CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«チャイケモができること 2 | Main | チャイケモができること 3»
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
nayuno
オープンハウスです (11/29) mn
【 模擬家族プロジェクト(看護師対象)の募集! 】 (05/10) かな
8月の建設現場にて (08/28)
24時間テレビ (03/05) まさみさま
新年です! (02/14) s.kusuki
小児がん治療の集約化(後) (02/09) ゆっきー
小児がん治療の集約化(後) (02/07) いつこ
新年です! (01/10) s.kusuki
産科病棟にて (12/05) nico*nico
産科病棟にて (11/29)
最新トラックバック
子どもの気持ちと親の気持ち [2008年06月17日(Tue)]

先日、3週間だけ小児科病棟に医学生の方が来られました。
ゆうともその先生のことが大好きで、たった3週間でしたがとてもよく遊んでもらいました。今週から、小児科を離れ皮膚科に実習に行かれたのですが、午後に小児科病棟に顔を出して下さいました。
「あっ!先生や!」と喜ぶゆうと。私も「ゆうとと一緒に写真をとってくださいますか?」とお願いしました。
先生の横に素直に並ぶゆうとが言った言葉は、
「点滴、撮らんといてやぁ怒り!」
自分とつながっている点滴を写真に写してほしくないというのです。
「わかったよ〜」と軽く流しましたが、何度も「点滴、はいってない?」と言います。
撮った写真はあたかも点滴がついていないようなショットで、ゆうとは大満足でした。

その時はそのことについてあまり深く考えませんでした、ゆうとを寝かせて、こうして1人でコンピューターに向かいながら、ふと気になります。点滴がついているほうが「普通」の病院で、なぜ点滴のことを気にしたのかな、、、

今日、同じ病室の子が「この部屋で1人だけ仲間はずれの子がおる〜」と言いました。
「ゆうとくん! だって、髪があるから〜」
ゆうとは治療の期間が少し空いたので髪が生えていて、他の子は治療中なので髪がほとんどありません。その言葉にゆうとは「そやなぁ〜。おれ、普通に学校行ってる子みたいに髪あるもんなぁ〜」と、とても嬉しそうでした。

そんなゆうとの姿を見ながら、複雑な気持ちになります悲しい
これから長くて厳しい治療生活、元気な頃の生活から長く離れてしまうなら、できれば病院の生活に馴染んでほしい、点滴だって、髪の毛だって、どうだっていいと思ってほしい、病院で親友をたくさんつくってほしい、、、最近そんなふうに思ってしまいます。

病院でも楽しそうにしているゆうと。髪がないときも帽子もバンダナもかぶらず、平気そうなゆうと。IVHカテーテルの管をつけながら、地元の学校に行っても何も気にしていなかったようなゆうと。でも、口に出さなくても「元気になりたい、元気になってみんなと同じように早く学校に行きたい」と思っているのだなぁと感じてしまう場面があります。そんな時、親はどんなふうに自分の気持ちを整理し、どんなふうに子どもを支えていけばいいのかなぁ、、と、まだまだわからないことが多いです。
少しずつでも、子どもの気持ちに寄り添えますように、、、太陽

亜紀子
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント
りょうママっちさん、コメントありがとうございます!そうですよね。子ども同士の世界は親と向き合っているだけでは解決できないことを自然になくしてくれるような力があるように思います。ゆうとも、初発の治療終了後、2年間の幼稚園生活は本当に満喫しました。いっぱいお友達を家に呼んで、ライダーごっこしまくってましたよ(笑)みんなより背が低かったり体力がなかったり違うところは多かったのですが、そのことよりも楽しいことのほうが多かったようです。また幼稚園のお話、楽しみに待っていますね!まずは、退院決定おめでとうございます!
Posted by: 亜紀子  at 2008年06月19日(Thu) 00:57

こんにちわ。とうとう・・・ついに・・・やっと・・・どの言葉が適しているかわかりませんが、4階から退院が決まりました。「拍手やったぁ!!」と喜び「ここ取れる?(カテを触り)」と満面の笑い笑みでDrに聞いているチビちゃん見ながら、うれしい反面困った不安で・・・私の気持ちをよそに「幼稚園行けるねぇ〜。一人で行けるからママお家で待っとき!!」とえらそうに言われました。
幼稚園・・・私は来年でも、と思っていましたがこんなに行く気満々のチビちゃんの気持ちを大切に、私たちの思いで規制するのもよくないし、男の子子供は男の子子供女の子の中で過ごす時間が楽しく星大切だろうなぁと。
でも、やっぱり病院Drと相談しながらになりますがね落ち込み

ブログ楽しみにしています。
また、携帯メールさせてもらいます。



Posted by: りょうママっち  at 2008年06月18日(Wed) 11:35