CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ヒトデ調査ダイビング | Main | 感謝»
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
リンク集
最新コメント
Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02) meganeuwo
タガヤサンミナシのお食事 (09/14) ebiya-M
ハワイ カニある記 (7): イルカ&クジラツアー (02/02) 平池諒子
感謝 (10/26) ryu
月夜と彩雲 (08/31) wiguchi
感謝 (08/22) wiguchi
沖縄生物学会 (05/29) かみさと
宮古シンポジウム (04/23)
ヤシガニ条例 [2011年11月11日(Fri)]
 今日は1並びの日でなにかワクワクする日なのですが、朝から新聞で悲しいニュースをみました。

 多良間村のヤシガニ条例の問題です。
 沖縄タイムス
 産経ニュース

 ニュースからの情報しか分からないのですが、それを読む限りだと、条例文の内容の問題を指摘されたようです。問題点を読んでいると、「〜のように読める」、「採取禁止期間は”毎年”なのかどうか不明」など... 文言の問題ですが、難しいですね(というか、条例が出来て1年半以上経っていて、条例の全文も公開されているのに、今になって指摘するという対応もどうなんでしょうか?「ウチに事前連絡なかったよな」的な....)。おそらく、今後沖縄の各所で同様の条例が出来てくることも増えると予想しての指摘の意味もあるのだろうとは思います。
 条例の制定を促すために、多良間でヤシガニの講演をしたり、禁止期間やサイズの助言をしたりして、多少なりとも条例に関わった者としてはとても心苦しいです。採取禁止期間の部分に「毎年」って書かないといけないとか、さすがに分からなかったですが......少なくとも、村は条例改正をするようなことが書かれているので、そこに希望を持ちたいです。絶滅危惧種にもかかわらず乱獲されている現状を放置しているのが国内や県内の現状ですから、今回の件で問題が無かったとは言えないですが、ヤシガニのために条例まで制定した多良間村の方々の想いはやはり賞賛されるべきことであると僕は思います。多良間が取り組むまで、国も県も研究者も何一つ対策をとってこなかったんですから。ですので、指摘通りに改正さえすれば、このヤシガニ条例が価値を失うことは何らないと思います。しかし、沖縄誌の方の記事は、まるで鬼の首をとったような書き方ですが、そういう背景なんかもちゃんと指摘して欲しいですよね。

 宮古島市の方もヤシガニ条例の制定に向けて、協議会を立ち上げて内容を検討しています。現在、検察と協議を進め、文言の修正などをしているそうですが、そのため、未だ条例の制定には至っていません。今回の件で宮古の進展の方にも水をささなければよいのですが、過剰に反応する人もいるでしょうから、それが心配でならないです。
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
http://blog.canpan.info/tb/314206

コメントする
コメント
 このブログでは基本的にコメントには返信しないようにしていますが(時間がないのと、顔を見ずに議論するのが嫌いなので)、今回のご指摘はとても重要だと思いますのでコメントしておきます。

 tinbergen さんのご指摘やご批判はもっともなこととして受け止めたいと思います。私がその方面にもっと明るければ、ヤシガニのために努力された方々が負担を受ける事もなかったことでしょう(とはいえ、何でもかなんでも知っているということは、実際にはとても難しいのですけれど)。決して軽んじている訳ではないですが、個人としては、ブログに書いたような思いもあるのも事実です。 自身の反省も込めて、ブログは修正せずそのまま残します。tinbergen さんのご批判と合わせ読むことで、ここを訪れた方々が色々な考えをもたれて、それが今後良い方向に進むこともあるかもしれないと思います。コメントありがとうございます。
 多良間の方は、今後、よい条例に改正されることを期待しています。宮古の方は調整をされているそうですので、良い条例ができるのはないかと楽しみにしています。 


 凸担当さん、これまで沢山コメントいただいていたようなのに気づかずすみません。保護区については、これは本当に島の方々との調整が本当に大変だと思います。次の重要なステップだと思います(できたら凄いことだと思う程です)。上記のように、基本的にコメントを返さないのですが、それでも宜しければまた時々覗いてください。
Posted by: 藤田喜久  at 2011年11月14日(Mon) 20:01

「保護区指定に必要な地権者の同意を得る手続きが定められておらず財産権侵害の恐れがある」・・・

これは「地権者の同意がないと保護区に指定できない」のではなく、「結果的に同意が得られなくても、一旦は同意を得るための手続きを経なければならない」と解釈して良いのですよね?

ヤシガニは、地権者だけの財産ではないはずだから。
Posted by: 凸担当  at 2011年11月14日(Mon) 08:39

ヤシガニ条例のニュースから興味を持って、このブログを拝見させて頂きました。

お気持ちは判るのですが、地検への批判的なコメントは、些かお門違いかと思います。

罰則付きの条例に違反した場合、その告発を受理して起訴等の処分を行うのは検察です。
いざ告発をされた時点で、その条例が違憲状態であれば、検察としては如何ともできません。
そのため、罰則付きの条例を制定する際には、自治体は地検に審査を依頼するのが慣例なのです。

今回の沖縄地検にしても、管轄の各自治体が、どのような条例を制定しているのかチェックしているわけではありません。
「ウチに事前連絡なかったよな?」と権威的に難癖を付けたというよりは、「知らないところで何やってんだよ……」と困惑したというのが正解でしょう。

仰るように『文言の問題』ですが、法令というのは『文言』そのものです。
その不備は、法令そのものの不備です。揚げ足取りのように聞こえるかもしれませんが、あまり軽んじないでください。
Posted by: tinbergen  at 2011年11月13日(Sun) 19:13