CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年06月 | Main | 2009年08月»
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29) きよた@しぶたね
きょうだいさんのための本 (10/05) s.kusuki
とれとれ市場での募金活動 (09/13) 亜紀子
チャプレンの方のことば (08/23)
チャプレンの方のことば (08/22)
最新トラックバック
[2009年07月27日(Mon)]

夏本番を目前にして、足踏み状態の日本列島。停滞する梅雨前線の脅威に驚くばかりです。子ども達の夏休みが始まりました。新型インフルエンザの影響で夏休みが短くなった学校もあることでしょう。政局は夏の陣、本戦モードに突入しました。不安定、不確定なことばかりで気が滅入ってしまいますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

立秋前のこの時期、土用の丑の日に鰻を食べる風習は江戸時代に始まったようですが、夏に売れない鰻屋さんの発案だそうです。今年は、7月19日と31日の二日あります。皆さんもおいしい鰻を食べて暑い夏を乗り切ってください。

さて、本物の丑(牛)の話です。明治の文豪、夏目漱石は晩年に、当時新進気鋭の芥川龍之介に宛てた手紙の中でこう言います。「牛になる事はどうしても必要です。われわれはとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなり切れないです。(中略)あせっては不可(いけま)せん。頭を悪くしては不可(いけま)せん。根気ずくでお出でなさい。(中略)牛は超然として押して行くのです。何を押すかと聞くなら申します。人間を押すのです。」

私たちも、どっしりとした、着実な前進を大切にしたいと思います。

先日報道された漱石のお家騒動、漱石は怒っているような気が私にはします。そう言えば、今年は丑年でしたね。暑さきびしき折、くれぐれもご自愛ください。

by Ohta

参考文献:三好行雄編「漱石書簡集」(岩波文庫)
あやちゃんも頑張ってんで。 [2009年07月13日(Mon)]

うちのあやちゃんは、読める漢字も増え、一人前にこのチャイケモブログの一読者になってきました。(字は読めても解読できないところが多いようで、読んだあとに「で?」と聞かれます、、、大丈夫だろうか、、、)

あっこちゃんが書く、ゆうとくんの記事を読み、比較的身近に存在する二人が今置かれている環境を、当時の自分達に並べて感想を言ったりします。

あやちゃん 「そやけど、あやちゃんも頑張ってんで。誰も知らんと思うけど。」

まさみさま 「うわっ!知ってるし。みんなあやちゃん頑張ったの知ってるで。」

あやちゃん 「誰が知ってるん?」

まさみさま 「チャイケモのブログ読んでくれてる人も、楠木先生も、あっこちゃんも、いしいち
ゃんも、太郎さん(←ウチでは、ゆうとくんのパパなどとは呼びません)もチャイケモの人は、み〜んな知ってるし」

あやちゃん 「そんなに知られるのもはずかしい気分やわ。。。あやちゃん有名人やん」
(まさみさま 「いや、、有名人とはちがうけど、、」)
と言いながらニヤニヤしていました。

私が『頑張りを知っていること』と、それを『尊敬している』ことを、本人にしっかり伝えているつもりでしたが、足りなかったようです。
妹の闘病生活と私たち親を立派に支えてくれたことに心から感謝しています。
私は当時2〜3才の小さなあやちゃんに抱きしめられることで、どれだけ癒され、力をもらってあの部屋に戻っていたことかわかりません。支えているようで支えられているのはこちらの方でした。
闘病中も、妹が天使になってからも、とても頑張っているあやちゃんです。

自分がすごく頑張ったことを言い出せないで、この言葉が相応しいかどうかわかりませんが、脇役っぽい位置におさめられているきょうだい。多いと思います。

先日、喘息の発作が出たときに、久しぶりにされた点滴の針をじっとみながらしみじみ。
「やっぱり、ちゃか(さやか)やゆうとくんは偉いな。。。あやちゃんも頑張らな。注射も漢字も」
「ほんまやな。かあさんもがんばるわ。ごはんづくりもチャイケモも。」

クローバーまさみさまクローバー

オレって幸せ [2009年07月08日(Wed)]

先日の入院から、退院して2週間がたち、
化学療法が効いたせいで、結人は元気を取り戻しました。
病院と家の往復の日々から、病院→学校→家という日が数日続きました。
入院生活が長かったせいもあり、家の中での遊びが中心の結人でしたが、
最近は外でボールを蹴ることもしばしば。
その日は特別調子がよく、学校→お習字→友だちと遊ぶ、と1日を満喫し、
夕方サッカーボールを蹴り終わり、お風呂に入る時に嬉しそうに言いました。
「かあちゃん、オレってなんてしあわせ〜笑い」と。

こんなに元気に過ごせる日は多くなく、採血はほぼ2日に一回。
手に点滴針を指したまま帰り、家で点滴をすることも多い毎日。
大好きな図工と音楽の時間は病院の外来でほとんど行く事が出来ず、
体育ももちろんみんなにはついていけません。
突然の入院に涙することもしばしば。
なのに、この言葉???
きょとんとする私に、
「こんなにいろいろ出来て、オレってしあわせやなぁ〜。なぁ、かあちゃん!」
そう言いながらお尻をふって、お風呂に入る姿に、
「出来ない事より、出来る事に感謝、、だなぁ〜ドキドキ小」とまたもや結人に気づかされましたまる

亜紀子
『夢の自動販売機』プロジェクト   [2009年07月03日(Fri)]

この度、日本財団『夢の自動販売機』プロジェクトにチャイルド・ケモ・ハウスも参加させていただくことになりました。 カエルキラキラ

このプロジェクトは誰でもよく利用する飲料自動販売機に視点を置いた社会貢献活動として、企業や施設、個人様など既に飲料自動販売機を設置されている方々やこれから新しく設置をお考えの方々にご参加をお願いしているものです。

所定の自動販売機の売り上げから1本あたり10円分が、日本財団経由でチャイルド・ケモ・ハウスに寄付されます。自動販売機前面の広告プレート貼り付けスペース(A3サイズ)には、チャイルド・ケモ・ハウスの活動報告を兼ねたポスターを貼り付けさせていただきます。

いただきました寄付金は、精算にかかる手数料を除いた全額がチャイルド・ケモ・ハウスに寄付されます。

そのほかの特徴は次の通りです。

■ご希望の場合、会社案内やポスター、パンフレットなどに「日本財団夢の貯金箱」及び「NPO法人チャイルド・ケモ・ハウス」のロゴをご使用いただけます。
(ロゴ使用申請用紙のご提出をお願いいたします)

■チャイルド・ケモ・ハウスのホームページ及びブログにて、ご参加いただきました企業のご名称、ホームページなどを紹介させていただきます。

■『夢の自動販売機』の新規設置や置き換えによる費用は無料です。設置者様のご負は、電気代のみです。原則として最新式の「ヒートポンプ式」の省エネ型とさせていただくことができます。(注*)

■飲料1本につき10円をご寄付いただきます。この場合、設置者様の売り上げ手数料は約20円/1本となります。(設置環境により異なります)


■『夢の自動販売機』推奨の自動販売機は省エネタイプですので電気代の節約となります。
現在設置されている自動販売機の置き換え、飲料の種類、メーカー、販売価格の変更などにも、ご希望に応じて対応させていただきます。

(注*)ヒートポンプ型は年間平均の電気代が約2,000円と、旧型機種の6〜8千円、08年以前のヒートポンプでない省エネ型の4〜5千円と比べても大幅なエコ&低コストとなります。

【設置までの主な流れ】

1)申込書をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、チャイルド・ケモ・ハウス事務局へFAXもしくはメールにてお申し込みください。

FAX: 072−646−7073 / E-mail: info@kemohouse.jp





2)チャイルド・ケモ・ハウスで申込書を集約し「お問い合わせポータル」と「日本財団」へ連絡いたします。

3)お申込者様と「お問い合わせポータル」とで、設置のお打ち合わせをお願いします。

4)設置後、売り上げから1本あたり10円分が、日本財団経由でチャイルド・ケモ・ハウスに寄付されます!

