CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

講座奮闘記

参加した講座と学習記録です。


<< 2007年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新記事
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/kaoda61/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kaoda61/index2_0.xml
学校議会熊本版 [2007年01月21日(Sun)]
オバパト隊の活動の中で、たどり着いた「学校議会の設立」。数ある活動の中で私のイチ押しはこれです。しかもこれに、ごく自然に地域の一員として参加されていることに、まず一番驚きました。

地域の安全、特に子供達を守ろうと立ち上がって始まったオバパト隊の日頃の活動。それに感謝の意味を込め子供達から学校への招待状が届いたそうです。内容は、子供達の演奏会と給食による会食です。教師主導で行われたのか?子供主導で行われたのか?どうかは別として、なんとも微笑ましい限りです。これが学校議会設立のきっかけです。

【学校議会】とは、
○生徒(6年生各クラスより若干名)
○教師(校長、教頭、教務主任、他関係職員)
○PTA役員、
  地域代表(校区主任児童委員、学校評議員、オバパト隊関係者)
より構成される議会です。

その目的は、【児童の思いを受け止めてあげたい】【先生達の苦しさと立場も守りたい】【保護者の悩みを分かち合いたい】ということで設立されたそうです。

もちろんきっかけは、全国各地で起きたイジメによる悲しい事件です。イジメの事実に対する反応が、児童、教師、保護者でそれぞれことなります。『児童は先生親やには話したくない』『先生はどこまで公にできるかを躊躇する』『保護者は対応する術が解らない』と、それぞれの立場で悩み苦しみ、その取り扱いに苦慮していた時に、この懇親会です。その場で、自然発足の状態で話し合いの場が設けられ、それが【学校議会】の発足につながったようです。

オバパト隊長がおっしゃるには、『今の子供達は話す機会を与えてやれば、自分の意見をわりとはっきり言えます。その場に「自分たちを守ってくれる大人?の知り合い」の第三者がいることにも意味があります。そして、学校議会が「児童」「教師」「保護者」の糾弾の場であってはいけません。』とのことでした。

※もしかしたら、そこに毎日挨拶し合う近所のオバチャンたちがいてくれた。それが、子供達の率直な意見を引き出したのかも知れません。たとえそれが、挨拶だけでもコミュニケーションの下地には意味を持って来るようです。

その結果、学校に【心(魂)の玉手箱】(ポストのような物)の設置がまず決まったそうです。玉手箱の鍵は校長のみが所有し、「大人も子供も直接言いにくいことを郵送」で送り、学校議会で話し合うことになっているそうです。

イギリスの権限委譲の事例を参考にされたのかどうかは別として、この学校議会はまた別物です。権限が与えられている訳でもないのに、立派に形となり成果を上げようとしています。これからの【学校議会】の行方がきになります。

今、小学生の子供達が、やがて大人になった時、パトロールや議会で顔見知りになったオバチャンと、道でなんの躊躇いもなく挨拶し合う姿が目に浮かびます。それだけでもオバパト隊の活動は意味があります。関わり合う事を拒んでいては【治安大国日本の復活】は有り得ないような気がしてきました。


…携帯より…
老いても尚恐るべし [2007年01月20日(Sat)]
70歳にはとても見えない、これまた【年齢認知症?】のパワフル「おばあちゃん」じゃなくって「オバチャン」の話しです。今回は、防犯講座の一貫としてオバパト隊の活動報告として招かれての講演でした。

【オバパト隊】とは、オバタリアンパトロールの略称で、平均年齢65歳の「おば()ちゃん軍団」です。オバタリアンの指す年齢がいくつなのかは知りませんが。私個人的には、【オバパトロール】のほうが、適切ではないか?と思っています。(おご(怒)られっぞ!)

しかし、70歳と言いながらあの「肌艶」「声質」「身のこなし」どれを取ってもお婆ちゃんとは呼べません。昨日に引き続きの【年齢認知症?】私も是非あやかりたいものです。

「ニート問題」の時もそうでしたが、『女性の場合は、さほど心配要りません。時期が来ればたとえ心神耗弱状態にあったとしても、自ら外に出ること(他人に相談)ができます。』って言葉が蘇ってきます。女性の「老いても尚、衰えない前向きな姿勢」これもまた見習いたいものです。
(加齢と共に、ますますパワフルの方が、正確なんじゃ?)

