CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«またまたパブコメ | Main | 本日締め切り»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
なつやすみ [2008年07月20日(Sun)]

夏休みが始まりましたね。
去年の夏休みは、ゆうとは再発がわかる直前で何も知らず、虫あみをもって外を走り回り、
毎日ラジオ体操に学校のプール、剣道、そして海へ旅行、、と夏休みを満喫していました。
3才で発病して以来、一番元気に楽しく過ごした夏休みでした。
子どもにとって一番楽しい「なつやすみ」。自分の子どもの頃を思い出しても、楽しい思い出がたくさんです。
でも、この夏、ゆうとは腹痛と下痢とともに夏休みを迎えました。
7月11日に移植をし、その前処置のきつい化学療法(抗がん剤治療)のために、全身の痛みと下痢、吐き気、高熱との闘いの日々が、10日以上続いています。
開きづらい口を開いて「かあちゃん、、、なつやすみおわってしまうなぁ。。。」と言います。
私はあふれそうになる涙を必死でこらえ、「ゆうと、大人はなつやすみって夏休みにお休みとれへんねんで。夏休みじゃないときに、お休みにするねんで〜」というと、看護師さんが「そうそう、私の夏休みは先にとったからもうおわちゃったぁ」と気の利いた一声。
「そうなんやぁ。。」という少し意外そうな表情のゆうと。
「ゆうと、ゆうとの夏休みはこの部屋から出ておうちに帰れるようになったら夏休みにしよう!院内学級も学校も休んで、ゆうとの夏休み!!」と言うと、痛みをこらえてにっこり。
「でも、、このお部屋にいるうちに夏休みの宿題しておこうか、夏休みはあそびまくりたいもんね!」というと「ひっさんもする。」とゆうと。(ゆうとは算数が苦手です笑顔

今日、入院生活に必要な物を買いにショッピングモールに行きました。
夏休みに入って、海などに旅行に行く準備の買物をしているようなご家族を見るたびに、正直涙が出そうになります。
「なんでかな、、なんでこんなに違うんかな。。。」と思ってしまいます。楽しそうに見えるご家族でもそれぞれ見えない悲しみがあるだろうから、そんなふうに思いたくないのですが、まだまだ未熟な私です悲しい
ゆうとだけが可愛そうなのではありません。
先日病棟に七夕の笹が飾られ、入院中の子ども達が短冊を飾りました。
短冊には
「プールに入れますように」
「まぐろが食べれますように」
「外であそべますように」
と、ありふれた、どこにでもある日常がたくさん書かれていました。
誰一人として、贅沢なお願いは書いていませんでした。

チャイケモでは、あたりまえのことができない子ども達が少しでも「あ〜、病気になってもいいことあったなぁ」と思えるような瞬間をたくさんたくさん作りたい、、、そう思います。
さぁ、自分たちだけの夏休みを目指して今週もがんばります!太陽
みなさまも夏バテに気をつけて、1週間がんばってくださいね!ひまわり

亜紀子
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
nakimushi_tousanさま、コメントありがとうございました!きっと子どもが入院経験のあるお父さんはみなさん見えないところで泣いているのだろうなぁ、、と思います。応援ありがとうございます!がんばって夏休みを迎えます!
蔭ながら応援しています!さん、いつもコメントありがとうございます。書いて下さっている通り、今の私たちの生活は病気でなければ出逢えなかった人たちに支えられて、笑ったり泣いたりしながらかけがえのない毎日を過ごしていると思います。そう感じながら日々を過ごすことが、きっと本当の支えになるのでしょうね。素晴らしいコメントをありがとうございました!
Posted by: 亜紀子  at 2008年07月22日(Tue) 21:16

結人くん移植されて辛い戦いをなさってて見守るご家族様のお辛いお気持ちよくわかります。。。

当たり前の日常はスゴク幸せな事かもしれませんが、病気を持ちながら生きてても素晴らしい事もたくさんあるし、1日1日がとても貴重な時間に思えるし、健康だったら出会えない出会いだってあります。
無駄に1日を過ごすのではなく、今という一瞬を大切に過ごす事が幸せなのでは??と最近私は思います。

この辛い戦いを乗り越えたら楽しい夏休みがきっと訪れますので、それを信じて諦めず頑張って下さいね!
私も蔭ながら応援して祈っております。。。
Posted by: 蔭ながら応援してます!  at 2008年07月21日(Mon) 11:50

お気持ちよくわかります。

夜、病室の窓から何万もの街の明かりを
見ていると明かりの下では
「みんな楽しく、一家団欒しているんやなあ。。。うちだけが何でこんなん。。。」
と思って、よく泣いていました。
ダメなtousanです。

がんばれ!ゆうとくん
みんな応援しています。
どうか、一日も早く退院できますように
お祈りしています。

そして、「ゆうとくんの夏休み」
早く取れますように。。。



Posted by: nakimushi_tousan  at 2008年07月21日(Mon) 00:21