CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年03月 | Main | 2010年05月»
<< 2010年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
チャイルド・ケモ・ハウス第5回通常総会のご案内 [2010年04月28日(Wed)]

チャイルド・ケモ・ハウス正会員のみなさま

※時間に誤りがありました。正しくは14:00からです。訂正してお詫びいたします。

5月23日(日)14:00よりチャイルド・ケモ・ハウス第5回通常総会を開催いたします。
詳細は、総会資料などと共に、後日郵送にてご案内いたします。

ご参加お待ちしております。

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
小児がんのニュースを見て [2010年04月26日(Mon)]

昨日ゴールドリボンウオーキングが開催されました。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20100425ddlk13040122000c.html

少し前に、以下のニュースもテレビで取り上げられていました。

http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P20100419000068&genre=K1&area=S10

医療者は、病院で過ごすこどもの様子しか知らないことが多いです。
そして病院という環境の中で、いろいろとサポートをしたいと思い、試行錯誤します。
しかし、この病院という環境を取り除くだけで、こどもは笑顔になります。
外泊前のこどもの嬉しそうな顔がそれを証明しています。

また、このようなニュースを見ると、やっぱりこどもを救えるのはこどもなんだなあと改めて実感します。

小児がんのことを、たくさんのこどもに正しく知ってもらい、たくさんの価値観を知り、頭の柔らかい大人になってもらいたいと思います。

s.kusuki
大阪がん医療の向上をめざす会のイベントのご紹介 [2010年04月23日(Fri)]

大阪がん医療の向上をめざす会が、5月16日(日)がん患者・家族応援イベント「さつき 歌と装いのハーモニー」を開催されます。

このイベントの第二部「お役立ちファッションショー」では、大人のがんの方が様々な工夫でおしゃれに過ごすことのできる衣類と、小児がんの子ども達もかわいく、かっこよく、快適に過ごすことのできる衣類、さらには医療者の医療者らしくないユニークなファッションを提案して下さいます。チャイケモからは、子どもがIVHがあたっても痛くないおしゃれなIVH袋や、前空きのかわいいかっこいいパジャマ、パジャマを着替えて院内学級に行く時の服装などがあったらいいですね、と提案させていただきました。

詳細、お申し込みはめざす会HPよりお願い致します。
http://www.mezasukai.info/info/3636.html

大人のがん患者さんも小児がんの子どもと家族のみなさんも、ふと笑顔になってしまう、そんなファッションに出会えることを期待して私も見学してきます。

亜紀子

お役立ちファッションショー
企画・立案:大阪がん医療の向上をめざす会
制作:総合学園ヒューマンアカデミー・モードスタイリングカレッジ
ファッションビジネス専攻・ファッションデザイン専攻2年生
制作協力:大阪大学大学院・がん教育センター、チャイルド・ケモ・ハウス
キワニスワンデー [2010年04月20日(Tue)]

先日、キワニスワンデーat甲南大学に参加してきました。
キワニスワンデーとは、世界中のキワニスクラブが同時に奉仕活動などを実施する日だそうです。


キワニスクラブは、”Serving the children of the world”の標語を掲げて世界中の餓えや病気や、貧困、虐待などに苦しむ子ども達のために活動している団体です。
以前より、チャイケモには多大なるご支援をいただいております。
http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/674

そしてキワニスと言えば、なんといってもキワニスドール
この日も沢山のボランティアの方々が、キワニスドールを作ってくださいました。私も2つ作らせていただきました。


講演会として
「小児がん専門病院について」というタイトルで、私がプレゼンテーションをさせていただき
次に、
「キワニスドール〜病気のこども達の心に寄り添うこと〜」というテーマで、チャイケモ理事の馬戸史子さんが、プレゼンしました。

キワニスクラブのみなさまにご寄付いただいたキワニスドールが、実際に病院でどのような役割を担っているのかを、馬戸さんのプレゼンテーションを通して、お伝えすることが出来たと思います。

これからも、みんなで力を合わせて、こども達のために頑張らねば!

s.kusuki
被昇天学院からのご寄付 [2010年04月15日(Thu)]

毎年ご支援を続けてくださっている聖母被昇天学院生徒会のみなさまから、ご寄付の贈呈。














生徒会顧問の先生と生徒のみなさん



生徒会のメンバーが変わるたび、その年のカラーや魅力があり、お会いできることがとても楽しみになっています。

いつも心強いご支援、本当にありがとうございます!


チャイルド・ケモ・ハウス事務局