CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«先生の給料いくら? | Main | 鏡»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
「自分の力で」 [2008年10月22日(Wed)]

一昨日、ゆうとはマルクの後の傷が珍しく痛み、自分で立つこともできない状態でした。
(ほとんどの場合、マルクの傷跡は痛みません)
車から私が抱っこで降ろすと、痛いのと悔しいのとで私に捕まりながらポロポロと涙を流していました。痛みがつらいのだと思う私は、早く痛みをとってあげようと痛み止めをすぐに用意しようとしました。

「痛み止めを飲んだら、らくになるよ」と早くお薬を飲むようにすすめた時のゆうとの言葉に驚きました。

男の子「かあちゃん、おれ、自分の力で治したいねん」
女の子「え?」
男の子「かあちゃん、くすりは大事やし、痛いのん治るのもわかるねんけど、おれ、自分の力で治したいねん」
女の子「え?それって、今の痛いのんもやけどもっと手強い敵でも?」
男の子「それこそやん!」
女の子「・・・・・」

移植中、移植後、お薬によって痛みを軽減したり、感染を予防したりということがどうしても多くなります。
飲み薬が増える負担もありますが、ゆうとはお薬を避けたいというよりも、本当に元気な体になりたいのでしょう。
お薬によってではなく自分で自分の体をコントロールしたい、という気持ちをその言葉から感じました。
ゆうとの涙は、痛みもありますがそれ以上に自分自身の体が自分の意思や行動とは全く別のところで痛くなったり、元気になったりしていることへの悔しさが大きかったのかもしれません。最近、お薬に頼りがちな私でしたが、ゆうとの力もきちんと見てあげないといけないな、、と思いました。

たくさんの人に助けられていることを身にしみて感じているゆうとが「自分の力で」と言ったことを大切したいです。
なかなか難しいですが。。。
また我が子に新たな課題を突きつけられた気分ですバラ

亜紀子ひまわり



トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
arsa papaさんコメントありがとうございます!9日、来て下さるんですね。私も一日中いますよ!お会いできるのを楽しみにしています!
Posted by: 亜紀子  at 2008年11月06日(Thu) 22:22

生きる力、信じましょう♪

昨日は、病院で仲良くなったT君がきてれました。

9日にいかせていただきます。ママは???
Posted by: arisa papa  at 2008年11月06日(Thu) 02:28

kazukoさん、コメントありがとうございます!闘病中にこうしてチャイケモの応援やブログを見て下さっていることは、とても嬉しくて「がんばろう!!」という気持ちになります。再発は親にとっても初発とは違う悩みやつらさがたくさんあると思います。でも、前をむいて進めばきっと道は開ける!そう信じています!kazukoさんも無理をされないように、、私は再発治療中は初発より省エネで手抜き気味で過ごしています(笑)
Posted by: 亜紀子  at 2008年10月26日(Sun) 09:49

チャイルドケモハウスのことを知ってから時々こちらのサイトを覗いては、陰ながら応援しています。
私の息子も現在神経芽腫の再発で闘病中です。
ゆうと君、本当に頑張っていますね。自分の力で治す!という強い気持ちが絶対に病気をやっつけてくれると思います。変なたとえですが、「酸っぱい物を見ただけで唾が出てくる」、、この現象ひとつとっても、心で思うことが体に及ぼす影響が大きいことがわかりますウインク自分が治す。ものすごく大切なことだと思います。ホント、すごいです!!
Posted by: kazuko  at 2008年10月26日(Sun) 09:08