CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«祝!!剛直&広子 | Main | 小児がんの子どもたちに夢のプレイルームを»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
がんを生きる1 [2008年12月15日(Mon)]

息子、ゆうとの闘病を温かく励まし続けて下さった方々の中に、新聞記者の方がいました。
「連載記事」「取材」を精神的に負担がかかっている闘病中に受ける事ができるのかなと最初は不安も少しありましたが、記者の福田さんはゆうとへの取材は5分程、あとはいつもカメラをほおったらかしてゆうとと夢中で遊んで下さいました。そんな福田さんの記事は、私たち家族を元気づけてくれるものも多く、この場をおかりして是非みなさまにも読んで頂きたい思い毎日新聞の許可の下、ご紹介致します。
亜紀子

◆ 2008年04月07日  毎日新聞掲載

がんを生きる:/1 小児がん 家族の幸せ、一瞬で暗転/経験生かし理想の医療施設実現へ

 イチローが大リーグ・シアトルマリナーズと正式契約を結び、日本中の注目を集めていた00年11月、府内の病院で3200グラムの赤ん坊が産声を上げた。固く握っていた妻の手を放し、「男の子や!」と声を上げる夫。看護師が体をふくと、赤ん坊は勢いよくおしっこの「噴水」を披露し、お祝いムードは最高潮に達した。指をしゃぶる表情はなぜかしかめっ面で、とにかくかわいくてたまらない。その名前には「人と人を結びつけるような存在になってほしい」との思いを込めた。

 田村結人(ゆうと)君(7)=茨木市=は太郎さん(36)、亜紀子さん(34)夫婦の長男だ。2歳になったころ、走ったり跳びはねたりする動作が、他の子どもより「ちょっと遅れてるかな」と感じたが、「運動が苦手な両親の特徴を遺伝したのだろう」くらいに思っていた。

 夏になると、38度前後の熱が続いた。「夏風邪かな」と思いながらも、鼻水やせきがないことから、納得できないでいた。すると、両目のまぶたが腫れてきた。血液検査の結果の紙を持つ医師の手は震えていた。「鉄分不足ですか?」との問いに「そんな簡単なもんじゃない」と医師。結人君はみるみる弱り、おなかがふくれた。そして、2歳9カ月の時、乳幼児に特有のがん「神経芽腫(がしゅ)」と診断された。おなかのふくらみは、腫瘍(しゅよう)そのもので、がんの段階は既に最も重い「ステージ4」だった。亜紀子さんは取り乱し、泣きわめいた。太郎さんは結人君を動揺させまいと、努めて冷静さを保った。当たり前の幸せが突然、暗転した。

   ◇  ◇

 発病から4年半が経過した3月末、記者は大阪大学病院の小児科病棟に、結人君を訪ねた。同じ入院中の友だちと頭をくっつけて、ゲームに夢中だ。自宅に外泊することもあったが、ようやくこの日、退院となった。化学療法などの効果で、地元の小学校に通えるまで回復したが、完治したわけではない。退院後も通院治療に加え、マスク、手洗いなど感染防止策は欠かせない。結人君は、医師や看護師、院内学級の先生たちに笑顔で見送られ、跳びはねるように病棟を後にした。

 田村さん家族は、がんをきっかけに、同じ経験を共有するたくさんの人々と出会い、思いを分かち合ってきた。名前に込めた思いを反映するように、結人君が生み出した人の縁は、化学療法の場と生活の場を融合させた理想の医療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」(通称チャイケモ)の実現に一歩ずつ進んでいる。【福田隆】=つづく(月曜掲載)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
おととい(12/17)の夕方、
病院駐車場への道でばったりお会いしたjunkoです。
(市民活動センターでお隣のデスクを借りていました)
元気なゆうと君に会えて嬉しかったです。
ゆうと君が教えてくれた新聞記事、早速読みましたよ。
これからもますます元気になってくださいね。
Posted by: junko  at 2008年12月19日(Fri) 00:43