CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年11月 | Main | 2010年01月»
<< 2009年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
コンサートのご報告 [2009年12月28日(Mon)]

12月25日は甲南女子大学芦原講堂にて。
12月26日は茨木市生涯学習センターにて。
チャイルド・ケモ・ハウス建設支援チャリティコンサート〜小児がんの子供たちに夢の病院を〜が開催されました。両日とも、本当にたくさんの方々にご来場いただきました。

ご来場いただいた中には、今までお会いしたことのない方が本当に多く、これからチャイルド・ケモ・ハウスの存在を知ってくださる方々が増えるんだ。。。と感無量です。

この日のために関東から、足を運んでくれた当時の私たちの仲間もいました。

ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました。
そして、連日、すばらしい演奏をお贈りいただいた、バリント・セーケイさん。近藤真理子さん。
本当に、本当にありがとうございました。。。

ここでコンサートの写真を数枚ご紹介させていただきます。



25日甲南女子大学芦原講堂にて。甲南女子大学の学生ボランティアのみなさん。



こんな素敵なパネル展示もしてくださいましたびっくり



アンコール演奏中。バリントさんの故郷がハンガリーであることに由来し、ブラームスのハンガリー舞踏が演奏されました音符



26日 茨木市生涯学習センターにて。同じくアンコール曲の演奏中。



2日間に渡る、コンサートはとても素敵な気持ちで締めくくられましたラブ
みんなで記念撮影カメラ

<チャリティコンサート集計途中結果>
25日 約100万円(募金、ご寄付を含む)
26日 約 70万円(募金、ご寄付を含む)


年の瀬を迎え、このコンサートと共に、一年を振り返ると何とも言えない感謝の気持ちが込み上げてきます。今年も一年いろんなことがありました。
うれしいこと。悲しいこと。本当にたくさんでした。
そんなことを振り返りながら、いつかの年賀状に「子どものように成長するチャイルド・ケモ・ハウスをよろしくお願いします」と書かせていただいたことを思い出しました。
当時は「なんだか、頼りない表現だな、、、」と思いながらいましたが、何があっても、ひたむきに決してあきらめることなく闘う小児がんの子どもたちのように、私たちもひたすら、あきらめることなく、何かにぶつかってもまた立ち上がる。そういう風になりたいな。ならないとな。。と改めて思いました。

「がんになっても笑顔で育つ!」
迎える新年。新たな気持ちで。大切なことを忘れずに。堂々と。笑顔を忘れずに頑張って行こうと思いますびっくり

みなさま、今年一年本当にありがとうございました。
そして、新しい年も子どものように成長するチャイルド・ケモ・ハウスをどうぞよろしくおねがいたします。。。

チャイルド・ケモ・ハウス
事務局長 萩原雅美

※チャイルド・ケモ・ハウス事務局は12月28日をもちまして今年の業務を終了いたします。
新年は1月6日より再開いたします。
毎日新聞に掲載されました! [2009年12月23日(Wed)]

毎日新聞に、演奏者のインタビュー記事が掲載されましたびっくり
どうぞご覧ください笑い

http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20091222ddlk28040327000c.html

コンサートは当日券もご用意しております。
みなさまどうぞお越しください音符

クローバーまさみさまクローバー
産経新聞 掲載 [2009年12月16日(Wed)]

産経新聞にチャリティコンサートのことが掲載されました。

http://www.sankei-kansai.com/2009/12/15/20091215-018271.php

ぜひご覧ください。

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
神戸新聞 掲載記事 [2009年12月15日(Tue)]

神戸新聞に掲載されました。

http://club.kobe-np.co.jp/mint/multimedia/kosodate/kosodatenews0002577247.html

ぜひご覧ください。

チャイルド・ケモ・ハウス事務局
チャリティ・コンサート [2009年12月12日(Sat)]

12月26日(土)チャイルド・ケモ・ハウスはチャリティコンサートを開催します。

このコンサートは、化学療法の経験を持つ姪子を持つ演奏者が、チャイルド・ケモ・ハウスの活動に賛同してくださり、生まれた企画です。

闘病中、クリスマスを2回病室で過ごしました。
先生や看護師さん、教授までがサンタやトナカイ、ツリーなどに扮装し、病室までプレゼントを届けてくださいました。
私とさやかも、少しでも、雰囲気を味わおうと、部屋に飾り付けもしていました。
でも、どうしても家族はバラバラなんですよね。。。
「あやちゃん、サンタさんに何もらうんかなぁ。。今頃ケーキ食べてるんかなぁ。。」と言いながら、エレベーターホールに飾ってある、クリスマスツリー木を二人で見ました。

チャイルド・ケモ・ハウスの「夢の病院」では、小児がんになった子どもとその家族が、クリスマスのひと時も、家族で一緒に過ごせるようになります。

〜小児がんのこどもたちに夢の病院を。。。〜

たくさんのみなさまのご来場心よりお待ちしておりますラブ

毎日新聞に掲載されました。


クローバーまさみさまクローバー

チャリティ・コンサートのお知らせ [2009年12月11日(Fri)]

チャイルド・ケモ・ハウス建設支援チャリティコンサート
〜小児がんの子どもたちに夢の病院を〜


この冬、チャイルド・ケモ・ハウスはチャリティ・コンサートを開催いたします。内容はピアノとバイオリンのクラシックデュオです。
お友達やお知り合いとお誘い合わせの上、ぜひご来場いただき、日頃のお疲れを癒してください。ラブ

●開催日時 :2009年12月26日(土) 14:30(開場)15:00開演
●会   場 :茨木市生涯学習センター きらめきホール 
         大阪市茨木市畑田町1−43  072−624−8182
        (http://www.kira.city.ibaraki.osaka.jp/s_center/map.html)
●席   料 : 3,000 円( 一般) 1,500 円( 学生),
          ペアチケット5,000 円( 一般) 2,000 円( 学生)

●主   催 :NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス
●協   賛 :スキャバルジャパン株式会社
●後   援 :聖母被昇天学院 毎日新聞社

●ピアノ:近藤真理子(http://artist.musicinfo.co.jp/~mariko-k/)
●ヴァイオリン:バリント・セーケイ(http://www.balintszekely.com/)

●プログラム:
Giuseppe Tartini (1692-1770) (Arr. Fritz Kreisler):
タルティーニ(クライスラー):悪魔のトリル
Sonata in G minor; Op.1 No.4; “Il trillo del diavolo”
Franz Schubert (1797-1828):
シューベルト:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 
Sonata (Duo) in A major, Op.162, D.574
Pablo de Sarasate (1844-1908):
サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン
Zigeunerweisen, Op.20 Nr.1
Béla Bartók (1881-1945)/ Szigeti:
バルトーク(シゲティ):ハンガリー民謡
Hungarian Folk Tunes
Johannes Brahms (1833-1897):
ブラームス:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ第3 番ニ短調
Sonata No.3, Op.108 in D minor (1886-1888) “Hans von Büllow”

●チケットお申し込み:
NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス事務局
mail.:info@kemohouse.jp
FAX:072-646-7073
※氏名・チケット送付先・連絡先・枚数をお知らせください。
※入金を確認後、チケットを送付させてただきます。
 12 月15 日を過ぎても届かない場合は、ご連絡ください。

●お支払方法
@ クレジットカードご使用の場合(visa, MasterCard 使用可)
  http://blog.canpan.info/cch_special08/archive/24

A 郵便振替口座振込の場合
 口座番号 00910-2-169357
 口座名称 特定非営利活動法人 チャイルド・ケモ・ハウス
 (通信欄にチャリティーコンサートとご記入ください)

チラシはこちら
  ↓↓↓

omote.pdf





 

ura.pdf







チャイルド・ケモ・ハウス事務局
幸福三説 [2009年12月09日(Wed)]

例年になく暖かい師走を迎えました。気持ちはそれでもせわしない毎日をお過ごしの方も多いかと思います。あまり明るくないニュースばかりが続いた1年のように思いますが、今日は皆さんの幸せを願って、幸田露伴が明治の末に著した「幸福三説」をご紹介します。

第一は「惜福の説」、福を惜しむ。「福を使い尽くし取り尽くしてしまわぬをいうのである」と説明しています。身近なところでは、「たとえば掌中に百金を有するとして、これを浪費に使い尽くして半文銭もなきに至がごときは、惜福の工夫のないのである」。個人や国家の財産を無駄づかいしないこと、鉱物資源や森林資源、漁業資源など地球上の福を取り尽くさないことは大事でしょう。足るを知って、倹約した生活で福を惜しむということだと思います。

第二は「分福の説」、福を分ける。「自分の得るところの福を他人に分ち与うるをいうのである」とし、「惜福は自己一身にかかることで、いささか消極的の傾があるが、分福は他人の身上にもかかることで、おのずから積極的の感がある」と言っています。露伴が言うには「高貴の情懐の発現」であり、豊かな心持ちをもって、一段レベルの高い幸福の追求であると言えるでしょう。何も個人に限ったことでなく、社会や国家にもそうあって欲しいと願うところです。

第三は「植福の説」、福を植える。「我が力や情や智を以て、人世に吉慶幸福となるべき物質や智識を寄与する事をいうのである」。このことは未来への投資であって、自己の福と同時に社会の福を植えることにもなると言い、惜福や分福に勝って卓越していると説明しています。

以上の三つ、例えば、森林資源を考えてみると、若木を残し成木も控え目に伐採し(惜福)、伐採した木を社会に還元し(分福)、将来のために植林する(植福)ということになるでしょうか。この三つの福は、どちらかというと物質を主とした福を対象としていますが、私は、心の福により重点を置いた幸福説をここに二つ追加したいと思います。

その一つは「蘇福の説」、福を蘇らせる。視点を過去から現在に移動させます。過去の良き思い出を想起することで心の平安を感じることです。過去に生きた故人の笑顔を思い出すことは、故人を知る人の幸福につながり、そうすることで故人も天国で幸せを感じることでしょう。社会全体としても、故(ふる)きを温(たず)ね、過去の良きもの(福)を現在に蘇らせることもできるでしょう。

もう一つは「願福の説」、福を願う。視点は未来に向いています。あくまでも心の持ちようです。希望を持って、幸福を願うことで、幸福への道が開けると信じています。皆さんやご家族の幸福、社会や地球全体の福を切に願ってやみません。

政権交代後、逼迫した国家予算の無駄づかいを洗い出す仕分け作業が行われました。社会全体として、必要なところには十分に分福して、将来の福につながる科学技術・医療技術開発には植福して、過去の良いものから蘇福して、その上で無駄を削るという惜福をしてもらいたいと思います。願福する私の希望です。

by Ohta

追記:黄色い花は福寿草、別名、元日草。花言葉は永久の幸福。赤く見えるのは、冬にみられる南天の実、福寿草とセットで「災い転じて福となす」ともいわれる。(Wikipedia より)
「今から、ここから、、」 [2009年12月03日(Thu)]

大変ご心配をおかけしております。
この3ヶ月間、いろいろな事がありました。
自分のすべてを犠牲にしてでも生きていてほしいと思った最愛の息子、
結人は、先月11月16日午前7時54分、天国へ旅立ちました。
ご報告が大変遅くなりました事、お詫び申し上げます。

肺炎による呼吸困難になり、10月18日に人工呼吸器をつけてから約1ヶ月間、
言葉が出せない、目がほとんど見えない中で私たちはコミュニケーションを取りました。
つらくて苦しいその1ヶ月間に、「大切なことは、心で感じること。目に見えなくても、声が聞こえなくても、心で見て聞くこと。」を学びました。
「あと1日か2日」と言われた時を経験し、こちらも何度か覚悟をしました。
親子ともに治ると信じて走り続けて来た6年間。そんな結人に言い残したこと、それは「もう病気との闘いは終わり」ということでした。
「もうがんばらなくていいよ。結人は病気に勝ったんやで。かあちゃんももう心配せえへんよ。」というと、本当にほっとしたような顔をしていました。
それから数日後、結人は私の膝の上で静かに息をひきとりました。

発病から6年、再発から2年、厳しい治療を受けつつも、お友達とおもいっきり遊び、楽しんだ結人。
小学校が大好きで、できない事が多くても一生懸命通っていた結人。
病気と真っ正面から向き合い、再発以降は「自分の治療がうまくいけば、他の同じ病気の子どもにも役に立つ。」と自覚し、前向きに治療を受けた結人。
書道と剣道が大好きで、手に点滴の針をつけながらお稽古を続けていた結人。

そして、主人と私の覚悟ができるまで、旅立つことを待っていてくれた結人。

子どもを失った親は、子どもを失ったことそのものの悲しみ、寂しさとともに、
子どもが病気に苦しんだ姿を思い出し、また苦しみ、、、そのつらさは私もまだまだこれから何度となく味わうのだと思います。
それでも、子どもが残してくれたものは悲しみだけではないことが私を支えてくれています。

結人が亡くなった日に以前主治医だった先生から、
「つらいと思いますが、『立派な田村結人』のかあちゃんなので、なんとかがんばってください。」と言われました。
この言葉を聞き、確かに結人から与えられた宿題はたくさんあると思いました。

「今からやで、かあちゃん。ここからやで、かあちゃん。」
朝、鏡の前の結人の写真が私にそう言います。
「うん。そうやな。ここからやな。」と私も応えます。

悲しみ以上に確かなものがここにあることを信じて、これからも「結人のかあちゃん」を続けてゆきたいと思っています。

最後になりましたが、今まで応援して下さった皆様、本当に有難うございました。
私たち家族がここまでがんばれたのも応援してくれた皆様のおかげです。
深く深く、感謝致します。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

亜紀子

TOOTH FAIRY [2009年12月03日(Thu)]

チャイルド・ケモ・ハウスの参加させていただいているTOOTH FAIRY プロジェクトのご報告です。

「金歯・銀歯が50kg! 社会貢献に活用で初引き取り」
こちらから(動画)

このプロジェクトは、治療の際に不要になった金歯などの歯科撤去金属を日本財団に集め、リサイクルして売却した資金を公益活動に使う仕組み。ドイツの医師たちがこうした社会貢献活動をしていることを知った笹川陽平日本財団会長が日本歯科医師会に働きかけ、ことし6月からスタートした。全国から寄せられた歯科撤去金属は、日本財団が保管していた。この日の引渡式で、笹川会長は「CSR(企業の社会的責任)活動は世界の潮流だが、日本は遅れている。そんな中で日本歯科医師会がこのようなCSRに取り組むのは画期的だ。今回初めて寄せられた歯科撤去金属を開封するが、さらに多くの人にこのプロジェクトに参加してほしいと思っている」と語った。

詳しくはこちらから。。。


チャイルド・ケモ・ハウス事務局
イルミネーション ふくりび [2009年12月02日(Wed)]

11月16日から年末まで、ふくりび事務局(カットスペースK’s)で光のファンタジー「新たな扉」 
 が始まります。今年で6年目となるそうで、地元ではかなりの名物となっているそうです。

そこで、今年は期間内ずっと、カエルの着ぐるみを着て、チャイケモの募金活動をしてくださるそうですカエル
(ふくりびのみなさま、ありがとうございますラブ

イルミネーションと地域への想い:ふくりびのブログ

ふくりびHP


名古屋近辺にお住まいのみなさまびっくり
ぜひ足をお運びくださいウインク

**********************************************
チャイルド・ケモ・ハウス建設支援 チャリティコンサート
〜小児がんのこどもたちに夢の病院を〜

http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/671
**********************************************


クローバーまさみさまクローバー