CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«本日、記者懇談会を開催! | Main | 祝い目出度»
プロフィール

もりりんさんの画像
Google
明日は明日の風が吹く WWW
最新記事
http://blog.canpan.info/keikomori/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/keikomori/index2_0.xml
<< 2013年02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
山谷ホスピス「きぼうのいえ」 [2007年04月20日(Fri)]


昨日、マスコミ取材に同行した山谷地区の「きぼうのいえ」。ここはマザーテレサの「死を待つ人の家」の日本版を目指して造られたホスピス。

ホスピスと言えば、暗くて重いイメージがあるのに、話をさせてもらった利用者の方も、ボランティアの方も、スタッフの方もみな明るい。

利用者一人一人が歩んで来た道は、出会わなければ小さな道に過ぎなかったのだけど、今日、出会って、それぞれの生きて来た道の重さに驚く。

写真は雑誌でも紹介されていた方で、「きぼうのいえ」についてこう語った。

「体が悪けりゃ、医者に行けばいい。ここは心と心の触れ合いの場なんだ。」

また、施設長の山本雅基さんが良い人なので、スタッフにも良い人々が集まる、と。

**********

急なお知らせとなりますが、本日、この山本雅基さんの講演会が開催されます。
関心のある方は、是非、ご参加ください。
  公開講座&体験!現場の問題解決ミニワークショップ
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              【社会起業編】

     ホスピスで社会起業 “きぼうのいえ”の無謀な試み
      〜格差社会・高齢化・問題解決への道とは?〜

         2007年4月20日(金)19:30〜21:30
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「放っておけない!」
 「緊急になんとかしなければ!」

 機動力が求められる場合には、自ら、ヒト・モノ・カネ・情報を
  マネジメントして、身を投じて行動する。
  その姿勢に共感した仲間と協働して問題解決に挑む。
 それが、社会起業です。
  
 --------------------------------------------------------------
人生の目標を失って、いまでいう「ニート」のような生活を送り、
 うつ病に苦しんだ時期もあった山本雅基さんが出会ったのは、
 1985年「日航機墜落事故」のニュース。
 
 『放映される映像のある場面でぼくの目は釘づけになった。恋人を
  失ったらしい男性が、その死を自分の親族に伝えている場面である。
 「○○子が死んじゃった」
 受話器を持ちながら嗚咽するその姿を見ていたとき、ぼくの心に
 ある決意が起こった。
 「ぼくは、こういう地獄のどん底に突き起こされたようなひととともに
  歩こう」「ぼくの生き方はそれ以外にない。このようなひとの悲しみを
  減らすためだけに生きよう」』

 衝撃を受け、突き動かされて、ドヤの街、山谷にホスピスを建てる
 ということを思いついた。そして、本気で考え、実際に行動に移した。
 
 「山谷でホスピス始めました!」山本雅基著での一節です(『』内)。
 ---------------------------------------------------------------

 社会起業とは何か?きっと、講師の山本さんの凄まじい生き方に触れる
 ことで紐解けるのではないかと思います。

 後半は、山本さんが現在抱えている課題を参加者の皆さんと一緒に議論し
 問題解決に挑むミニワークショップをしたいと思います。

 ぜひ、ご参加お待ちしています!

 一新塾事務局
  森嶋伸夫


  ----------------------------------------------------------------

  テーマ:『ホスピスで社会起業 “きぼうのいえ”の無謀な試み
           〜格差社会・高齢化・問題解決への道とは? 』


  講 師: 山本 雅基 氏(「きぼうのいえ」施設長 )

  日 時:2007年4月20日(金)19:30〜21:30

  会 場:一新塾セミナールーム
      [住所]東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
      [地図]http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

  参加費:一新塾現役生→ 無料

  定 員:30名(先着順)

  申込み:末尾フォーマットにてお申込みください。

  主 催:NPO法人 政策学校 一新塾 事務局 
      http://www.isshinjuku.com/
      メール iss@isshinjuku.com
   TEL   03-5765-2223

  ----------------------------------------------------------------


【プログラム予定】

 19:30〜20:20 山本雅基氏 基調講演
         『山谷でホスピス始めました〜「きぼうのいえ」の無謀な試み』
           
20:20〜20:40 質疑応答

20:40〜20:45 ワークショップ課題説明
        ●山本さんより現在抱えている課題について
          「現状の問題」と、こうあって欲しいと望まれる「ビジョン」
を示していただきます。

20:45〜21:00  ミニ問題解決ワークショップ
         ●山本さんより示していただいた問題を解決し
          ビジョンに向かうためのアクションプランを
          参加者同士で知恵を出し合い考えます。

21:00〜21:20  ワークショップ成果発表&山本さんコメント

21:20〜21:30  総括 


≪講師プロフィール≫

 山本 雅基 氏(「きぼうのいえ」施設長 )

 1963年生まれ。
 1985年、日航機墜落事故のニュースに接したことをきっかけに聖職者を志し、
 1995年上智大学神学部を卒業。大学卒業後、「NPO法人ファミリーハウス」の
 事務局長を務める。2001年、「ホームレスのためにホスピスを建てたい」と考え、
 看護師の妻とともに活動を開始。妻の貯金を元手に銀行から資金を借り、各地の
 キリスト教教会や、多数のボランティアの後援を得て、2002年4月、緊急一時
 保護施設「なかよしハウス」(全11室11床)を開設、2002年10月、在宅ホスピス
 ケア対応型集合住宅「きぼうのいえ」(全21室21床)を開設

 ●「きぼうのいえ」とは?

 東京の下町、通称「山谷(さんや)」に開設された在宅ホスピス。
 ホームレスや路上生活者など身寄りがなく病や人生の苦難のうちにある人々に、
 あたたかい食事と終のすみかを提供し、社会資源の活用による看護と介護に
 支えられながら看取りまでの最期の時を家族のようにともに過ごしています。

 居室は全室個室で、各部屋にテレビ・冷蔵庫・エアコン・洗面台などが完備。
 QOLの向上をめざし、ミュージック・サナトロジー(音楽による看取り)、
 リフレクソロジー、ティーサービスなどを提供しながら、その人の自由な
 生活時間・生活空間を尊重しています。

 在宅ホスピスとしての「きぼうのいえ」の試みは、山谷地域の支援活動に
 とどまらず、社会資源を有効に活用したターミナルケアの新たなモデルとして
 注目されています。また地域に開かれたホスピスは、死の実相を生活の中に
 還元し、豊かな生のあり方を見つめ直す場として、広く社会にも大きな意義を
 もたらすものとなるように願っています。

 2006年1月、特定非営利活動法人〈NPO〉申請中。

 ◎参考ホームページ:http://www.kibounoie.info/
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/21416

コメントする
コメント
甲斐三雄様

甲斐様のおっしゃる通りですね。

いろんな大変な出来事(仕事とか、、くらいしか出てこないのがさびしいところではございますが)は、全て学びの機会と思えば、感謝、感謝ですよね。
大切なことを再確認させていただきました。

時々、また遊びにいらしてください。笑いハイビスカス
Posted by: 甲斐三雄様←森啓子  at 2009年07月05日(Sun) 17:55

“一人が皆のために、皆が一人のために”

            心
           感謝
Posted by: 甲斐三雄  at 2009年06月23日(Tue) 10:38

さすがーっちゃんと新聞をチェックしていらっしゃいますねー(^O^)/
私の、というより広報チームが毎日配信している「日本財団ブログ・マガジン」がきっかけで、夫人は「きぼうのいえ」への訪問を希望され、実はそのマスコミ対応で現場に足を運んだのでした。
その時の話はまた今度会った時にね♪(^O^)/
Posted by: 森啓子→wanikoさん  at 2007年04月23日(Mon) 18:36

昨日かおとといの新聞に、ここを首相夫人の安部昭江さんが訪れたと載っていました。日本財団のHPで見て知ったとか書いてた。森さんの広報の成果!?
Posted by: waniko  at 2007年04月22日(Sun) 01:14