CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«地震お見舞い感謝 | Main | 新サイト開設»
プロフィール

さんの画像
カタツムリ
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
岡山NPOセンター川上
ウォンウィンツァンさんコンサート (08/26)
ソルティはかた
人生、最高の書斎にて (08/15)
ごとう
やっと発刊! (07/14)
pnetねこ
蝶の舞う海 (05/22)
さいとう
絆が苦手 (05/13)
最新トラックバック
NPODay (06/11)
月別アーカイブ
リンク集
石原都知事の暴言 [2011年03月16日(Wed)]
ただいま仙台は静かに雪が降っています。冷えてきて、避難所にいる皆さん、暖房手段がない皆さんには厳しい夜になっています。

真っ暗闇でベッドに寝ていると、揺れを感じてはガバッと起きてしまいます。地震の揺れが続いていますから、一晩中この繰り返しです。

ところが、繰り返しているうちに、乗り物酔いみたいな状態になり、自分の心臓の鼓動によるカラダの揺れが、まるで地震による揺れに思えて、やはりガバッと起きてしまいます。起きてから苦笑しています。


石原慎太郎都知事の「我欲」「天罰」発言は許せないですね。たった今も、福島原発の爆発で、放射能が飛散した地域に居残った人々がいるのです。チェルノブイリの事故の時も同じでしたが、住み慣れた大地を離れたくない、老齢だから諦めている、どこにも行くところがない、などの理由です。

そんな方々が「我欲」にかられた日本人でしょうか?そんな方々に「天罰」がくだるでしょうか?彼らの頭上に死の灰、放射能を振り撒いている原発の電気は、そういうことを言っている石原慎太郎都知事を頭とする「東京的なるもの」によって消費されてきたのです。「我欲」とは、この「東京的なるもの」の謂でしょう。

知性とは、自らを疑う能力のことです。石原の国士を気取った発言は、知性とは正反対のものです。

わたし自身も含めて「東京的なるもの」にどっぷり浸かった自分を疑うことなしに、この事態を糧とすることはできません。

石原発言が、政治的なスキャンダルにもならず放置されているわが国の状況が、ほんとうの危機でしょう。かつての「三国人」発言も、ドイツなら人種差別で逮捕されます。

石原の「我欲」「天罰」発言を許すことは、数十万人、いや数百万人を越える被災者を冒涜するものです。

石原は、翌日にはたちまち「謝罪」したようです。
「謝罪」ではなく、辞職を求める声が、都庁に殺到して欲しいです。

コメントする
コメント