CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年10月 | Main | 2009年12月»
<< 2009年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29) きよた@しぶたね
きょうだいさんのための本 (10/05) s.kusuki
とれとれ市場での募金活動 (09/13) 亜紀子
チャプレンの方のことば (08/23)
チャプレンの方のことば (08/22)
最新トラックバック
1カット for 10スマイル再び [2009年11月16日(Mon)]

今月も名古屋のふくりびさんから1カットfor10スマイルが届きましたびっくり

ふくりびのみなさん、ありがとうございましたラブ

先日、私の行きつけの美容室で、チャイルド・ケモ・ハウスの活動のこと、ふくりびさんの1カットfor10スマイルのことをお話をすると、とても興味深く聞いてくださいました。
最近お子さんがうまれたばっかりの私の担当の方。「小児がんって、何でなるんですか?」原因ははっきりわからなくて、ある日突然発症する。ということに、「怖い、、、」と言っていました。

闘病生活中にも、数えるほどですが美容室へ行きました。
伸び放題の髪の毛をきれいにカットしてもらえると、気持ちも引き締まり「さぁ、またがんばるぞ!」という気持ちにもなりました。
今でも、髪を切ると気合が入ります(私だけでしょうか 笑)
理美容師のみなさんの仕事ってすごいっ力こぶ

髪の毛と小児がんって色んなつながりがあるように思います。。。

ちなみに付添中の母たちは、自力で前髪をばっさりする(せざるを得ない)人も少なくありませんでした。(私もそのうちの一人)

ふくりびのみなさんが、毎年恒例のイルミネーション&クリスマス募金をしてくださるそうです
後日ご報告しますね。


クローバーまさみさまクローバー
葛藤と後悔 [2009年11月16日(Mon)]

「薄々は感じていても、目をそむけないとやっていられない、、、」
でも、そんな時は容赦なく、じわじわと近付いてきました。
我が子の命の期限が迫ってくるのを肌で感じていました。

小さくて柔らかくて温かい手。かわいい声。姉妹で、そっくりの顔。愛しい笑顔。。。
それが見えなくなるかも、触れることさえできなくなるかも知れない。
そんなことは考えられません。

そうして、見て見ぬふりをして過ごしました。
「もう、何もすることがない」、「いつどうなるかわからない」と言われたとき
「どこかご家族で行かれたいところなどがあれば例えばディズニーランドとか行って来てください。」友人たちもよくそんなことを言われていました。

「何のためにディズニーランド行くん?何のために家族旅行行くん?最期の想いでづくりのため?」

私たち家族は家で家族で過ごすという「普通の生活」を選びました。
「普通の生活」が一番特別で、したかったことだったからです。

さやかがティッシュの箱から一枚残らず出して遊んでしまったとき。
一瞬注意すべきかどうか迷っている自分がすごく嫌でした。
「もう、こんな遊びもこの子はできないのかも知れない。それなら、思う存分、したいことをやらせてあげても、、、」そう思ってしまったからです。

私はさやかが生まれたとき、姉妹同じように、よいこと、悪いことをしっかり教えてあげたいと思ったことを思い出しました。

そして「ティッシュは使う分だけ出しなさいよ。」とさやかに注意しました。
さやかは「ごめんしゃい」といいました。
その声は今も耳に残り、葛藤は5年たった今でも続きます。

当時2歳半のさやか。今声が聞けるなら、想いが聞けるなら、色々な場面での母の判断は間違っていなかったのか、どうしてほしかったのか、そう聞いてみたい。

最後まで「その時がくること」を受け入れられず、一番大変で大切で怖かった「お別れ」について触れる勇気がなく、何も教えてあげられなかったことを母はとても悔やんでいます。


クローバーまさみさまクローバー
チャリティコンサート「風の彩」寄付贈呈式のご報告 [2009年11月13日(Fri)]

11月7日 芦屋のルナホールで開催されました
チャリティコンサート「風の彩」(≫報告記事はこちら)の寄付贈呈式を西宮キワニスクラブにて開催していただきました。

当日はWaySideのお二人より「チャリティコンサートの収益の一部です。」と、40万円ものご寄付を頂きましたびっくり


カメラ WaySideのお二人と西宮キワニスクラブの安原会長と記念撮影

そして、当日の様子は産経新聞でも紹介されました。
こちらからご覧いただけます。

西宮キワニスクラブのみなさま、WaySideの斉藤さん、上野さん、チャリティーコンサートにご参加して下さった方々、たくさんのご寄付を本当に、本当にありがとうございました笑い

いしいちゃん カエル

>>12月26日 チャイルド・ケモ・ハウス チャリティコンサート
〜小児がんのこどもたちに夢の病院を〜開催しますピアノ

慣れないお見舞 [2009年11月12日(Thu)]

これまで、闘病を続ける仲間のお見舞いに何度も行きました。

メールで現状を知らせてくる友人たちにどのように返信をするべきか、、、
どのような決心でお見舞いに向かうべきか、、、

いつまで経っても慣れません。
いくら考えても答えがでません。

時には、失態に自己嫌悪に陥り、しばらく立ち直れません。

私たちの闘病の時にも、こうして見守ってくれた人たちがどれくらいいただろう。。。と考えます。そして、自分本位になりすぎていたと、反省を繰り返します。

さやかが天使になり、丸5年が過ぎました。
まだまだ勉強は続くな。先は長いな。。。

クローバーまさみさまクローバー
色づく古都、興福寺 [2009年11月09日(Mon)]

雨上がりの朝、奈良、興福寺の境内は、時折、修学旅行の団体が通り過ぎる以外は静寂な空間だった。国宝特別公開が始まるのを待ちながら、私は五重塔を見上げていた。左奥に見える紅葉に深まる秋を感じた。

仏像を一同に安置した仮金堂内。中央に立つ阿修羅像は734年作、古くは古代インド神話に登場する悪神、仏教に帰依してからは守護神。3つの顔と6本の手。遠くから眺めると憂いをもった優しげな表情を見せる美少年は、近くに寄って見ると引き締まった力強さを表出している。優しさと荒々しさの同時性に不思議な感覚を覚え、これが人間の本質なのかと考えた。

帰り道で再び五重塔の前。焼失と再建を繰り返し、現存の塔は室町時代のもの。法隆寺のものより荘厳な印象を受ける。幸田露伴の「五重塔」を思い出す。人間の私欲と恩義との葛藤の物語、主人公のささやかにみえる欲望もつまるところ人間の本質なのか。

北円堂に向かう。如来像(弥勒如来座像)とその両脇やや後方に控える、無著と世親の菩薩立像。いずれも鎌倉時代、運慶作。無著と世親は僧侶の兄弟、恰幅の良い体格で少し背を曲げて前を見据え、逞しさと優しさを顔にたたえている。東大寺の金剛力士像にみる運慶の激しさ一辺倒とは違った傑作だ。

露伴の娘、幸田文の短編「材のいのち」に宮大工棟梁の西岡親子三人の話が載っている。文が三人に教えられたのは「木は生きている」ということ。ここで言う「木」は立ち木としての生命を終わったあとの「材」のこと。「木は立ち木のうちの命と、材になってからの命と、二度の命をもつものだ」「千二百年の昔の 材に、ひと鉋(かんな)あてれば、いきいきとしたきめと光沢のある肌を現し、芳香をたてる。湿気を吸えばふくよかに、乾燥すればしかむ。これは生きている 証しではないか。」

いまや日本ではかつての熱狂的な仏教信仰はない。しかし、私欲と葛藤し、死の恐怖と対峙することは、いつの時代とて同じであろう。天平の世に生まれた阿修羅像、その顔がたたえる憂いに心を癒された一日であった。

古都の秋 悠久の憂い 阿修羅像

紅葉背に 威風堂々 五重塔

by Ohta
夢の病院をつくろうPROJECTのチャリティーバザーin万博公園 [2009年11月06日(Fri)]

11月7日 10時〜16時半 大阪府吹田市 万博公園(自然文化園 お祭り広場、上の広場ほか)にて夢の病院をつくろうPROJECTのチャリティーバザーを開催していただきます メガホン カエル

詳細はこちら↓↓↓
夢の病院をつくろうPROJECT プロジェクトレポート

お知らせが遅くなってしまいましたが、
お時間がある方は秋の遠足に、ぜひお越しください。

いしいちゃん

夢の病院をつくろうPROJECTバナー [2009年11月02日(Mon)]

皆で夢のアイテムを買って「夢の病院」の建設を進めるPROJECT
「夢の病院をつくろうPROJECT」のバナーが自由にダウンロードできるようになりました。
音量 カエル





バナーは以下ページより、ダウンロードできます。

パソコン
http://yumenobyouin.org/about/terms/

当サイトへのリンクは自由ですのでお好きなページにリンクを貼って、「夢の病院をつくろうPROJECT」を広めにいただければ嬉しいです。

よろしくお願いしますクローバー

いしいちゃん