CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント

町田せせらぎフラワー通り (11/08)
ツツジが満開 (05/16)
胡蝶蘭の花が咲きそろいました (03/27)
冬眠からの目覚め (03/27)
あけましておめでとうございます (01/22) 山陽ウィール・チェアー 空です
中秋の名月 (10/25)
この暑さに負けず (08/05) 井上孝子
春のほのぼの三人展 (03/30)
来年の干支「亥」 [2018年12月19日(Wed)]
画像802.jpg

竹細工を習い始めて最初に作ったのが「子」ネズミさんでした。
今年作ったのが、イノシシ、
考えてみると、干支で言うと一回り、12年になりました。

今回のイノシシには、今までで一番苦労しました。
何度試作しても、なかなか形にならず、お手上げ状態でしたが、

画像786.jpg

画像794.jpg

何とかイノシシに見えると、無理やり自分で思うようにして、作品としました。

今年を振り返ってみると

今年の漢字一文字であらわされた「災」が、私自身にも、ぴったり当てはまる一年であったような気がします。

来年は、この竹細工のイノシシを飾って、良い年になるよう、猪突猛進、努力したいと思います。
Posted by 森 勝利 at 16:08
バリアフリーツアーセンターブログ転載パート2 [2018年12月17日(Mon)]
12月10日呉高専バリアフリー授業の一環として調査実習をしました。

以下ブログより
呉高専「福祉工学」で構内バリアフリー調査をおこないました

寒いですね。瀬戸口です。さて、10日㈪に呉高専へ行き、構内バリアフリー調査に
参加してきました。前回3日「バリアフリーとは何か」という講義を瀬戸口が担当。
講義を受けて、学生さんに調査計画を立ててもらいました。
そして、車いすに乗っていざ調査へ。なれない車いすで構内をあちらこちらへ。

一枚目の写真。このスロープ、見た目よりも傾斜と長さがあります。
上り下りするのは結構大変。
画像801.jpg

二枚目の写真。駐車場。限られた敷地を有効に使いつつ、車いすでも
乗り降りしやすくするには、どうするか?知恵の絞りどころです。
画像800.jpg

三枚目の写真。ドアを開閉して部屋への出入り、これがなかなか難しい。
立ってる時と、座ってる時では力の入れ方が変わります。
力任せにあちこちぶつけると、建物も、車いすも、なにより人間も傷つきます。
画像799.jpg

車いすに慣れるのに一苦労の学生さん達ですが、
車いすの扱いに慣れたぐらいではまだまだ暮らしにくいのが
世の中です。開けづらい扉が閉ざすのは部屋の向こうにあらず。
たった一枚の扉が生きる喜びを閉ざすこともあるのです。
設備を付けたり、心がけるだけではバリアフリーにはならないというのは
そういうことです。次回は1月、学生さんの発表が楽しみです。
以上
※転載の際の制約から写真の位置が実際のブログとは変わっています。

今回は二班に分かれての調査でした、私たちの班では調査個所に関して、法律、基準、ガイドライン等細かに調べて調査する、調査票が作成されており、それに従って調査を進めて行きました。
その過程で、基準やガイドラインには適合しているけれど、障害の程度によっては、これでは利用できないのでは等々、色々な疑問も話し合いながらの調査となり、質の高い調査実習ができたと感じています。
この様な経験を、社会に出てから専門的な職場で活用していただければ、そこしづつでも社会のバリアフリーが進んでいくのではないかと、期待しているところです。

こうしてバリアフリーの推進に力を注いでくださる、呉高専の先生に感謝です。













Posted by 森 勝利 at 16:58
呉高専の授業に参加 [2018年12月14日(Fri)]
画像795.jpg
NPO法人呉サポートセンターくれシェンドのバリアフリーツアーセンターブログを転載させてもらいました。

今年も呉高専「福祉工学」の授業に参加してきました。

2018年12月04日 16:11 呉バリアフリーツアーセンター
コメント(0)
早いものでもう12月。まちのあちこちに見られるクリスマスカラーや
イルミネーションに気持ちが盛り上がります 。

さて、今年も呉工業高等専門学校専攻科の授業にお邪魔してきました。
12/3は、当センタースタッフの瀬戸口が「バリアフリー調査の計画と実施について」
バリアフリー研究会 代表 森 勝利氏が
「バリアフリー研究会の取組みと呉の街のバリアフリーについて」ということで
お話をさせていただきました。

瀬戸口は、一口に「バリア」と言っても、その在りようは多様なもので
日々の暮らしに大きな影響を与える。それゆえ、「バリアフリー」もまた
生活全般に関わるものである。広い視野の下、専門知識と技術を生かし、
課題に向き合う力をつけてほしいという話をさせていただきました。

次週はバリアフリー調査の様子をお届けします。  以上。

私も昨年に引き続き、呉高専の授業に参加させていただきました。

この様に、呉高専では、バリアフリーに関する教育にも力を注いでくれています。
本当にありがたいことです。

この学生さんたちは、来年卒業という事で、皆さんそれぞれに社会に巣立っていくわけです、
専門の知識を持った学生さんたちが、それぞれの職場で活躍する中に、バリアフリーやユニバーサルデザインの考え方を取り入れて、活躍していただければ、少しづつでも住みやすい社会が、広がっていくことと思います。
学生さんたちには、今回の授業を今後是非とも生かしていただきたいと願っています。




Posted by 森 勝利 at 15:58
異常気象の産物か? [2018年12月08日(Sat)]
画像780.jpg

今年は、異常気象が続いているのか、7月の豪雨災害があり、いまだにご苦労のつづいている方も多い中、12月になっても観測史上初めての最高気温を記録とか、色々なニュースが報道されています。
その中の一つでしょうかドコモ提供 台風

画像783.jpg

我が家のベランダでは、ガーデンシクラメンのそばで、アジサイの花が咲き始めました。

画像781.jpg

アジサイは、梅雨時に普通に咲きましたので、その後剪定をし、普通に育てていたのに、2か月前から急に蕾が大きくなりはじめ、今現在花が開いています。

今日は急に寒くなったので、アジサイもサンルームに入れて、少しでも寒さを和らげたいと思います。

何時まで花を咲かせてくれるか、見守っていきたいと思います。







Posted by 森 勝利 at 17:05
町田せせらぎフラワー通り [2018年10月29日(Mon)]
画像766.jpg
画像749.jpg

今年も「町田せせらぎフラワー通り」(黒瀬川下流の堤防)に、コスモスが花を咲かせてくれています。

画像753.jpg

さすがに、今年の夏の豪雨災害と猛暑の影響があったと見えて、例年ほどの立派な花は育っていませんが、それでも自然の力というものはすごいですね。
近づいてみると結構きれいな花が咲いています。
画像751.jpg

不思議なことに、この花ではなく、何故か道路面に蝶が止まっていました。
変わり者の蝶でしょうか・・・

画像750.jpg
またそのすぐ側には、今までに見たことのないトンボが、これも又地面に留まっていました。
本当に、ちっちゃな、ちっちゃな、トンボで、はじめはトンボとは気づきませんでした。
珍しいトンボではないかと思います。

画像762.jpg
画像762.jpg

土手下は土石流の堆積があり川面が少なくなっていますが、こんな所でも鵜が岩の上で羽を乾かしていました。
と、いう事は、この様なところでも小魚がいるという事でしょうね。
自然の生き物の生命力ってすごいですねー
画像758.jpg
画像757.jpg









Posted by 森 勝利 at 16:19
見事に熟した柿の実が [2018年10月24日(Wed)]
画像767.jpg

いつの間にか秋になりましたね。
残っていたのか、残していたのか、枝の先に、きれいに熟した実が一つ下がっていました。

穏やかな風景ですが、
このすぐそばの黒瀬川下流域には夏の豪雨災害の傷跡が生々しく残っています。

画像746.jpg

画像748.jpg

画像747.jpg

画像745.jpg

この地域は11月末には整備されるという事ですが、この少し上流は、まだまだ大変な状況でした。
画像765.jpg
画像755.jpg
画像763.jpg
画像764.jpg

この様な状況で川のほとんどが土石流で埋め尽くされている状況です。
この様な状況で、またも大雨が降った時一体どうなるのかなと心配です。

この様な状況の中ですが渡り鳥のカモの姿が見えました。

画像760.jpg
画像756.jpg

今までとは環境が違うぞ・・と、少し戸惑っている様子が見受けられました。

画像754.jpg

サギも一羽、周囲の状況を確認するかのように首を伸ばしてあたりを見回していましたね。

本当に災害の無い日々が送れるように祈るばかりです。








Posted by 森 勝利 at 16:43
秋の蝶 [2018年10月04日(Thu)]
画像742.jpg

俳句の季語にもある「秋の蝶」

花から花に飛び移る、春の蝶のような華やかさは無いですが、1ヵ所に留まる時間も長く花と一体になっているのかな、と云う美しさも感じられます。

この景色にぴったりの俳句に出会いました。
一瞬の景色を見事に表現しているなと、感じる一句です。

花びらになつてしまひし秋の蝶 作者 山本静子 記載誌 狩

この様な場面に出会い感動して、それを 5・7・5 の 17音で 見事に表現する( ^ω^)
凄い方がいますね。

同じ場面に感動し、カメラと俳句という、違った方法ですが、表現した方がいたという事に、なんとなく親しみを覚えたひと時でした。

画像743.jpg

画像744.jpg










Posted by 森 勝利 at 15:34
彼岸花が [2018年09月27日(Thu)]
画像739.jpg

さすがに彼岸花ですね exclamation&question

異常気象の熱い夏を過ごしたにもかかわらず、
お彼岸に合わせて、咲いてくれています。

画像738.jpg

道路のヘリの片隅ですが、毎年咲いてくれますね。

画像740.jpg

この花を見ると、秋を感じます。

暑さには強いはずの、南国土佐生まれの私が、今年の夏の暑さに加えて、豪雨災害に遭い、体調を崩していただけに、秋の訪れを感じ、元気を出そうと、自分に発破をかけているところです。
Posted by 森 勝利 at 16:03
もう秋・・・ですね [2018年09月18日(Tue)]
画像733.jpg

今年の夏は、暑さと豪雨と災害との戦いに明け暮れました ふらふら
もうやだ〜(悲しい顔)

そんな中でも、自然の花たちは頑張っているのですね。

自分の命をつなぐのに、精一杯で周りの景色にも目がいかなかったのですが、

この所、自然界が落ち着いてくれ、暑さも和らぎ、心も、ほっとした時間を取り戻せました。

ほっとして、周りを見てみると、もうコスモスが花を咲かしているではないですか( ^ω^)・・・
自然の力って・・すごいですねー

でも・・・よくよく見てみると

画像735.jpg

花弁が欠けています
画像734.jpg

花も小さく、暑さと水不足に耐えたその後の豪雨にも耐え、
それでも花を咲かせたという、一途さが感じさせられます。
画像7336.jpg

可憐なコスモスの頑張りに、生きる力をもらったひと時でした揺れるハート

Posted by 森 勝利 at 17:03
さぎ草の花が [2018年08月28日(Tue)]
画像728.jpg

今年の暑さにも負けず、サギ草が花を咲かせてくれました。

画像723.jpg

暑さのせいか、花は昨年よりは小さいですね。

画像726.jpg

じっくり見ていると、花の影に カマキリさんの姿が目に入りました。
何処から来たのか、今年も挨拶に来てくれたようです。

画像724.jpg

この暑さの中でも、しっかりと命をつないでいるようです。
暑さに負けず頑張ってほしいですね。

上に目をやると、お盆過ぎから声を聴かなくなっている蝉の抜け殻が、小さな枝の先にしっかりと止まっているではないですか。

画像718.jpg

画像719.jpg

私自身、豪雨による断水以後、体調を崩して、ぐずぐずしていましたが、
この様な、花や虫たちが、暑さの中でも元気に頑張っている姿を見て元気づけられました。

げんきをだすぞ・・・わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい)
Posted by 森 勝利 at 15:36
| 次へ
プロフィール

森 勝利さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/katu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/katu/index2_0.xml