さて、オバパト隊の活動ですが、「小学生の登下校時の見張り」「町内の安全パトロール」「独り暮らしの老人宅の訪問」「町内の危険箇所のチェック」「安全マップの作成」「警察より講師を招いて安全学習会」「オバパト大学の設立」等々、実に多岐に及んでいますが。

その中でも注目が、【学校議会の開催】です。この件は明日改めてご紹介いたします。なんでも、文部科学大臣から召喚されている程の優れものです。


…携帯より…
桃尻桃子 [2007年01月19日(Fri)]
【桃尻桃子】って言っても昨日のブログ、「新型・迷惑メール」の続きではありません。女子プロゴルファー【上田桃子】ちゃんのブログです。しかも、我ら熊本の出身です。

上田桃子ちゃんの父上は、私の所属するNPO河添理事長の同級生でもあり、私の頭の上がらない先輩の一人でもあります。

なんとも『型破りな人間関係構築』の上手な父上様です。バーのカウンターで隣りに座るときは、注意と勇気が必要です。メガネの方は飛んでくる唾で前が見えなくなります。まあそれ位【情熱的】ってことなんですが。たまに父親がキャディをやって親子喧嘩で有名な○○○父より強烈です。たぶん…。

簡単にまとめると!※「シャイ」で「イカレ」た「ファッションリーダー」です…。

【Paisley】と言うブティックの経営をしながら、この頃は手作りの靴も自社ブランドで作っておられます。うちの理事長もそうなんですが「五十路を過ぎてもますますパワフル」老いることを忘れています。これはもう【年齢認知症】です。恐るべし50年代生まれです。

ワールドカップでの今日の試合は厳しかったようですが、あの父上の娘さんです、きっとなにかをやってくれると思います。

『頑張れ桃子! おじちゃん達も郷里熊本から応援しています。』
(ヤバイ呼び捨てになってるし…)
(よい子の皆さんは、「桃子」の後に「ちゃん」を付けてお読み下さい)

結果はどうあれ、何かキッカケを掴んで来て下さい。イジメられたら知らせて下さい。速攻、仕返し対応させて頂きます。外野が騒がしく、必要以上にプレッシャーを掛けられ、大変だと思いますが、是非、試合を楽しんで来て下さい。
(…ってお願いばっかジャン!全然応援になってないし!)

ところで、上田桃子ちゃんのブログの紹介です。【桃尻桃子の「待ってろ世界」】是非アクセスして下さい。「桃尻桃子」で検索掛けても一発で飛んで行きます。


…携帯より…
新型・迷惑メール [2007年01月18日(Thu)]
私は、携帯のアドレスを変えたことがありません。そのため、いつの間にか【闇ルート】に流れ、ありとあらゆる迷惑メールがやって来ます。きっかけはたぶん、○○缶コーヒーの携帯エントリーに応募した時だと思います。景品目的で…。
(わ〜ちっちぇ!ある意味、自業自得かも?)

当時なんの知識もなく無警戒だった私は、個人情報を事細かに発信してしまいました。それからです。出逢い系サイトの標的にされ始めたのは。週末などは迷惑メールの数が50件〜100件、しばらくはその都度【お断りメール】を返信してしまいましたが、ますます着信数が増すばかり。(思う壺じゃん!それってカモ?)

着信拒否で対応しても、どんどんアドレスを変えて送り付けて来ます。それから指定アドレス以外の着信拒否を指定し一年程は、煩わしさからのがれていましたが、携帯の機種変更の際「もうホトボリが覚めたかな?」ってことで、【全てを受信】のまま一週間、信じられない事にまた出逢い系のエッチメールが…。

【削除】【削除】の毎日ですが、それも今や日課です。【気の利いた件名】のみ覗いて削除しています。(…って。見てるんかい!)
昨年、性教育の講座で、講師の先生が言っていた『出逢えない系サイト』の罠に毎日さらされています。とは言っても、返信しなけりゃいいんですから、なんの問題もありません。

しかし、ウッカリ罠に落ちそうな時もあります。というのも。迷惑メールと【気づかす返信】してしまいそうなメールです。以下、送られて来た迷惑メールの件名と本文です。

件名【笹倉真人
本文『1年の笹倉です。医者に、痛むようなら運動は、ひかえてくださいといわれ、今日走ってみたのですが、やはり痛むので、すみませんが、部活を休みます

如何ですか?つい『アドレス間違ってるよ』って返信したくなるでしょう。【人の親切心】につけ込む悪戯な迷惑メールです。『天に代わってお仕置きよ!』
(誰や?お前は!!歳ば考えれ、歳ば!)

私はある意味迷惑メールの達人ですから、【差出人アドレス】を見て『ヤバイ』と判断しましたが、その私でさえ、差出人アドレスが、携帯からのものだったら返信してしまったかも知れません。

人を欺こうとする輩は、何時も【次の一手】を考えています。【人の親切心】にまでつけ込んで【罠】にかけようと狙ってます。皆さんにおかれましても【呉々も御用心】下さい。


…携帯より…
憎めないストーカー [2007年01月17日(Wed)]
昨日のブログ、キャンディーズ解散後「蘭ちゃん」のお宅訪問の続きです。

親切なお巡りさんの指示通り歩いて行くと、リュックを背負った、いかにも挙動不審な人物に遭遇。年の頃なら十八、九?明らかに当たりを伺っています。『こいつかあ〜お巡りさんの言ってた困ったちゃんは…』

『蘭ちゃん家って、ここ?』って聞いてみると速攻、頷く彼。聞けば二週間張り込み中だとか…。ご苦労さん、今なら完璧ストーカーです。その頃は写真週間紙もまだありませんでしたので、パパラッチとも少し違います(しっかりカメラは握りしめていましたが)。ところが、話してみると意外と礼儀正しく、いい奴なんです。しかし、端から見るかぎりでは、やっぱり「怪しい困ったちゃん」です。

ともあれ、蘭ちゃんの家の前。当然インターホンを押すのは私の役目です。ピューと逃げるようにまた隠れるストーカー君を尻目に、大して考えもせず「ピン・ポーン」…すると間を置いて「どちら様ですか?」の声、『居たぞ、オイ!どうする?』って感じでした。とにかく声が蘭ちゃん本人に似てたもんで、メンバーの目の色が変わりました。

しかし、そこは妙に落ち着き、ハッタリだけは一人前の私です。『熊本から来たんですが……。家の前で記念写真撮らせて貰ってもいいですか?』でなんとか切り返し、ピンポンダシュすることもなく、チャンと承諾を受け撮影の運びとなりました。

すると、中から蘭ちゃんのお母様が犬(多分マルチーズ)を抱いて出て来られました。なんでも、「未だに張り込みしているフアンも居るので、家にもなかなか帰って来れない」とおっしゃってました。(お気の毒に)

お母様の抱いて居る犬は、蘭ちゃんの可愛がっている御犬様らしく、それを聞くや否や、我先に犬に触ろうとするメンバー達…(相手は犬だぞ!)蘭ちゃん本人ならともかく…。まったくなに考えてんだか?

私には、その色めき立っ心境ってのが、未だ理解に苦しむ所ではありますが。お母様と御犬様を囲んで『はい、(マル)チーズ』あり得ません。

ところで、さっきのストーカー君はというと、「もう、家に帰ってくれるなら」という条件付きで、御犬様にも触らしてもらい、お母様と犬と仲良く並んで、私がシャッターを押しした。「帰るきっかけが欲しかった」だけだったのかも知れません。

ストーカー君と満足げな仲間たちは、足取りも軽く、蘭ちゃんの家を後にしたわけですが。別に本人に会えた訳でもないのに、お母様と犬で大満足。あり得ません!「それで良いのか諸君!」一人疎外感に浸る私だけが、もしかして本人に「会えるかも」と、本気で思っていたのかも知れません。

※ストーカー、口が苦手な、シャイな奴。
           踏み違えれば、檻の中かな。


以上、30年前のストーカーの中には、可愛い奴もいたというお話でした。
   (違うど。蘭ちゃんの(アイドル)の御犬様は、ストーカーの心も癒すって話だろ?)                          
…携帯より…
キャンディーズ蘭ちゃん家 [2007年01月16日(Tue)]
「キャンディーズ」懐かしい響きです。くれぐれも、南海キャンディーズ?ではありません。確か同じことを熊本の【鳩居堂】の「じょうちゃん」」さんもブログのなかで言っておられました。

私が、まだ義務教育期間中だった頃、「ラン・スー・ミキ」の愛称で親しまれた、国民的アイドルです。
(「ラン・スー」と聴いて「表)をイメージした貴方、もう終わってます)

実は、その中の『蘭』ちゃんの家(実家)を訪ねて行った事があります。キャンディーズ解散後の春に。それも、高一の修学旅行で自由行動の合間に。

自由行動ですので、当然グループ行動なんですが、一番物静かな彼が当日の朝、思い詰めた顔で『蘭ちゃんの家へ行きたい』ともちろん熊本弁で言い出したんです。あっけに取られている私達を尻目に、蘭ちゃんの家までのルート、交通費、所要時間などを事細かに説明し始めました。もう行くしかありません。

その熱意に誰ひとり異論を唱えることも出来ないまま、いざ出発、西荻窪の蘭ちゃんの家まで…。ところが、西荻窪の駅を出て住宅街に入ってみると、どうも言い出しっぺの顔色がおかしい、何処と無く挙動不審に見え、落ち着かない様子。「もしかして?」他のメンバーに悟られないよう、そっと尋ねてみると、詳細な住所は知らないとの事、?「…参った」ここは住宅街。しかも華の都大東京の。住宅の数が半端じゃありません。

が、しかし。思いは通じるもので、警棒下げたお巡りさんが目の前に!躊躇なく「伊藤蘭さんの家を教えて下さい」と切り出す私。しかし、お巡りさんの反応が鈍い。聞けば「多いんだよね、そう言うの。でも、家族の人に迷惑が掛かるから教えてあげられないよ」そこで、すかさず「熊本から蘭さんの家の前で記念写真を撮るためだけに来たんです」(嘘つけインターホン押す気満々のくせに) 
             そうです。押す気満々なんです。

修学旅行見え見えなのにもかかわらず、教えて下さったお巡りさんありがとうございます。30年経った今でも思いでの中で、親切なお巡りさんとして生きています。

【受けた恩は石に刻め、掛けた情は水に流せ】私の尊敬して止まない先輩の口癖だったんですが、今頃どうしていらっしゃることやら…。なにしろ危ない方でしたので…。

って、そんなことより、話の結末はというと、無事「伊藤蘭」さんの家の前で記念撮影となる訳ですが、そのくだりはまたあした。

ところで昨日のジャムおばさん【波乗り講演会】のブログを受けて、一句。
『あら不思議、スリーサイズが均等値』    byお茶の景品

※おごら(叱ら)れっかな〜…。by熊本弁


…携帯より…
難航カテゴリー分け [2007年01月15日(Mon)]
昨日、カテゴリーの欄をいじってみたんですが、難攻不落とは正にこんなことをいうのでしょうか?

アッチを立てればコッチが立たず…。「不登校」「ニート」「虐待」「イジメ」「教育」は微妙にリンクしてますし。 一括りにしまうと、数が増えカテゴリーの意味を失ってしまいそうで…。

「犯罪」「防犯」「だまし」「トリック」「犯罪心理」これまた、複雑怪奇な関わり方でして、軽くめまいと熱(知恵熱)まで…、体はいたって丈夫なんですが、頭脳労働は苦手です。

とは言え、最後は得意の【ヤッツケ仕事】…。『さしより、どっかにほりこんどけ』(適当なカテゴリーに入れとこう)ってな訳で体裁だけは整えました。

呉々も、私のブログの『カテゴリーの欄はクリックしないで下さい』。【危険です】って程ではありませんが、ガッカリすること請け合いです。

カテゴリー名を並び替える事も、名前を変更したり付け加える事も、一旦、旧カテゴリー名を削除してからでないとできないみたいですので(新しいカテゴリーをドンドン下に付け加える事は可能なんですが)、今度、カテゴリー名を熟慮してから再構築するつもりです。それまでお待ち下さい。

CANPANブログの王様達のカテゴリー分けを参考にしながら(特に吹浦忠正先生のBlog)、まとめて行きたいと思っております。

てな訳で、『ごあいさつ』ってカテゴリーに入れるブログが多いんですが、年初めは講座がめっきり少なくなっていまして、頭の中身の薄っぺらな私くしは、ネタ切れ状態にあるという訳です。詰まるところは。ついでにつむじの回りも薄っぺらなんですが…。
(また、自虐ネタかい!)  (カテゴリーに時間食ったもんで…)


…携帯より…
カモリストとNPO [2007年01月14日(Sun)]
1月11日投稿の理事長(個人)ブログ
【STING河添の待ってましたコラム】を受けて一句、

隠れみの、丁度いいなと、いざ申請。意外と使える、N.P.O.かな。 
                            byボッタクリ詐欺師株式会社
(N)難関と、思えば(P)ポロリと(O)オッケー印。 
      コネまで使って、馬鹿を見たかな? byリホーム太郎

(N)なんもかも、(P)ぴらっと、一発(O)オブラート。
 やっぱ、威力が、チゴ(違)とるバイ。(熊本肥後狂句バージョン)

詐欺かどうかは、詳細が分かりませんので、うかつに判断できませんが、わざわざ【NPOの冠】を付けているのが、なんとなく、とかではなく…、ハッキリ言って怪しいです。

相継ぐリホーム詐欺の告発のお陰で、真面目な業者が深刻な「風評被害」を受け、苦肉の策の【NPOの冠】ってことかも知れませんが、それにしても怪し過ぎます。

少なくとも、宮様(皇族方)の名を語って、結婚式をし、新婦45歳、衣装は十二単、でも引き出物はバームクーヘンと、この上なく微妙なんですが、それでもご祝儀をまんまとせしめた○○の宮?くらいの怪しさはあります。
(それでって完璧怪しいジャン!フォローになってないし。)

金銭の支払いが生じるやり取りの場合、まずは疑い、当然の権利として【相見積もり】位は取って見るべきです。特にリホームは。担当の人が『良い人』だからとか、『良くしてくれた』とか、来訪者を迂闊に信じない事です。悪い人に見えるようじゃセールス(詐欺)は成立しない訳で、ある意味「良い人に見える」「優しい人に見える」は、悪徳業者にとって標準装備(必須)であるはずなんですから。

そんな時は、一度【断って見る】ことです。相手の『本性』が垣間見れるはずです。そもそも、良い大人が見ず知らずの、しかも初めてお邪魔したお宅に、何時間も居座るなんてあり得ません。【魂胆】見え見えです。

とは言え、詐欺師集団にかかれば、我々素人は、一捻りです。訪問販売等のプロは、ある意味『口説きの達人(密猟者)』です。そして、千両役者でもあります。見初められたら最後、振り切るのも命懸けです。

『死んだお母さんに似ている』と言いながら、一組20万円を5組、計100万円の布団をまんまと売りつけ、その次は、介護用で良い物があるからと介護専用車椅子を、って?相手は独り暮らしのおばあちゃんだぞーオイ。
(どう使えってんだ!え〜!●責任者出てこ〜〜い!)

悪徳業者の持つ【カモ・リスト】貴方の知人も載ってるかもしれません。そして勿論、貴方のご親族も…。この頃、変なテレホンアポとか、ダイレクトメール、そして、怪しげなセールスマンがよく来る、とおっしゃる貴方。間違って『カモリスト』に載っちゃたのかも知れませんよ。お気の毒に…。

(誰や今頃?え?布団のセールス?? 今、家に来とっとや?)
(??何てや〜?カモリスト見て来たてや?オイ、オイ…)
(笑顔で「はい」て言うな!「はい」て!)
(布団は要らんばってん、喧嘩なら買うぞ。こら!)


…携帯より…
祝バイオ記念 [2007年01月13日(Sat)]
昨日、念願のバイオグラフィーを打ちました。今まで空白だったにもかかわらず、覗いて下さった方々には、大変ご迷惑をお掛け致しました。深くお詫び申し上げます。ついでに、プロフィールにも手を加えておきましたので、暇な方は、是非、覗いて見て下さい。

立ち上げから今日で、二百十ブログ目となりました。昨日、9,000アクセスを突破し、今月中には、10,000を超える勢いです。私の読み辛いブログにアクセスして頂いた方々には、お礼の言葉も見つかりません。
(見つけきらんだけだろが〜ごまかすな!)

ところで、「二百十日」と言えば、昔から農家の三代厄日とされていますが、祭りの時期でもあります。何事も強気に、そして、前向きに考えたもん(者)勝ちです。

いろんな講座に参加するようになって、それが、【確信】になりつつあります。人の心は、ちょっとした事から崩れもするし、より強固に成長したりもします。

そして、「その鍵を握るのは、アナタ?」…??
(それ、和田アキ子?しかも「鐘を鳴らすのは」じゃにゃ〜や?)
失礼しました。その「鍵を握るのは、自分」でしかないのです。

今、どんなに悲しくて辛くとも、自分で立ち上がる【気力の充実】を待つよりありません。その時間を短くできるかどうかで、一生の中の楽しい時間が増えるかどうかが決まるような気がします。

今年の 9月には 46歳になる私ですが、いまだ達成感はありません。客観的に判断すると、もしかすると「負け組」なのかもしれません。

しかし、私の人生は【ディープインパクト型】なんだと言い聞かせ?いやいや、【確信】しながら、日々修行の毎日です。
(くれぐれも「デーブ」ではありませんから!)

クリックするだけではなく、最後まで読んで頂いた貴方、重ねて有り難う御座います。これからも、どうぞ宜しくお願い致します。


…携帯より…
三千円の別れ道 [2007年01月12日(Fri)]
昨日の私のブログ「神様と話す方法」の中の『友人が払ったお礼三千円』のくだりが、「誤解を招く恐れがある」との指摘がありました。

そういえばそうでした。確か10年程前にに問題となった仏教の名を借りた宗教法人は、『相談料三千円』のふれ込みで、まんまと詐欺行為をやってのけました。

その手口はというと、「三千円で相談できますよ」と敷居を低くしておいて、網に掛かった相談者(後に被害者)の直面した不幸や悩み事を聞き出し、『それでは霊視鑑定を』となるわけです。

もうお判りですね。「霊視鑑定料」は別に搾取されるのです。祈祷料や供養料などの名目でバックリといかれる(高額な支払いをさせられる)訳です。

一回の霊視鑑定料で数十万円〜百万を超える金額を請求されます。相談者の懐具合を見て請求しますから、取れると思ったら、「祈祷料」「供養料」から、どんどん名目が増えていきます。

高額な例は「神社?建て替え費用5500万円」「仏像代7500万円」なんてのもあったようです。勿論、重複して請求されますから、億の被害者も当然おられます。
(『神社』建て替えって?アナタ!仏教系のハズじゃ?)
(そこで気づいて下さいよ〜お願いだから…)

とはいえ、詐欺師でも手強いのに、相手は「詐欺師集団」ですから、罠にはまった素人が抜け出せるはずもありません…。

それにしても、人の弱みにつけ込んで、法外な金額を請求する【霊視商法】の類の詐欺事件が後を絶たないのはなぜでしょう。

それは、自分が直面した不幸や困難を、根拠もなく安易に、ご先祖様の霊や、ありもしないような悪霊のせいにしてしまう風潮が残っているからです。

それでは、回避する方法はあるのでしょうか?そのためには、霊を祓うためとか、運勢を良くするために金品を支払ってしまう。そんな行動様式を克服するしかありません。目に見えないものに必要以上に脅えてもしかたありません。

しかし、近親者の霊の存在(昨日のブログ参照)はあって欲しいしものです。仮に近親者以外の霊がついて居たとしても、「それらも含めての今の自分」と思うしかありません。生きてる途中でくっ付いてきた霊があったとしても、それも何かの縁です。上手く付き合って行くしかありません。

それでも気になるようなら、お小遣いの範囲で祈祷して貰えばいいんです。手相を見て貰うように。そして、万が一多額の請求を受けたら、【消費者相談センター】や【警察】に駆け込んで下さい。他にも相談がきているはずです。

そもそも、悪霊なんて居るはずもないんです。万が一居たとしても御先祖様の霊(善霊)が守ってくれるはずです。自分で見えるならともかく、そんな都合よく特殊能力者?にだけ見えるなんてあり得ません。裸の王様じゃあるまいし。

もっと都合よく考えないと、「うつ」になっちゃいますよ。「前向きに、しかも都合良く考える」これに「謙虚な気持ちを忘れない」が加われば、殆ど完璧です。
(なにが?)


…携帯より…