CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年09月 | Main | 2008年11月»
<< 2008年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
待ちに待った退院 [2008年10月29日(Wed)]

Sは臍帯血移植をし、無事にそれは成功しました。
そして、待ちに待った桜の咲く季節が来ました。。。

小児病棟へ戻り、Sも私も退院を間近に控え早くその日が来ないかと、これまで以上に病院にいることをストレスに感じる毎日を過ごしました。
そのときの私は「やっと家に帰れる!やっと家族みんなで過ごせる!」という気持ちと「友人たちを置いていかなければならない、、、」という後ろめたさとのジレンマの中にいました。

そんな退院を間近に控えたある晩、Sがなぜか足の甲のあたりが痛いようで、一晩中泣き続けたことがありました。

しびれたのかな、、、何だろう?何だろう?
しばらくたっても治らない、、、何だろう?何だろう?何だろう、、、

当直の先生に看てもらっても原因はわからず、あんまり痛がるので、とにかく痛み止めを投与してもらい、結局その夜はベッドにおろせば泣くような状態の中、部屋にも戻れず(総室だったので、、)、談話コーナーでSを抱いて一晩過ごしました。春目前のまだ寒い、心細い夜でした。

夜が明けて、何事もなかったようにSは普通にもどりました。
一安心しましたが、「何やったんやろう、、、」という不安は消えません。

その2日後、退院の日を迎えました。
A(お姉ちゃん)が嬉しそうに迎えに来てくれました。「みんなでおうちにかえれるん?やった〜!やった〜!」
お世話になった看護師さんたちと記念撮影をし、私は大切な友達を置いていくことに罪悪感を感じながら、そしてここから離れることになぜか寂しいような気持ちを感じながら、それでも「もう絶対ここにはこないっ!!」と逃げるように家路につきました。

これから、週1回の外来通院が始まります。

桜の木は少しずつ花を咲かせていました。

クローバーまさみさまクローバー
[2008年10月27日(Mon)]

鏡は不思議な物体です。左右逆に映るけれど、上下逆にはならない。試しに鏡の前で首を左右に傾けてみても、結果は一緒、上下はそのまま。でも、池に映る山は上下逆になっています。

「子どもは社会の鏡」とよく言われます。昨今の子どもをめぐる事件や現象が、大人社会の反映であることに異論のないところかと思います。子どもに映る大人の社会が未来に希望を持てるものであってほしいと願います。

さて、ミラーテストというのをご存知でしょうか。鏡に映る自分の姿を見て、自分であることが認識できるかどうかというテストです。もちろん、人間はYESです。他の動物たちでこのテストに合格するのは、チンパンジー、オラウータン、アジア象、イルカ、シャチだそうです。このテストに合格する動物は、仲間のことを自分のことのように感じることができ、仲間に対する共感能力が高いと言われています。

神経細胞の中にある「ミラーニューロン」。他人が何かしたときに、あたかも自分がしているかのように感じる神経細胞で、他人と自分を映し合う共感回路として機能します。社会の中で自己を感じる、他人を鏡として自分を磨く。高度なミラーニューロンを持つ人間は、他人のために行動でき、共生の社会を作ることができるのです。

そう言えば、アジア象が大きな群れを作って、大人の象が小象を脚の間に囲いながら、大地を歩く映像を目にしたことがあります。人間社会でも、大人たちが子どもたちを皆で見守り、育てるようにしたいものです。

by Ohta

(参考文献)
茂木健一郎 クオリア日記
9月7日 ビッグイシューと社会 音声ファイル
「自分の力で」 [2008年10月22日(Wed)]

一昨日、ゆうとはマルクの後の傷が珍しく痛み、自分で立つこともできない状態でした。
(ほとんどの場合、マルクの傷跡は痛みません)
車から私が抱っこで降ろすと、痛いのと悔しいのとで私に捕まりながらポロポロと涙を流していました。痛みがつらいのだと思う私は、早く痛みをとってあげようと痛み止めをすぐに用意しようとしました。

「痛み止めを飲んだら、らくになるよ」と早くお薬を飲むようにすすめた時のゆうとの言葉に驚きました。

男の子「かあちゃん、おれ、自分の力で治したいねん」
女の子「え?」
男の子「かあちゃん、くすりは大事やし、痛いのん治るのもわかるねんけど、おれ、自分の力で治したいねん」
女の子「え?それって、今の痛いのんもやけどもっと手強い敵でも?」
男の子「それこそやん!」
女の子「・・・・・」

移植中、移植後、お薬によって痛みを軽減したり、感染を予防したりということがどうしても多くなります。
飲み薬が増える負担もありますが、ゆうとはお薬を避けたいというよりも、本当に元気な体になりたいのでしょう。
お薬によってではなく自分で自分の体をコントロールしたい、という気持ちをその言葉から感じました。
ゆうとの涙は、痛みもありますがそれ以上に自分自身の体が自分の意思や行動とは全く別のところで痛くなったり、元気になったりしていることへの悔しさが大きかったのかもしれません。最近、お薬に頼りがちな私でしたが、ゆうとの力もきちんと見てあげないといけないな、、と思いました。

たくさんの人に助けられていることを身にしみて感じているゆうとが「自分の力で」と言ったことを大切したいです。
なかなか難しいですが。。。
また我が子に新たな課題を突きつけられた気分ですバラ

亜紀子ひまわり



先生の給料いくら? [2008年10月16日(Thu)]

『先生の給料いくら?』

以前、医師を目指していた中学生の女の子からよくこの質問をされました。
なんだかんだと、ごまかしていました。

本日の読売新聞が『医療改革の提言』と題して、1面+6ページにわたり特集をしていました。

その中の記事に

大学病院の一般医員の平均月給は30歳の場合、国立大学で約30万円、(略)
本給が少ない分、大学病院の医師は、他の病院でのアルバイトで収入を補っている。(略)
アルバイトが多いと大学での診療がおろそかになりかねない。(略)
大学病院の勤務医には、給与の水準だけでなく、正規職員でない医師が多いという問題もある。講師や助教のポストに定員があり、非常勤扱いの医師が半数近くにのぼる。非常勤の医師は、給与が日給制で、年収は300万円程度にとどまる。ある国立大病院長は『非常勤医師は、正職員と違い住宅手当もでない。信用がないのでローンも組めない』と窮状を訴えある。

とでていました。ちなみに私は非常勤医師です。
安月給についてのコメントは、愚痴になるので控えます。

それよりも、このような事実がこれだけオープンになってきていることにびっくりしました。
つまり、本当に深刻な問題だということです。
この記事で、こどもたちが『お医者さんになりたくない』と言い出さないことを願います。
『儲かる』と思って、こどもを医者にしようとしておられる方、考え直してはいかがですか?

と、まあ暗い話題はおいておいて、みなさまいよいよチャイケモイベント第3弾です!!(http://blog.canpan.info/kemohouse/archive/551)
今年も天気が良くなることを祈っておいてください!!
そして、たくさんのこどもたちとそのご家族のお会いできることを楽しみにしております!!!

s.kusuki
チャリティナビに登場 [2008年10月15日(Wed)]

チャイケモが、チャリティナビ(Charity NAVI: NPO・NGOのデータベース)のウェブサイトに登場しました。

こちらをご覧ください。→チャイケモ(チャリティナビ)

今後とも、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

チャイルドケモハウス事務局
阪大21世紀懐徳堂 [2008年10月11日(Sat)]

10月16日にチャイケモ理事の田村太郎が、阪大21世紀懐徳堂(http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/
主催のシンポジウムで講演します。

第2部「一緒に考えるこれからの地域と大学の社学連携」というテーマです。

15:30〜16:10
チャイルド・ケモ・ハウスの試み
〜小児癌の子どもたちのための専門病院設立を目指して〜

http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/7b2c156de214e167d0061d05fb3580230b730f330a630e0-30c130e930b7.pdf (チラシです)

当日参加(シンポジウムは無料)もOKとのことですので、ご都合の合う方はぜひご参加ください

チャイケモ事務局
「生命とは何か」 [2008年10月09日(Thu)]

日本人のノーベル賞受賞が続きますね。きょうは、ノーベル物理学賞の日本人独占にちなんで物理の話題を。

この1年の間に、古典的名著と言われるシュレディンガー著「生命とは何か」の岩波新書判が版を重ね、岩波文庫判も新しく登場しました。湯川秀樹博士が渡米中にこの原著に感動して、日本に送って翻訳が開始されたという逸話が残っています。

著者のシュレディンガー博士は、湯川博士と同じ物理学者ですが、DNAが発見される10年ほど前に、物理学者の眼で生命について鋭く考察しています。

「なぜ原子はそれほどに小さいのか?」という命題と、その裏返し「ヒトはなぜそんなに大きいのか?」。原子の大きさは約1オングストローム(1メートルの100億分の1)。ヒトの身長を1メートルとすると原子の大きさの100億倍。

物体を構成する原子や分子は常に微細に勝手な方向に向かって運動していますが(例えばブラウン運動に代表されるように)、全体として、平均として一様な振るまいを示します。個々のバラバラな動き(不精密度)は全体に吸収されてしまいます。

ここで、統計学的な確率的な話になってきます。シュレディンガー博士は、√nの原則を持って説明します。物理現象は、その構成物の数をnとすると、√nの程度で不正確であると言うのです。数が100個なら、√100=10、つまり10/100=10%の誤差率となりますが、数が大きいと、例えばn=100 万(1,000,000)ならば、√1,000,000=1,000 となって、1,000/1,000,000=0.1%の誤差率となります。このことから、ヒトの大きさが原子の大きさの100億倍であることが、理にかなってヒトが原子の勝手なふるまいに影響を受けにくくなると言うのです。ちなみに、n=100億の場合の誤差率は、計算してみると0.001%になりました。もし、大きさの差が小さいと、わずかな数の原子の運動がヒトの感覚に影響を与えることになって、えらいことになるのです。

20世紀から続く物理学は、医学に多大な貢献をしています。放射線診断(レントゲン、エコー、CT、シンチ、MRI、PET)、放射線治療などきりがありません。

by Ohta

(追記)
以上の記載は物理に素人の私の解釈です。間違っていたらご指摘ください。

秋桜 [2008年10月06日(Mon)]

きのうの日曜日、全国的にぐずついたお天気でした。私は小雨のなか、大阪府北部にある、とよのコスモスの里を訪れました。見渡す限りにコスモス(秋桜)が咲き乱れ、圧倒されました。少し離れたところには曼珠沙華(彼岸花)も負けじと直立不動で立っていました。

園内には5,6体(人?)のおしゃれなかかし(案山子)が我が物顔で立ち、秋祭りの練習でしょうか、和太鼓を打ち鳴らす音も聞こえました。近くの田んぼには稲藁が行儀良く立ち並び、深まる秋を感じて帰ってきました。

ご存知「千の風になって」の原詩(作者不詳)には、こんな風に書かれています。

I am a thousand wind that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sun on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.

私は吹きわたる千の風になって。
雪に輝くダイヤモンドになって。
実った穀物に映える太陽になって。
優しく降る秋の雨になって。
(つたない Ohta 訳で申し訳ありません)

先人たちが苦労を重ねて培ってきた稲作。実りの秋の田園にも、先人たちが風になって、雨になって私たちを見守っています。

by Ohta
各種報道について [2008年10月02日(Thu)]

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、先日の大阪府議会で橋下知事より、チャイケモを支援したいという主旨の答弁がありました。
チャイルド・ケモ・ハウスとしましては、非常に心強いエールであり、心より感謝しております。

議会の答弁の詳細を調べていただくとわかりますが、今回の発言はあくまで知事のお考えを率直に示していただいたものであり、チャイルド・ケモ・ハウスから議会への働きかけはしておりませんし、質問された議員の方とも面識はありません。(議員の方は夜間学級への補助金について質問され、それに対する答弁として夜間学級は市町村が補助し、そのかわり大阪府としては、小児がんのこどもとその家族を補助するというような、府と市町村とのすみわけが必要だと考える、という内容の答弁の中にチャイケモのことを触れていただいたと聞いています。)

『夢の病院』 設立に向けて、大阪府にはかねてよりご支援のお願いをしており、今後は具体的な内容も話し合っていきたいと考えております。

なおこの答弁に関する新聞報道で、すでに8億円の寄付が集まっているようにも受け取れる記事がありましたが、事実と異なります。今後ともみなさまのご支援を引き続きよろしくお願いいたします。

チャイケモを応援してくださる多くの方々の御協力により、支援の輪が広がり、メディアにとりあげられることも増えてきました。
それにより誤解を招くことや、予想外のトラブルが発生することもあるかと思います。

チャイケモは、命の礎となったこども達とそのご家族の想いを決して忘れず、ぶれることなく突き進んでまいりたいと思いますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願いいたします。

NPO法人 チャイルド・ケモ・ハウス 理事長 楠木 重範