CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«MDRT新春研修会 | Main | 小児がん治療の集約化(前)»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
ほん・わか [2012年01月27日(Fri)]

長期間入院していた小児がんの子どもが、元気に退院するとき、、
感慨深いものがあります。
医師や看護師にとって、働いていて良かったと思える貴重な時間です。
親御さん、子どもたちのお礼の言葉は、身体に心地よく沁(し)みこんでいきます。
お手紙をくれる子どもたちも、たくさんいます。
医師や看護師は、お礼の言葉をいただけることが多いのですが、縁の下の力持ちで、病棟を支えてくれている方がたくさんいます。
院内学級の先生、保育士、チャイルドライフスペシャリスト、ホスピタルプレイスペシャリスト、ソーシャルワーカー、清掃作業をしてくださる方々、薬剤師、検査技師、放射線技師、売店のおばちゃん、医療事務などなど。
先日、「いつもきれいなシーツをありがとうございました」と、退院の風景を遠くで見守っていた看護助手さんに声をかけてくださった、お母さんがいました。
突然たくさんの視線を浴びた看護助手さんは、照れ笑い。
大勢の医療者は、それを見て大爆笑。

数年前、大学病院で働いていたとき、
「わたし今日で定年退職なんです。お世話になりました。先生、頑張ってくださいね」
と、声をかけてくださった看護助手さんがいらっしゃいました。

何年間も一緒の病棟で働かせてもらっていたのですが、一度も話をしたことはありませんでした。もちろん顔は知っていました。
当時の私は、看護助手さんとコミュニケーションをとる余裕がありませんでした。

あの時、本当にうれしかったです。

どんな仕事も厳しくて、辛いことが多いと思いますが、それでも続けられるかどうかは、こんな些細な少しのアクセントが、いくつあるかで決まるような気がします。


s.kusuki(Just giving 挑戦中 http://justgiving.jp/c/7074 )


facebookでも記事を配信しています。もしよろしければ、『チャイルドケモハウス』で検索し、友達申請をお願いいたします。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント