CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年08月 | Main | 2010年10月»
<< 2010年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
何を信じればいいのか! [2010年09月21日(Tue)]

衝撃的な裁判が最近多すぎます。

一つは、看護師の爪はがし事件です。http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/197879
白癬菌でぼろぼろになった患者さんの爪をケアしていた看護課長さんが、逮捕された事件です。
白癬菌でぼろぼろになった爪をケアすると、ぽろっと取れてしまうことがあります。それを、「異常な看護師がストレス発散のために、患者さんの爪はがしをした」として裁判になりました。
(白癬菌の写真です。この爪を切ってあげようと思うのは、本当にえらいと思います。
http://tamamed.web.infoseek.co.jp/j_news_2003aoki/j_2003aoki.html
日本看護協会も、虐待ではなく、看護ケアであるとの見解を表明していました。
http://www.nurse.or.jp/home/opinion/newsrelease/2007pdf/20071004.pdf
それでも、一審は有罪判決が出ました。二審で無罪判決が出たのはせめてもの救いですが、この3年間本当につらかったと思います。

もう一つは、厚生労働省の村木厚子元局長(54)に無罪判決が出た郵便料金不正事件です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4532007.html

どちらの事件も、素人の私から見ても捜査がずさんだと思います。逮捕する前に、もっとちゃんと調べたら、こんなことにならなかったではないでしょうか。どちらも逮捕を急ぐ理由が見当たりませんし。

医学生のとき、「これからの時代は、何かあったらすぐに裁判に訴えられる。だから患者さんには全てのリスクを説明しないといけない。そして軽々しく『大丈夫』とか『治ります』とか、言ってはいけない」と教えられました。
このように、裁判前提で医療方針を考えるとなると、医者はリスクを負わなくなります。
例えば、妊婦のたらいまわしなどは、その典型的な例だと思います。
「診てあげたいけど、何かあって問題になったら困る」ということが頭をよぎると診察拒否になります。
「何かあっても誠実に患者さんのためを思って対応すれば、最終的には裁判所が正しい判決を下してくれる」という最後の砦がこれでは、安心して医療が行えません。
そして何よりも、
裁判を前提にしていたら、良い医療なんてできません。

医療は人間がすることですから、大なり小なりミスはあります。裁判となれば、誠実に対応すべきでしょう。しかし、医療を裁判で争っても、誰も救われないことがほとんどです。

人の命を軽視しているひどい事件もあります。しかし、そうではない事件もあります。

医療訴訟が報道されたとき、少し慎重に判断をするべきだと強く思う今日この頃です。

s.kusuki
各社新聞&ビッグイシューに掲載されます。 [2010年09月06日(Mon)]

チャイケモをご支援くださるみなさま。
すっかりご無沙汰しております。まさみさまです。
暑い毎日が続きますね太陽

こないだ、ビッグイシューの取材をうけさせていただく機会がありました。
チャイルド・ケモ・ハウスが研究を続けている「模擬家族プロジェクト」に助成してくださっている
ファイザープログラムからのご紹介でした。

掲載は、ビッグイシュー151号となります笑顔

9月15日が発売日となり、街頭発売が開始されます。
9月30日まで新号として販売し、その後は、バックナンバーとして販売されるそうです。

ちなみに151号の表紙は、トータス松本さんだということです。

みなさまぜひお手にとってご覧ください。



併せてご連絡です。
共同通信社からチャイケモに関する記事が配信されました。
今まで掲載された新聞をご紹介いたします。

神戸新聞  (8/30付朝刊)
東奥日報  ( 同 上 )=青森
山口新聞  ( 同 上 )
愛媛新聞  (8/31付朝刊)
宮崎日日新聞( 同 上 )
四国新聞  (9/3 付朝刊)
高知新聞  ( 同 上 )
河北新報


クローバーまさみさまクローバー
チャイケモスケジュール2010後期 [2010年09月01日(Wed)]

まだ残暑が厳しいですが、9月がスタートしましたね 太陽

気が早いのですが、
2010年後半は、チャイケモの予定がぎっしりなので、
先にお知らせさせていただきます メガホン カエル

神戸デザインの日 記念イベント
神戸+デザイン
神戸のために、デザインができること。

日時:10月16日(土)、17日(日)
会場:旧神戸生糸検査所(三宮)
social kaekko village で、チャイケモブースを出展します。


お役立ちファッションショー第二弾
日時:10月30日(土)
場所:甲南女子大学 芦原講堂
「院内であったらいいな」ファッショングッズを紹介します。
「院内であったらいいな」ファッショングッズを募集中
http://www.yumenobyouin.org/blog/news/470/


かえっこバザールandチャイルド・ケモ・ハウス
日時:11月7日(日)
場所:彩都西小学校 体育館
毎年恒例のかえっこバザール。
今年は、小児がん関係者の子ども達がつくる「夢の病院と夢のまち」(仮)
とコラボします。
昨年の様子はこちら↓↓↓
http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/653


チャイケモ主催
クリスマスチャリティコンサート

日時:12月4日(土)
場所:六甲アイランド
今年は、ゴスペルのHosea Lee BakerV氏と
カントリージャズの稲葉和裕氏&レインボー・ヴァレー・カントリー・バンド
が出演予定です。


甲南女子大学 
クリスマス・チャリティコンサート

小児がんの子どもたちに夢の病院を!2010
1700人で祈る子どもたちの未来!
税所美智子ハートフルチャリティ合唱団コンサート

日時:12月25日(土)
場所:甲南女子大学 芦原講堂
去年に引き続き、コンサートの収益金はチャイケモへご寄付していただけます。
紹介記事はこちら↓↓↓
http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/725


一先ず、日程をお知らせさせていただきました。

詳細は後日お知らせさせていただきますが、
スケジュール帳に気になるイベント日の予定を
入れておいていただけると嬉しいです ラブ

イベントいっぱいのチャイケモですが、
多くの場面でみなさまにお会いできること楽しみにしています。

どうぞよろしくお願いします。

ヒヨコ いしいちゃん