CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«がんを生きる5 | Main | AYAの参観日»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
がんを生きる6 [2009年02月17日(Tue)]

息子、ゆうとの闘病を温かく励まし続けて下さった方々の中に、新聞記者の方がいました。
記者の福田さまの記事は、私たち家族を元気づけてくれるものも多く、この場をおかりして是非みなさまにも読んで頂きたいと思い、毎日新聞の許可の下ご紹介致します。
亜紀子

◆2008年07月13日  毎日新聞掲載

がんを生きる:/12 小児がん 「どう戦うかは、オレが決める」/主治医との作戦会議で決意

 乳幼児に特有ながん「神経芽腫(がしゅ)」を持つ田村結人(ゆうと)君(7)=茨木市。5月中旬に阪大病院に再入院し、今月、本格的な治療が始まった。

 今月5日、記者は結人君と電話で話した。「しんどくない?」「しんどくないで。何ともないわ」「いい感じやな?」「いい感じで進んでる」「(病気に)勝てそうやな?」「それはわからへん。たぶんやっつけれるわ、勝てそうや。まあ、わからんけどな」「結人君、強いもんな」「まあな。またテレビゲームやろうな。もう切るで」。相変わらずのクールな「ガキんちょ」口調に、ホッとした。

  ◇   ◇

 結人君は本格的な治療に入る前、自宅に一時帰宅した。そして、6、7月に誕生日を迎える仲良しの友だちに、プレゼントを渡した。ある友だちは、玄関口まで来てくれた。感染防止のため、近づくことはできない。それでも2人は、ラジコンのゴキブリを飛ばし合ったり、頭に虫取り網を掛けたりして、30分間ほど遊んだ。2〜3メートル離れたまま遊ぶ様子からは、子どもなりに、互いを思いやっていることがよく分かった。そして、こう告げた。「オレ、明日からしんどくなるから、しばらく会われへんからな」。船乗りのような粋なセリフを残し、結人君は決意を固めていった。

 この連載でも何度か紹介しているが、結人君は、人気アニメ「ドラゴンボール」になぞらえて闘病生活を送っている。結人君は主人公の孫悟空。がんは、相手の力を吸収しながら強くなっていく手ごわい敵「魔人ブウ」だ。

 きつい抗がん剤を使う前に、主治医との「作戦会議」が開かれた。個室に移り、外泊はできない。結構きつい治療になる。主治医はこう説明し、「1人で戦うんじゃない。みんながついている」と言葉を添えた。結人君は真剣に聞き、「最初は弱気なふりで行って、後で本気で行った方がええな」と作戦を決めた。「どうやって戦うかは、オレと(主治医の)先生で決める。かあちゃんたちはいい情報があれば、くれるだけでいい」。こうして、治療はスムーズに始まった。【福田隆】=つづく

トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント