CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«各種報道について | Main | 「生命とは何か」»
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
秋桜 [2008年10月06日(Mon)]

きのうの日曜日、全国的にぐずついたお天気でした。私は小雨のなか、大阪府北部にある、とよのコスモスの里を訪れました。見渡す限りにコスモス(秋桜)が咲き乱れ、圧倒されました。少し離れたところには曼珠沙華(彼岸花)も負けじと直立不動で立っていました。

園内には5,6体(人?)のおしゃれなかかし(案山子)が我が物顔で立ち、秋祭りの練習でしょうか、和太鼓を打ち鳴らす音も聞こえました。近くの田んぼには稲藁が行儀良く立ち並び、深まる秋を感じて帰ってきました。

ご存知「千の風になって」の原詩(作者不詳)には、こんな風に書かれています。

I am a thousand wind that blow.
I am the diamond glints on snow.
I am the sun on ripened grain.
I am the gentle autumn rain.

私は吹きわたる千の風になって。
雪に輝くダイヤモンドになって。
実った穀物に映える太陽になって。
優しく降る秋の雨になって。
(つたない Ohta 訳で申し訳ありません)

先人たちが苦労を重ねて培ってきた稲作。実りの秋の田園にも、先人たちが風になって、雨になって私たちを見守っています。

by Ohta
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント