CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«関西テレビ「アンカー」 | Main | 先進国なのに、、、»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
がんを生きる7 [2009年03月24日(Tue)]

息子、ゆうとの闘病を温かく励まし続けて下さった方々の中に、新聞記者の方がいました。
記者の福田さまの記事は、私たち家族を元気づけてくれるものも多く、この場をおかりして是非みなさまにも読んで頂きたいと思い、毎日新聞の許可の下ご紹介致します。
亜紀子

◆2008年07月22日  毎日新聞掲載

がんを生きる:/13 小児がん 「魔人が暴れだした」/抗がん剤の副作用と闘いながら成長

 阪大病院に入院し、乳幼児に特有ながん「神経芽腫(がしゅ)」と闘う茨木市の田村結人(ゆうと)君(7)。人気アニメ「ドラゴンボール」に例えた闘病生活は、円滑にスタートした。結人君は主人公・孫悟空で、がんは難敵の魔人ブウ。寂しさや苦痛に向き合うつらさは、なかなか手ごわいものだった。

 「かあちゃん、魔人ブウが暴れだした気がする」。今月初旬のある日。結人君はこう言うと寝転び、熱、痛み、苦しさに襲われ、吐き気と軟便でほとんど眠れない夜を過ごした。抗がん剤の副作用だった。血液検査をしたところ、確実に効果が表れていた。「今、やっつけてるで! 結人、勝ってるで!」。主治医や両親の応援を聞きながら、結人君はひたすら耐えた。

 再入院してから、母亜紀子さん(34)は結人君の成長を度々感じた。「いつ帰れるか、先生に聞かなくていいの?」と聞いても「それはかあちゃん、わからへんわ」ときっぱり。「これまでは『帰りたい』って泣いていたのになぁ」と亜紀子さん。しかし、病室はどうしても無機質になりがちで、結人君は学校のクラスメートへの手紙に「一人べやはくらくてさびしいです。空気をきれいにする風をだすきかいの音がうるさいです」と書いた。

 そんな中、院内学級の先生のベッドサイド授業や、子どもの入院生活全般を支える専門職「チャイルド・ライフ・スペシャリスト」の来訪は、結人君の心に潤いを与えている。

  ◇   ◇

 結人君の闘病生活をどう伝えるか。記者と結人君の両親は、取材の度に話し合った。父太郎さん(37)は初対面の時、「結人がどれだけ多くの人に支えられて治療を受け、学校に通えるようになったか。そう考えると、ちゃんと実名で記事に出て、周囲の皆さんに説明したい。ごまかさないんだ、逃げないんだ、と示したいんです」と話し、小児がんへの理解促進のため協力する決意を語ってくれた。今回、厳しい治療を前に、結人君は「これからのしんどい時のことも書いてほしい」と言ってくれた。

 今、その結人君が苦しみに耐えている。太郎さんは「闘病の厳しさを伝えるために」と、ベッドにうずくまる結人君の写真を送ってくれた。現場の厳しさを伝える写真があるなら、それを掲載するのが新聞の基本だ。しかし、載せるべきか迷った。母亜紀子さんは「落ち着いてから、結人の意見を聞いてみてはどうか」と提案した。戦いは長い。今度「攻撃に耐える孫悟空の姿も、かっこいいと思うけど、どう?」と、聞いてみようと思う。【福田隆】=つづく(月曜掲載)

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
闘いを続けていきたいよ。
ね。
応援してる♪
Posted by: ありさ ぱぱ  at 2009年03月26日(Thu) 04:22