CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集
最新コメント
藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02) meganeuwo
タガヤサンミナシのお食事 (09/14) ebiya-M
ハワイ カニある記 (7): イルカ&クジラツアー (02/02) 平池諒子
感謝 (10/26) ryu
月夜と彩雲 (08/31)
アダン [2017年08月15日(Tue)]
170812_iheya_adan.jpg

今回は島の方々からの聞き取り調査も行いました。
アダンの料理の話になったので、早速食べてみました。
なかなか美味しかったです。
以前にも食べたことがありますが、その時はイマイチだと思ったのですが。
熟し方の違いだと思いますが、味覚の変化もあるかな?
翌日には料理したものもいただきました。
もずくそば [2017年08月14日(Mon)]
170813_iheya_soba.jpg

伊平屋島に生物調査と聞き取り調査で行ってきました。
お昼にフェリーターミナルの伊平屋漁協直売店で食べた
「もずくそば」は麺がとても美味しかったです。
容器がちぬまん(テングハギ)なところもgood!
月食 [2017年08月08日(Tue)]
170808_lunar eclipse.jpg

今日は沖縄では月食が見れました。3時20分頃の写真。
沖縄地理学会論文賞受賞 [2017年08月04日(Fri)]
 先月末に開催された沖縄地理学会にて、昨年に出版になった論文が、沖縄地理学会論文賞を受賞しました。サンゴ礁地形の新用語「カタマ」を提唱したもので、地理学、生物学、人類学の融合研究となるものです。ありがたいものです。

<受賞論文>
渡久地 健・藤田喜久・中井達郎・長谷川 均・高橋そよ, 2016. 礁前面の凹地「カタマ」の漁場としての生物地形学的評価. 沖縄地理, 16: 1-18.
25周年 [2017年07月23日(Sun)]
170722_stars1.jpg

週末は、大学時代の同級生たちと25周年を祝うビーチパーティをしました。
10年振り以上に会う同級生もいたりして、懐かしかったです。
子供も沢山いて賑やかな時間でした。
ビーパの時間を利用して、名護の夜景と星空の写真を撮ってみました。
北の空を撮影すると良い感じになりますね。
自然 [2017年07月21日(Fri)]
170720_Odo.jpg

先日、大度海岸で孵化して間もないであろうウミガメの子供が浮かんでいるのを見つけました。
アカウミガメだと思いますが、残念ながらすでに死んでいました。
しばらくしてもう一度見に行くと、カニが捕まえていました。
そういうものなんですよね。
小笠原父島での企画展 [2017年07月20日(Thu)]
170717_ogasawara.jpg 2017年7月27日より、小笠原諸島父島の小笠原ビジターセンターにて、「小笠原の海の仲間たち 〜Bonin Blue の生物多様性〜」展が始まります。
 2013年〜2017年にかけて実施された海洋生物調査の成果還元の一環ということです。昨年は、講演会やオープンラボにも協力しました。今回も展示解説原稿や写真提供などで協力させていただきました。2013年〜2017年の海洋生物調査は小笠原諸島で過去最大規模の生物調査ではないかとも言われていたのですが、調査予算などを考えると、調査研究だけでなく、一般への成果還元は必須であると思われます。
 遠すぎて見に行けないのが残念ですが、期間中に父島に渡航予定のある方は、ぜひお立ちよりの上、展示をご覧戴けたらと思います。

 昨年のこの時期は、宮古島市総合博物館で開催されていた企画展「宮古の危険生物」の展示制作をほとんど一人でやっていました。その前は、宮古諸島伊良部・下地島での生物多様性調査の成果還元として、やはり宮古島市総合博物館で「伊良部島・下地島の生きもの展」の展示制作をやっていました。2005年に初めて湧水と生物の企画展の制作をやってから、今回で11回目になります。我ながら良く頑張っていると思う。
月暈 [2017年07月11日(Tue)]
170710_月暈1.jpg

先日は満月でした。ふと空を見上げると月暈(つきがさ)が出ていました。
日暈(ひがさ)とはまた違った趣がありました。
洞窟からの海景 [2017年07月10日(Mon)]
170708_南静園_1.jpg

今回はこれまで調査不足の海岸を歩いてみています。
天気が良くて日中はとても暑いですが、洞窟内は涼しいです。
景色もなかなかのものでした。

月夜 [2017年07月09日(Sun)]
170708_karimata_1.jpg

満月で月明かりがとても奇麗です。海も穏やか。
今回はヤシガニやオカヤドカリの放卵(放仔)を観察しています。
生物も良いですが、景色を見るのも楽しいです。
月夜夜景を色々撮影してみています。
フィールド歩きの幸せ時間です。
| 次へ