CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2006年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平田
イチイの由来 (03/15)
Heidi
イチイの由来 (03/14)
平田
乳房杉と自動販売機 (10/21)
赤沼@隠岐実行委員会
乳房杉と自動販売機 (10/20)
じむきょくちょー
アーバンスコップ (10/12)
平田
葦船と花壇 (08/08)
BEN
葦船と花壇 (08/08)
草鞋(わらじ)
葦船と花壇 (06/29)
草鞋(わらじ)
キャンドルナイト (06/27)
最新トラックバック
当事者であること [2006年09月06日(Wed)]
先週ボズニアからきた友人のプロジェクトコーディネートをしてくれたTさんが、お礼を言いに畑にやってきた。

律儀な男だ。

「ここは誰かがボスになっているわけでもなく、みんなが役割分担をスムースにしているところがすごいよね」
と、大学生などを取りまとめる立場から分析。

「みんなが当事者意識があるんだね。そういう状況を作るのってとても難しいけれど、ものすごいパワーを産むことをまざまざ見せてもらった」

・・・当事者意識ですか。

自分の居場所があり、自分の役割を探し、身の丈にあったかかわりをしていて、なおかつそれがハーモニーを奏でている。
お互いがお互いを支えるために、汗かくことをいとわないファミリーのような畑の仲間達。

「それってすごいことだね」

律儀な男に、見過ごしそうな、大切なことを教えてもらった。
ありがとうございました。
Posted by 平田裕之 at 23:32
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kataribe/archive/56
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/55178
 
コメントする
コメント