CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2周年記念チャイケモイベントを終えて | Main | チャイケモステッカー»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
子どもの頭の中 [2008年11月13日(Thu)]

オープンエンドというのは、投資や教育の世界の用語のようですが、語源をそのままとって「終わりが開いている」という意味で考えてみます。宇宙は誕生以来、膨張を続けるオープンエンドの世界。過去は閉じた世界ですが、未来はオープンエンド。いつまでも果てしなく続きます。インターネット(ウェブ)上の情報量も際限なく増え続けるオープンエンドの世界でしょう。

夏目漱石の「三四郎」の主人公は、大学進学のため田舎の熊本から上京する車中で、ある男性に「熊本より東京は広い。東京より日本は広い。日本より頭の中の方が広いでしょう」と言われます。そうです、人間の脳は無限のオープンエンドの世界です。

そして、子どもの未来もオープンエンドです。限りなく広がる可能性を秘めています。心身ともに健やかに育って欲しいと願うばかりです。

少し前の外来で、1歳の時に発病した病勢の進んだ神経芽細胞腫の患者さんを診ました。私はしばらく病院を離れていたこともあって、5、6年振りでした。その患者さんは中学生になっていました。笑顔ではきはきと受け答えする姿を見て、私は涙が出てきました。

私が医学生だった頃、卒業前に志望する科を決めなくてはなりませんでした。私はあまり迷わず小児科を志望しました。その理由は割と単純でした。子どもには未来があるから。当時、実習で接した子どもたちには泣かれっぱなしで、同級生から「小児科に向いてないで」とからかわれていました。

今でも当時の気持ちに変わりありません。自分が関わった子どもたちが、夢を抱えながら大人になってくれるのを感じることができるだけで充分です。

子どもたちの頭の中は、きっと地球よりも広いと思っています。

by Ohta
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
まつ様、ありがとうございます。
子どもたちやご家族の方が、少しでも心の安らぎを持てることを私たちも願っています。
Posted by: Ohta  at 2008年11月22日(Sat) 06:45

大田先生も書き込みを読むのが大好きです!
ふと、一人の人間として考えさせてくれる時間をもたせてくれるからです。

子供達も人間誰しも、素晴らしい可能性をもって生きていると思います。
なので、自ら命を絶つ人を本当に残念に思います。
子供が小児がんになってから、もっと強く思うようになりました。

先生が看護師さんが泣くことはいけないことなのでしょうか?
ある時は人間らしく、患者と家族と泣いて欲しいと思います。
少なくとも私はそうでした。
家族も精一杯、我慢して日々を過ごしています。
時には泣いて、楽になりたい時もあります。
そんな気持ちにそっと寄り添ってもらいたいと私は思いました。

患者さんと寄り添える大田先生の存在は、長期入院している小児がん患者、そして家族にはとても貴重な存在だと思います。
先生のお逢いできて本当によかったと思います。

大人の私達も地球より広い頭と心を持ち続けたいと思います。
Posted by: まつ  at 2008年11月16日(Sun) 13:42

I さま、Yuuki 父さま、コメントありがとうございます。
医療者も、親御さんも、子どもたちを暖かく育んでいきましょう。
Posted by: Ohta  at 2008年11月15日(Sat) 06:41

Ohta先生、ホント良いお話ですね。
まさに子供の頭の中は地球より広い感じがします。

1歳の時に診察した子供が、しかもその病気が小児がんであった子供が何年かぶりに再会したら中学生だったなんて、まさに医者冥利に尽きるでしょうね。

私の息子も私も、出来るだけ早くOhta先生に会わなくて済むようになりたいものです。

それは決してOhta先生が小児科医に向いてないからという訳ではありませんから・・・(苦笑)
Posted by: Yuuki父  at 2008年11月14日(Fri) 22:11

子どもには未来がある!!
私の小児科志望理由も,まさに同じでした.そして,13年目の今もそのことに元気づけられて,小児科っていいなあ.と思って仕事をしています.
いつも,パワーをくれてありがとう.と思います.
オープンエンド.いい言葉ですね.
Posted by: I  at 2008年11月14日(Fri) 13:11

太一父さま
コメントありがとうございます。
子どもたちの爛々と輝く目は素敵ですね。
Posted by: Ohta  at 2008年11月14日(Fri) 07:26

先生、いつもながら良いお話しありがとうございます。
私も同感です!子供には未来がある。
純粋さが大好きです。
自分がこの世に生まれてこの世の役に
たてるなら、未来を担うオープンエンドな
子供達のためになにかできたらと思います。
Posted by: 太一父  at 2008年11月13日(Thu) 11:54