
チャイルド・ケモ・ハウス
建設支援チャリティコンサートvol.1
のチケットがおかげさまで完売となりました 拍手 拍手
たくさんの方にお申込みを頂きまして、誠にありがとうございました ラブ

※当日チケット販売はありませんのでご了承ください。

ヒヨコ いしいちゃん
Just Giving [2010年11月25日(Thu)]

Just Givingをご存知でしょうか。
2001年イギリス発祥のプロジェクト。
世の中を変えたい人が応援したいNPOを選び、友人、家族などから寄付を集めることが
できる仕組みです。

チャイルド・ケモ・ハウスを応援してくださるチャレンジャーもたくさんいてくださいますびっくり

今日は、現在継続中のチャレンジをご紹介しますびっくり


「ホノルルマラソンチャレンジで、がんに苦しむ子どもたちの手助けを」
<チャレンジャー>高橋盾さん
<チャレンジ目標金額>20万円
<現在達成率>68%

「自転車トレーニング月300q:小児がんの子供の為」
<チャレンジャー>岡崎竜也さん
<チャレンジ目標金額>15万円
<現在達成率>31%

「少しでも子どものために、第2回館山若潮トライアスロン」
<チャレンジャー>れおんさん
<チャレンジ目標金額>1万円
<現在達成率>11%

チャレンジャーのみなさま、ご支援本当にありがとうございますラブ
みなさんのチャレンジ応援しています拍手拍手拍手


クローバーまさみさまクローバー


建設支援チャリティコンサートvol.2 [2010年11月25日(Thu)]

リボン NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス主催 リボン
建設支援チャリティーコンサート vol.2
〜小児がんの子ども達に夢の病院を〜

木雪雪木


今年もクリスマスチャリティコンサートを開催いたします ラブ

出演は、ゴスペルのHosea Lee BakerV氏と
カントリー/ブルーグラスの
稲葉和裕氏&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド。

このコンサートは、演奏者、会場とも
日頃からご支援くださっている方々のボランティアにより、
運営され、当日の収益、募金、寄付は全て
チャイルド・ケモ・ハウスの建設支援に充てさせていただきます。

「夢の病院」建設に、あと一歩まで迫っている
チャイルド・ケモ・ハウスですが、ぜひみなさまにもお越しいただき、
会場を盛り上げていただければ幸いです。

ご多様中とは存じますが、日ごろの疲れを癒しに、
是非お越しくださいませ 音符音符音符

***

日 時:12月4日(土) 16:00〜18:00(15:30開場)
場 所:カネディアン アカデミィ ブラックボックスシアター
     (六甲アイランド)神戸市東灘区向洋町中4-1
出演者:第一部 ホゼア・リー・ベーカー三世
     第二部 稲葉和裕 & レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
席 料:3,000円(一般) 1,500(学生)
     ペアチケット 5,000円(一般) 2,000円(学生)

※未就学児もご入場頂けます。席を有しない場合は無料となります。
  但し、演奏の妨げになる場合は退席頂く場合もございます。
  予めご了承ください。

主 催:NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス
協 賛:スキャバルジャパン株式会社 西宮キワニスクラブ
後 援:毎日新聞社 カネディアン・アカデミィ


ピアノ 詳細は、こちらをご覧ください↓↓↓


カエル お問い合わせはこちらまで↓↓↓

NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
TEL.072-646-7073 
e-mail: info@kemohouse.jp

ヒヨコ いしいちゃん
かえっこバザールandチャイルド・ケモ・ハウスのご報告 [2010年11月19日(Fri)]

11月7日(土)茨木市立彩都西小学校にて、
設立4周年記念イベント
「かえっこバザールandチャイルド・ケモ・ハウス 
 〜子どもたちがつくる「夢の病院」〜」
を開催いたしました。

今回のイベントは、夏休みから
小児がんの子ども達の姉妹や友達と
「夢の病院にこんな仕組み(お仕事)があったらいいな」
と意見を出し合い準備しまいた。

事前のこども会議では、医師の楠木から
小児がんの子ども達も「夢の病院の仕組み」を
安全に楽しむためのアドバイスを受けました。


↑子ども会議の様子

当日は、会場を「夢の病院」に見立て、
かえっこのワークショップとして、
焼き肉屋、秘密基地、サッカー、アクセサリー工房、
露天風呂、ピアノコンサートをお披露目しました。

そして参加者は、
これらを入院生活では欠かせないマスクを
付けて体験しました。


↑ちゃい風呂
露天風呂で魚が見えるお風呂がいい!!
天然温泉は入れませんが、水道水に温泉の素を
入れると小児がんの子ども達でも入ることができるそうです。


↑ひみつ基地
病院には大人がいっぱい。
時にはこっそりと、子どもだけの空間も欲しい。。。


↑ピアノコンサート
夢の病院では音楽もたのしめます。
イベントの時も、時々開催されるピアノの演奏に癒されました。


↑かえっこオークション
イベント最後のお楽しみ♪今年も盛り上がりました。

子ども達から出たアイデアは、
大人から見ると小児がんの世界から
かけ離れているようにも感じますが、
子ども達の視点からは
「あってあたりまえ、出来てあたりまえのもの」であり、
その視点は「夢の病院」になくてはならないものだと
実感しました。

子ども達の頑張りを施設設立に向けて
活かしたいと考えています。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。

ヒヨコ いしいちゃん
ライオンズクラブ・チャリティゴルフ [2010年11月09日(Tue)]

来る2010年11月11日(木)、ライオンズクラブ国際協会335−B地区1R2Z親睦チャリティゴルフ大会が開催されます。ゴルフ
チャイルド・ケモ・ハウスは、この親睦チャリティゴルフ大会の寄付先に選んでいただきました。

先日、このチャリティゴルフのホストクラブでもある大阪西ライオンズクラブにて、チャイルド・ケモ・ハウスのプレゼンテーションをさせていただく機会をいただき、ご関係者のみなさまに、チャリティゴルフの企画をご用意いただいたことをお知らせいただきましたびっくり

何かとお取り計らいいただきました、大阪西ライオンズクラブのみなさま、本当に、本当にありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします笑い

クローバーまさみさまクローバー
イベント無事終了 [2010年11月08日(Mon)]

11月7日(日)チャイケモイベントを開催しました。

なんとか雨も降らず、無事終えることができました。
また、今年も300名以上の方にご来場いただき、充実したイベントを開催することができました。

例年のおもちゃのかえっこバザールに加え、ワークショップとして、子ども達の考えた夢の病院を作りました。

詳細は後日、写真をまじえてお伝えしたいと思います。

子ども達は、『自分が、またはきょうだい・友達が入院したら、こんな病院だったらいいのに』と夢の病院を考えてくれました。
また、希望だけではなく、小児がんの子どもは、感染のことや、出血のこと、体力が低下していることを学んで、それでも楽しめるような『病院』を作ってくれました。

この日のために、いっぱい勉強をして、議論を交わし、素晴らしい夢の病院を創ってくれた子ども達に感謝、感謝です!

今年も学生を含む、たくさんの方々にボランティアとして、お手伝いいただきました。
非常にタイトなタイムスケジュールの中、本当にありがとうございました。

最後になりましたが、ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。
楽しんでいただけましたでしょうか?
これからも、小児がんのことを、沢山の方々に、明るく伝えていくために頑張りますので、
ご協力、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス 理事長 楠木重範

P.S 今年はイベント盛りだくさんです。12月にはチャリティーコンサートが2つあります。是非ご来場ください!!
今年のイベントは、、、! [2010年11月02日(Tue)]

みなさま!

今年のイベントは、いつものかえっこイベントとは、ちょっと違います!

なんと、子どもたちが「夢の病院」を作ります!」
子どもたちが、小児がんのことを勉強したうえで、いろいろ考えてくれているみたいです。

たとえば、感染症に気をつけないといけないけど、あちこちで遊びたい!どうしよう?

血小板が低下していると、ケガに気をつけないといけない。でもスポーツしたい!どうしよう?

などなど。

私も今から楽しみにしています。

子どもたちが考える「夢の病院」を体験しに来てください!

もちろん、例年通りかえっこオークションもあります。

たくさんの御来場をお待ちしております。

s.kusuki


かえっこしよう! [2010年11月01日(Mon)]

NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス4周年記念イベント
かえっこバザールandチャイルド・ケモ・ハウス
〜子どもたちがつくる「夢の病院」〜


彩都西小学校に使わなくなったおもちゃを持って、みんなあつまれ〜 メガホン カエル

開催日時:2010年11月7日(日) ※雨天決行
時間:13:00〜16:30
開場:茨木市立 彩都西小学校 体育館 ※上履きをご持参ください
主催:チャイルド・ケモ・ハウス

チラシ↓↓↓


今回のイベントでは、小児がんの友達やきょうだいをもつ子どもたちが「夢の病院にこんな仕組みがあったらいいな」と考え準備しました。イベントではこれを「かえっこ」のワークショップとしてお披露目します。イベント終了後、このアイデアは小児がんの子どもたちの施設でも活かしたいと考えています。

子どもたちがつくる「夢の病院」を体験しに、ぜひお越しください。


ヒヨコ いしいちゃん
そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのかC [2010年11月01日(Mon)]

そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか C

と、いうことで、以前大阪府のパブリックコメントに書かせていただいたものを
ここにも記載させていただきます。

『日常を維持できる小児がん治療施設の要望』

こどもが小児がんで入院すると、家族はバラバラになる。
シングルマザーの子供や、母親が妊娠しているときに子供が小児がんを発症することある。
患児は長期入院が必要であり、主に母親が付き添うこととなる。
また、親の付き添いが許可されていない病院では、子供は小児がん治療をしながら、夜ひとりで過ごさなければならない。

このため、病院と自宅の二重生活が始まる。

病院内の感染予防のため、兄弟児の面会は許可されないことがほとんどである。
もちろん、患児は保育所、小学校、中学校の友人とも会えず、共に学ぶこともできなくなる。
こどもにとっての緩和ケアは、日常の維持であると考える。
家族とともに過ごすこと、友達と遊び、学ぶことを排除されることによる子供の精神的苦痛は計り知れないものがある。

このような視点に立って病院は経営されておらず、上記の点にまで配慮することが小児がん治療には必要であると考える。

s.kusuki