CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2006年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

さんの画像
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
平田
イチイの由来 (03/15)
Heidi
イチイの由来 (03/14)
平田
乳房杉と自動販売機 (10/21)
赤沼@隠岐実行委員会
乳房杉と自動販売機 (10/20)
じむきょくちょー
アーバンスコップ (10/12)
平田
葦船と花壇 (08/08)
BEN
葦船と花壇 (08/08)
草鞋(わらじ)
葦船と花壇 (06/29)
草鞋(わらじ)
キャンドルナイト (06/27)
最新トラックバック
葦船と花壇 [2006年06月28日(Wed)]

通りに面した葦船花壇が人気を呼んでいる。

昨年、河川浄化活動の一環として作成した2艇の船だが、
「生命の儀式」
をして命を吹き込んだ大切な仲間なので、川に浮かべ終わったからといってむげには出来ない。

ということで、畑で第2の人生を送っている。

通りに面したこの場所は、かつては空き缶やレジ袋のポイ捨てスポットだったが、これだけゴージャスに整備されたいまではポイ捨ては、ほとんどみられない。

「ブロークン・ウィンドウズ理論」はNYだけでなく、ここでも証明されたわけだ。

かわって立ち止まる見学者が増えた。

通りがかった人は、しばらくこの物体の意味がわからない。
「??」
人は、自分の経験を超えた状況に出くわすと思考が停止するものだ。

看板をしばらく眺めたあと

「この船が写真の船なのか?」
「この葦船が本当に浮かぶのか?」
「水は漏れないのか?」
「何で出来ているのか?」
「何で花壇なのか?」

などなど、質問の嵐を浴びせる。

一方で、子供たちはその意味がすぐにわかるらしい。

「遊べるか、遊べないか」

頭で考えるのではない。匂いをかいで判断するのだ。

葦船はすぐにシーソーになった。母親も混じって遊んでいる。
「そんなことしちゃだめでしょ!」
などと無粋なことを言わず、一緒になって遊ぶ母親の子育て方針は素晴らしい(でも隣の家のフェンスに上るのは注意して欲しい)。
彼らの中から、サッカー日本代表のFWが育てば、得点力不足は解消されるかもしれない。
こうやって、花壇として観てもらい、遊び場として乗ってもらい、彼らは朽ち、その役割を終える。
生みの親のひとりとして、その過程をともにしている喜びを感じている。

Posted by 平田裕之 at 10:39
この記事のURL
http://blog.canpan.info/kataribe/archive/38
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/55162
 
コメントする
コメント
BENさん。
ご無沙汰しております。コメントありがとうございました。
葦舟進水式ではすっかりお世話になりました。おかげさまで彼女たちは今でも元気です。
葦舟が重すぎてボートが左右にドリフとする様子は伝説です。
またやりましょうねー。
Posted by:平田  at 2006年08月08日(Tue) 18:31

平田さん、ご無沙汰しております。
葦舟進水式でレスキューを担当させていただきましたBENです。
メール拝見して、ブログを読ませていただきました。
あの葦舟が花壇として利用されているなんて、素敵なアイデアですね。
平田さんとスタッフの皆さんのお人柄が表れていて嬉しくなりました。
また、どこかでご一緒できる日を楽しみにしております。
Posted by:BEN  at 2006年08月08日(Tue) 10:43

平田さん、

「草鞋(わらじ)の緒」へのコメントありがとうございました。
葦船の花壇いいですね♪
奥に見えるのが説明の看板ですね!!

森林整備ボランティアの場合も、こどもたちの自然体験プログラムでもそうですが、楽しければいいという事業から、何のために行っているかをちゃんと学ぶ、楽しく学ぶという姿勢が大事ですね。

郷土学事業は、いくつかの課題から発生した事業ですが、実際には「地元学」という言葉がすでにあって、それに触発、影響されてます。ほぼ同じですが、ちょっと幅広く解釈してはじめてます。

事業を通じて、いままで見えていなかった日本の農山村地域の課題が見えてきました。と同時に、日本の良さに惚れなおしているこのごろです。
Posted by:草鞋(わらじ)  at 2006年06月29日(Thu) 12:51