CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«あやちゃんも頑張ってんで。 | Main | RED NOSE DAY»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
[2009年07月27日(Mon)]

夏本番を目前にして、足踏み状態の日本列島。停滞する梅雨前線の脅威に驚くばかりです。子ども達の夏休みが始まりました。新型インフルエンザの影響で夏休みが短くなった学校もあることでしょう。政局は夏の陣、本戦モードに突入しました。不安定、不確定なことばかりで気が滅入ってしまいますね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

立秋前のこの時期、土用の丑の日に鰻を食べる風習は江戸時代に始まったようですが、夏に売れない鰻屋さんの発案だそうです。今年は、7月19日と31日の二日あります。皆さんもおいしい鰻を食べて暑い夏を乗り切ってください。

さて、本物の丑(牛)の話です。明治の文豪、夏目漱石は晩年に、当時新進気鋭の芥川龍之介に宛てた手紙の中でこう言います。「牛になる事はどうしても必要です。われわれはとかく馬になりたがるが、牛にはなかなかなり切れないです。(中略)あせっては不可(いけま)せん。頭を悪くしては不可(いけま)せん。根気ずくでお出でなさい。(中略)牛は超然として押して行くのです。何を押すかと聞くなら申します。人間を押すのです。」

私たちも、どっしりとした、着実な前進を大切にしたいと思います。

先日報道された漱石のお家騒動、漱石は怒っているような気が私にはします。そう言えば、今年は丑年でしたね。暑さきびしき折、くれぐれもご自愛ください。

by Ohta

参考文献:三好行雄編「漱石書簡集」(岩波文庫)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント