CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«先進国なのに、、、 | Main | 小児がんサバイバーの生命保険@»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
春の詩 [2009年03月26日(Thu)]

春到来ですね。いかがお過ごしでしょうか。
山は青くして花は然(も)えんと欲す。杜甫の詩から。自然の爆発的なエネルギーを感じる季節です。

華やかな季節の始まりですが、別れと旅立ちの時期でもあります。
名曲「なごり雪」の作詞者の伊勢正三さんは、その後、別れの詩のつもりだったが、実は旅立ちの歌と気づいたそうです。

時間は立ち止まりません。瞬く間に過ぎていきます。
今(こ)の春も看(ま)のあたりに又過ぐ。

幸か不幸か時はめぐっていきます。
以下、中島みゆきさんの「時代」から。

そんな時代もあったねと いつか話せる日が来るわ
あんな時代もあったねと きっと笑って話せるわ
めぐる めぐるよ 時代はめぐる
別れと出会いを繰り返し
今日は倒れた旅人たちも
生まれ変わって 歩き出すよ

杜甫は都落ちした旅人の身で、都に帰る夢を持ち続けながらこう続けます。
何(なん)の日か是(こ)れ帰る年ぞ。

by Ohta

絶句 杜甫

江碧鳥逾白 江は碧(みどり)にして鳥は逾(いよいよ)白く。
山青花欲然 山は青くして花は然(も)えんと欲す。
今春看又過 今(こ)の春も看(ま)のあたりに又過ぐ。
何日是帰年 何(なん)の日か是(こ)れ帰る年ぞ。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
太一父さま

コメントありがとうございます。
今日一日を大切に精一杯、きっと良いことがあると信じて。
Posted by: Ohta  at 2009年03月28日(Sat) 06:14

先生、今日のコメント、今の私の心境にどんぴしゃでした。
いつもこころ温まるお話し、ありがとうございます。
次回もきたいしています!
Posted by: 太一父  at 2009年03月26日(Thu) 14:45