CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«Tシャツ・アート展2009 | Main | かあちゃんの幸せ»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
闘いを続けていくこと [2009年07月01日(Wed)]

大変ごぶさたしております。
息子、結人が昨年7月に臍帯血移植をし、
経過は良好だったものの腫瘍マーカーが上がりだしたのは
昨年12月でした。
次に再発すれば、完治を目指す治療は難しいというのは
医療者の方々と私たち親の暗黙の了解でした。
なので、どうしてもしてほしくなかった再発。(実際には3度目の再発です)
その現実に向き合い続けて、半年が過ぎました。
この間、チャイケモの事務局の仕事の一切は任せ、治療に打ち込ませてもらいました。
治療といってもいわゆる大学病院で行なわれる標準治療(化学療法、
放射線、手術、移植)を行なってもしぶとく出て来たがん細胞にたいしての
治療に、はっきりとした計画はありません。
その時、その時、効果的な治療を考えていく必要があります。
インターネットで情報収集をする日々。化学療法のタイミングなども
先生と相談し、うまくいくときもあれば効果が出にくいときもあります。
結人が元気な顔をしている時はやっていけるのですが、
顔色が悪かったり、しんどそうな時は不安で不安でたまらず、
経験者のお母さんに電話をし、大泣きします。
お子さんが天国に行ってしまったお母さんに言われた言葉、
「がんばれるのがうらやましい。がんばれるんだから
がんばって!」。
結人のブログ記事にたいしてのありさパパさんのコメント
「闘いを続けていきたいよ。ね。応援してる♪」。

どんな励ましよりも強く、背中をおしてくれるそんな言葉に、
「よし、まだまだがんばるぞ〜!!」と力が湧いてきます。
天国に行った子どもたちとそのご家族からのエールのおかげで、
前向きに、闘いを続けている毎日です。

またいろいろご報告させて下さい。

亜紀子
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント