CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
令和初めての川柳教室 [2019年05月24日(Fri)]
画像924.jpg

令和になって初めての川柳教室に、昨日行ってきました

令和元年5月
宿題:小説
小説に書きたい過去の浮き沈み
小説に教わることの多き事
小説の猫が人間観察を
猫が見た人間世界というて書く

宿題:てきぱき
船長がてきぱき指示し網入れる
てきぱきと組体操で動く子ら
組体操子らの動きがてきぱきと
てきぱきと投げて守って打てカープ
鍋奉行この時だけはてきぱきと

席題:眼鏡
伊達眼鏡かけて弱気を見せぬよう
裏切られついかけだした色眼鏡
度の合わぬ眼鏡でボケル頭まで

この中から、当日は、各お題とも3句を提出してきました。
この中で、 小説の猫が人間観察を
この句 に関して選者の一人が (猫が人間を観察するという事もあるのかなー)言っていましたが、先生はさすがに、イヤイヤこれは(吾輩は猫である)という小説の事を詠んだ句だよ・・と 言ってくれました。

そのとおり、さすが先生と、内心思いました。

まあ、そんなこんなで、楽しいひと時を過ごしてきました。


Posted by 森 勝利 at 15:57
この記事のURL
http://blog.canpan.info/katu/archive/335
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml