CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年09月 | Main | 2010年11月»
<< 2010年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29) きよた@しぶたね
きょうだいさんのための本 (10/05) s.kusuki
とれとれ市場での募金活動 (09/13) 亜紀子
チャプレンの方のことば (08/23)
チャプレンの方のことば (08/22)
最新トラックバック
そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか B [2010年10月28日(Thu)]

そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか B

と、いうことで、以前大阪府のパブリックコメントに書かせていただいたものを
ここにも記載させていただきます。

『小児がんの疫学調査』

小児がんの正確な疫学調査はされていない。

小児がんの原因がわからない一つの理由であると考える。

しかし、多忙を極める医療従事者が、患者の各家族に『 たばこは吸いますか?お酒はどれくらい飲みますか?妊娠中になにか問題ありましたか?いままでどのような仕事をされましたか?家の中に電磁波を出す機械はどれくらいありますか?出生地はどこですか?』などのインタビューをし、その情報を取りまとめ、分析することは不可能であり、仕事の優先順位から考えると後回しになることは仕方のないことであると考える。

小児がんの疫学調査は、医療者ではなく行政主導で進めるべきと考える。

s.kusuki
そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのかA [2010年10月27日(Wed)]

そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか A

と、いうことで、以前大阪府のパブリックコメントに書かせていただいたものを
ここにも記載させていただきます。

「小児がんの治療施設を集約化」

小児がん治療を行っている病院の数は、症例数に対して多すぎる。
年間症例数には大きな差があり、また小児がん治療の経験が十分な医師、医療者の充実度にもかなりの差がある。
当然治療成績にも差が出てくることは明白であり、また長期入院が必要な小児がん患者、患者家族の治療中のQOLにも差がでてくる。
また治療により免疫能が低下し、感染症により命を落としかねない小児がん患児が、麻疹、ロタ腸炎など感染性の強い疾患の小児と同じ病棟に入院しているという現状がある。
また大学病院を含め、ほとんどの小児がん治療に従事している小児科医は、小児がん治療の他に、一般臨床(こどもの風邪、腸炎、肺炎、夜間救急など)、NICU当直(帝王切開出産などの介助)なども行っているため疲弊し、小児がん治療医を志す医師も減少している。

稀少疾患である小児がんの治療施設を集約化することは、患者家族、医療者の両者にとって有益であると考える。

s.kusuki
そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか@ [2010年10月26日(Tue)]

そもそも小児がん治療の現状の何が問題なのか@

と、いうことで、以前大阪府のパブリックコメントに書かせていただいたものを
ここにも記載させていただきます。

「こどもの権利」

日本国憲法の精神にしたがい、児童に対する正しい観念を確立し、すべての児童の幸福をはかるために、この憲章を定める。
児童は、人として尊ばれる。
児童は、社会の一員として重んぜられる。
児童は、よい環境のなかで育てられる。
と児童憲章に明記されている。

また、1989年11月20日に第44回国連総会で採択され、わが国では1994年4月22日にこどもの権利条約が批准された。こどもの権利条約の前文には、児童がその人格の完全なかつ調和のとれた発達のため、家庭環境の下で幸福、愛情及び理解のある雰囲気の中で成長すべきであることを認め、児童が、社会において個人として生活するため十分な準備が整えられるべきであり、かつ、国際連合憲章においいて宣明された理想の精神並びに特に平和、尊厳、寛容、自由、平等、及び連帯の精神に従って育てられるべきであることを考慮し(略)とある。

小児がんのこどもたちにおいても、児童憲章とこどもの権利条約は遵守されるべきである。

s.kusuki
小児がんの子どもたちのためのファッションショーin甲南女子大学 [2010年10月25日(Mon)]

NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
         ×
甲南女子大学 大学祭実行委員会
TEAM★チャイケモ


特別企画

小児がんの子どもたちのためのファッションショー
in 甲南女子大学

子どもたちの院内着やドクターの白衣なども
カラフルでユーモア溢れる工夫がいっぱい♪
「院内にあったらいいな」をかたちにした
夢いっぱいのファッションショー★

開催日:10月30日(土)
時 間:14時30分〜16時00分(開場14時00分)
場 所:甲南女子大学 第一学生会館1階
M C:森 裕子(FMOSAKA DJ)

企画・制作:甲南女子大学 大学祭実行委員会/TEAM★チャイケモ/NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス/甲南女子大学 対外協力センター
制作指導:於保可那子氏
協力:株式会社エフエム大阪
お問合わせ:甲南女子大学 対外協力センター 社会貢献室
         078-413-3811

チラシはこちら↓↓↓


入場無料・どなた様でもご入場いただけます!!

みなさまお誘いあわせのうえ、是非お越しくださいませ カエル


いしいちゃん ヒヨコ
応援メッセージ [2010年10月24日(Sun)]

仕事で悩んだ時。
チャイケモの活動で悩んだ時、落ち込んだ時。

僕は、応援メッセージを見ます。
http://www.kemohouse.jp/cgi-bin/regist_members/index.cgi?viewlist
長い間、ブログでも宣伝していなかったのですが、
ちょこちょこメッセージが増えていて、嬉しいです。

ホームページから隠れキャラ的に、アクセスできます。
http://www.kemohouse.jp/cgi-bin/regist_members/regist.html

もしよかったら、メッセージをお願いします。

s.kusuki