○お問い合わせ・お申し込み先
チャイルド・ケモ・ハウス 事務局 (担当:萩原、石井)
TEL: 080−6148−1108
FAX: 072−646−7073
E-mail: info@kemohouse.jp



どうぞよろしくお願いいたします。

いしいちゃん
かあちゃんの幸せ [2009年07月02日(Thu)]

先日、結人の調子が悪くなり、緊急入院をしました。
入院先の医療者のみなさんは、とても優しく
私たちを迎えて下さいました。
4日間の入院でしたが、部屋移動がありました。
最初は日当たりの良い明るい部屋でした。
移動した時は、日当たりの悪い暗い個室で、
トイレとお風呂はついているものの、暗くて使いづらい雰囲気で、
ベッドの頭の近くに汚物をあらう水道がありました。
トイレの汚物洗浄場所と同じような雰囲気に
目のやり場に困り、結人にも「そっちを向いて座らずに
窓のほうを向いて座ったら?」と言いました。
結人もさすがに「暗いなぁ。。あれおしっこ洗うとこ?うわぁ〜。。」
と驚きを隠せません。
でも、個室でしたので多少大きな声を出して笑ったり
遊んだりしても気を使わない、というのが助かり、
トランプやUNOで盛り上がりました。

UNOをしながら、私の中学生の時のクラブの話になりました。
男の子「かあちゃん、バレーボールしたかったけど、心臓がよわくて
入られへんかったんやろ?」
女の子「うん、じいちゃんがすっごい心配したからやめておいてん。
でもやっぱり自分のしたいことは、ちょっとくらい無理しても
しておけばよかった、って思うわ。ずっと『あの時バレーボールした
かったなぁ』って思ってるもん。」
男の子「でも、かあちゃん、その時バレーボールしてたら、かあちゃんの
人生変わってたかもよ。こんなに幸せじゃなかったかもしれへんで〜!
オレのかあちゃんじゃなかったかもしれへんし、そしたらチャイケモとかも
やってなかったかもよ〜。よかったやん、かあちゃん。」
その言葉と今いる環境のギャップに正直戸惑いながら、
思わず吹き出して笑ってしまいました。

世間一般から見た幸せとはほど遠い環境でいる私たち。
結人の言葉で、私は「幸せ」を人と比べて考えていたことに
気づきました。真っ白な状態で、自分自身の心の声を聞けば、
確かに私はとても幸せだと心から思いましたラブ

亜紀子
闘いを続けていくこと [2009年07月01日(Wed)]

大変ごぶさたしております。
息子、結人が昨年7月に臍帯血移植をし、
経過は良好だったものの腫瘍マーカーが上がりだしたのは
昨年12月でした。
次に再発すれば、完治を目指す治療は難しいというのは
医療者の方々と私たち親の暗黙の了解でした。
なので、どうしてもしてほしくなかった再発。(実際には3度目の再発です)
その現実に向き合い続けて、半年が過ぎました。
この間、チャイケモの事務局の仕事の一切は任せ、治療に打ち込ませてもらいました。
治療といってもいわゆる大学病院で行なわれる標準治療(化学療法、
放射線、手術、移植)を行なってもしぶとく出て来たがん細胞にたいしての
治療に、はっきりとした計画はありません。
その時、その時、効果的な治療を考えていく必要があります。
インターネットで情報収集をする日々。化学療法のタイミングなども
先生と相談し、うまくいくときもあれば効果が出にくいときもあります。
結人が元気な顔をしている時はやっていけるのですが、
顔色が悪かったり、しんどそうな時は不安で不安でたまらず、
経験者のお母さんに電話をし、大泣きします。
お子さんが天国に行ってしまったお母さんに言われた言葉、
「がんばれるのがうらやましい。がんばれるんだから
がんばって!」。
結人のブログ記事にたいしてのありさパパさんのコメント
「闘いを続けていきたいよ。ね。応援してる♪」。

どんな励ましよりも強く、背中をおしてくれるそんな言葉に、
「よし、まだまだがんばるぞ〜!!」と力が湧いてきます。
天国に行った子どもたちとそのご家族からのエールのおかげで、
前向きに、闘いを続けている毎日です。

またいろいろご報告させて下さい。

亜紀子