CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«自衛隊トップの河野統幕長がコメント 「適法の範囲で実施している」と居直り | Main | 控訴審判決の要旨を紹介します。»
掲載記事の分類
プロフィール

市民監視さんの画像
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
リンク
最新のコメント
http://blog.canpan.info/kanshi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kanshi/index2_0.xml
最高裁へ上告の申し立て [2016年02月15日(Mon)]

 弁護団は本日、2月2日付の仙台高裁の判決を不服として、上告の申し立てを行いました。合計75名が原告として、再び名を連ねました。代理人弁護士は、全国から増員され、合計164名となりました。
 内容は、1名を除き違法性が認められなかったこと、差止請求が認められなかったことを不服として、合計7500万円(100万円×75名)の慰謝料金と監視の差止を求めるものです。
 原告団長の後藤東陽氏は、記者会見で、1名を除く原告は「名前が出ていなかったから、違法の判決を勝ち取ることができなかった」として、「これでは、一般の人は萎縮して平和運動ができない。監視をやめてほしい」と語りました。

DSC_0013.JPG
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1160608

コメントする
コメント