CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集
最新コメント
藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02) meganeuwo
タガヤサンミナシのお食事 (09/14) ebiya-M
ハワイ カニある記 (7): イルカ&クジラツアー (02/02) 平池諒子
感謝 (10/26) ryu
月夜と彩雲 (08/31)
屋良部沖海底遺跡調査 [2017年09月28日(Thu)]
170925_no3anchor.jpg

怒濤の夏調査も大詰め。今回は石垣島に来ました。
目的は、名蔵湾北端の屋良部沖海底遺跡周辺の環境確認調査のためです。
ここでは、琉球王国時代(17〜19世紀)の四爪の鉄錨が7つ見られます。
写真は「第3鉄錨」です。長さは1.5mほどあります。
石灰岩(かつてのサンゴ)に覆われていることからも歴史を感じることが出来ます。



170925_jars.jpg

壷屋焼きの壷の密集地もあります。
完全なものもいくつかありました。
これらも石灰岩(サンゴ)で覆われています。
*考古学では遺物に「触らない・動かさない・持ち帰らない」が原則です。
富山ラーメン [2017年09月26日(Tue)]
170922_富山県_大喜_根塚店.jpg

大喜というラーメン屋さんの富山ブラック。
チェーン店のようですが、店毎で大分味が違うそうです。
地元の知り合いの話だと、根塚店のものが良いとのことで、連れて行って頂きました。
これはとても美味しかったです。
沖縄でもおいしい醤油ラーメンが食べれるといいなぁ。
富山の海の幸:げんげ [2017年09月25日(Mon)]
170920_富山_げんげ.jpg

今回は、富山出身の知り合いがいましたので、
地元の美味しいものを食べに連れて行ってもらいました。
「ゲンゲ」という深海魚だそうです。
身のゼラチン質が凄くて、飲み物と言っても良い程でした。
富山 [2017年09月24日(Sun)]
170920_富山ブラック_いろは.jpg

富山県で開催された日本動物学会に参加してきました。
シンポジウムで沖縄の洞窟と海底洞窟の甲殻類の話をしてきました。
富山と言えば富山ブラックラーメンということで、食べてきました。
醤油ラーメン好きなので、美味しくいただけました。
伊平屋島人看板 [2017年09月17日(Sun)]
170911_伊平屋_人形看板1.jpg

今回は田名の民宿に宿泊したのですが、近くの道路に人形の看板が沢山たっていました。
なんだろうと思い、宿のご主人に聞いた所、来月に開催されるムーンライトマラソンの沿道の応援者の代わりだということでした。もともとは私の大学の先生のプロジェクトの一環だということもわかりました。
平御香 [2017年09月16日(Sat)]
170911_伊平屋_平線香.jpg

今回の伊平屋調査では、時間の空いた時に野甫島の井戸の生物調査をしました。
以前からやりたかったのですが、勝手にやってはいけないと思い、
伊平屋村立歴史民俗資料館の職員さんや区長さんらと調整して、やっと今回実施できました。

区長さんからは、「信仰の対象地でもあるので、線香15本と水とお茶を供えて、手を合わせてからから調査をして欲しい」と言われましたので、宿のご主人にお願いして線香を御借りしました。
沖縄の線香は「平御香」と言って、6本が1平になっています。

これまで沖縄の様々な場所で調査をしてきましたが、その際、地域の方々の教えにより、手を合わせたり、お酒を供えたり(垂らしたり)はしてきました。でも線香を供えたことはありませんでした。

野甫島には僕の好きな沖縄がまだ残っていました。
サンゴが元気 [2017年09月15日(Fri)]
170912_iheya.jpg

島に着いたときにはべた凪でしたが、台風が当初の予報の北側を進んだ時のことを考えて、
同行者と協議の上、1日繰り上げて帰りました。
でも、予定していた最低限の調査は終わらせました(さすが、俺)。
伊平屋島はサンゴが元気でした(浅い所は白化も目立ちましたが)。
伊平屋カタマ(ハタマ)調査 [2017年09月14日(Thu)]
170911_伊平屋島_1.jpg

夏の調査旅も後半戦。
まずは、伊平屋島にカタマ(ハタマ)調査に行ってきました。
台風がどうなるか心配でしたが、初日はまだまだ夏でした。

大度海岸:サンゴの白化 [2017年09月13日(Wed)]
170907_大度_サンゴ白化2.jpg

野外実習のため、大度海岸に行ってきました。
浅いところのサンゴの白化が顕著でした。
今年はあまり話題にならないような気がしていますが。
伊良部の漁師料理 [2017年09月06日(Wed)]
170901_グルクン塩浸け1.jpg


調査の合間(潜水調査の水面休息中)には、傭船していた船の船長(佐良浜漁師)が
グルクンなどを釣っていました。
釣れた小振りのグルクンでつくってくれた塩浸け。
斜めに包丁が入れてあって、かぶりつきながら食べます。
伊良部では刺身以外に骨切り(魚を背骨ごと輪切りにする)にして生魚を食べることで知られていますが、
骨のまわりの身がとても美味しいことに気付かされます。
| 次へ