CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「夢のプレイルーム」毎日新聞記事 | Main | チャイケモ2009»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
がんを生きる2 [2008年12月30日(Tue)]

息子、ゆうとの闘病を温かく励まし続けて下さった方々の中に、新聞記者の方がいました。
記者の福田さまの記事は、私たち家族を元気づけてくれるものも多く、この場をおかりして是非みなさまにも読んで頂きたいと思い、毎日新聞の許可の下ご紹介致します。
亜紀子

◆ 2008年04月21日  毎日新聞掲載

がんを生きる:/2 小児がん 「もっと自信を持とう」/周囲に支えられ、笑顔取り戻す

 桜の花びらが舞い始めた4月のある日、茨木市内の市立小学校で始業式があった。グラウンドには約2週間ぶりに、たくさんの子どもたちの笑顔が並んだ。マスク姿の田村結人(ゆうと)君(7)の姿もあった。

 そわそわムードの中、新2年生のクラスが発表された。先生が「先月まで入院していたお友達もいます」と言うと、結人君は友だちにつつかれながら、照れ臭そうに手を挙げた。「体育の時間にみんなと同じことができない時もあるので、知っていてくださいね」と先生。かわいい声で「ハーイ」と児童たち。結人君は免疫が弱いためマスクが欠かせないが、そうした事情もクラスは理解している。

 母亜紀子さん(34)は「結人は、友だちや先生たちに二重、三重に守られている。本当に感謝しています」と目を細めた。

   ◇   ◇

 結人君は2歳9カ月の時、乳幼児に特有ながん「神経芽腫(がしゅ)」と診断された。亜紀子さんら親族がショックを隠しきれない中、父太郎さん(36)は「自分はしっかりしていなければ」と平静を保った。

 診断後、付き添いの亜紀子さんを病院に残して、一人で帰宅した。インターネットで神経芽腫について調べ、一般的に治療が難しく、予後(病後の経過)も良くないことを初めて知った。客観的で具体的なネット情報は、あまりに残酷だった。「助からない」と思い、夜中に一人で泣いた。その後、太郎さんは仕事を休み、家族を守るために全力を注いだ。

 しかし、大人たちの落ち込みは結人君にも伝わり、そのうち、結人君から笑いが消え、話しもしなくなった。そんな時、ある知人から「結人君をリーダーにして、病気と闘うチームを作ったらどうか」とアドバイスされた。そして、「親がふびんに思うことが、子どもにとって一番つらい。結人も私たちも、何も悪いことはしていない。もっと自信を持って入院生活を送ればいい」と悟った。そこから家族は危機を脱した。

 「これだけつらい経験をしているのだから、今よりも良い医療作りに生かさない手はない」と太郎さん。同じ経験を持つ家族や医師らと力を合わせ、化学療法と生活の場を融合した理想の施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(通称チャイケモ)作りを進めている。【福田隆】=つづく(月曜掲載)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント