CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

鹿屋市立鹿屋中学校

 鹿屋中学校ブログへようこそお越しくださいました。ありがとうございます。
本校は平成28年度で70周年を迎えた伝統のある学校です。「自主,自律,協調」の校訓の下,「ともに自己実現に努力する生徒の育成」に取り組んでいます。
 保護者や地域の皆様の温かいご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。


神村学園ミニ説明会 [2018年06月29日(Fri)]
 放課後に神村学園の竹割先生が来校。3年生の希望者だけでしたがミニ説明会が行われました。
 参加者は看護科,調理科志望の女子生徒4名。学校紹介のDVD視聴から始まり,その後は各コースの説明や寮の雰囲気,推薦や専願など受験に関すること,経費の面の話や質問タイムなどもありました。参加者の3年生日高亜里沙さんは「合格率はどのくらいなのか?」という受験生らしい切実な質問もあり,きちんと答えてくださいました。短い時間でしたが,パンフレットでは知ることのできないさまざまな「生の情報」を知ることができ,私立で寮だと経費もかさむところ,さまざまな支援の制度や成績次第では多くの奨学金でカバーできることなど,改めて高校の先生に直接話を聞くことから得る情報は有益であると感じました。
DSC_0070.JPG
7月に入ると,いよいよ高校体験入学も始まりますね。聞きたいことなどもしっかりと事前に準備して,目的をもって有意義な体験にしてもらいたいと思います。なお,体験入学申し込みは29日の朝をもって,一旦終了します。締切厳守ですので,申し込み忘れのないように気を付けましょう。
性教育の授業(3年生)〜「命の大切さ」 [2018年06月29日(Fri)]
 6/27(水)の6校時に3年生を対象に性教育の授業がありました。
 今回は貴島みゆき先生,山口晴美先生が自らの体験談をもとに講話をしてくださいました。
 貴島先生からは今まさに現在進行形で成長しつつあるお腹の中の赤ちゃんの成長についてたくさんのエコー写真とともににクイズも交えて解説。胎児を育てる母親の苦労や喜び,色々な裏話(?)などを分かりやすく話してくださり,時折生徒たちもどよめいていました。「命ができるのは当たり前じゃなく,色々な奇跡がつながって生まれてくる。」…1つの命が生まれてくるまでにはさまざまな人の支えがあることを学ぶことができました。
DSC_0065.JPG
 双子の母の山口先生からも妊娠中の体験談や親としての苦労,喜びをこちらも過去の写真とともに話してくださいました。「出産の際,1人が胃の裏に隠れていた」という話に生徒たちも大笑い。自分のお腹のあたりを見ながら驚いている生徒もいました(笑)。また「子育ては幸せの連続」,「最近は色んなことを話せることが喜び」という言葉からわが子を思う親の愛情が伝わってきたのではないでしょうか。「人間ほど人の支えがないと生きていけない生き物はいない」…みんなも一人で大きくなったのではなく,保護者や家族,周りのたくさんの人々の支えがあってここまで大きくなれたことに今一度感謝し,そのことをこれから恩返ししていかないといけませんね。
心がほっこりするような愛に満ち溢れた1時間でした。
DSC_0068 (1).JPG
 
| 次へ
鹿屋中学校HPQRコード
検索
検索語句
プロフィール

鹿屋中学校さんの画像
鹿屋中学校
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/kanoya-jhs/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/kanoya-jhs/index2_0.xml
リンク集