CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

藤田喜久さんの画像
メニュー
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集
最新コメント
藤田喜久
沖縄のエビ・カニ類 (07/07) 高江洲カオリ
沖縄のエビ・カニ類 (07/06) ryoko.h
海藻押し葉 (06/11) Calappa
ホソメドクロカシパン (04/01) 赤サンゴで健康に@よしの
首里城など (10/26) 藤田喜久
タガヤサンミナシのお食事 (10/02) meganeuwo
タガヤサンミナシのお食事 (09/14) ebiya-M
ハワイ カニある記 (7): イルカ&クジラツアー (02/02) 平池諒子
感謝 (10/26) ryu
月夜と彩雲 (08/31)
幸せの四葉 [2017年04月25日(Tue)]
170425_clover.jpg

なぜ年度始めなのにこれほど追いつめられているのか?謎。

歩いているだけで道端の四葉をコンスタントに見つけることができるほどの
幸運の持ち主(笑)のハズのわたくしですが、なんでかな?

週末からはGWですが、みなさんは幸せでありますように。
論文紹介 [2017年04月24日(Mon)]

短報論文が出版になりました。
宮古島からのチョウチンミドロの報告論文です。
見つけてから結構時間が経ってしまいましたが、無事報告できました。


<論文>
岸本和雄・藤田喜久・香村眞徳, 2017. 宮古島におけるチョウチンミドロDichotomosiphon tuberosus (A. Braun ex Kützing) A. Ernst の新たな分布記録. 沖縄生物学会誌, 55: 27-37.
オクラレルカ満開 [2017年04月21日(Fri)]
170420_オクラレルカ.jpg

オクラレルカ満開。

急に忙しくなってる(泣)。
ハマササゲ [2017年04月13日(Thu)]
170312_ikema_hamasasage.jpg

休みが欲しい。

写真は浜辺に生えるハマササゲの花です。
論文紹介 [2017年04月11日(Tue)]
 沖縄のサンゴ礁浅海域に生息するウミシダ類の一種, コキベニノコマチAlloeocomatella polycladia Messing, 1995 に関する論文が出版になりました。このウミシダから抽出された物質が、C型肝炎ウイルス (HCV) NS3ヘリカーゼの阻害活性を示すことが分かっています。自分が学生のころは、化学分野の先生や同級生からは「ウミシダからは色素しかでない」とか言われていたものですが、最近はアルコール抽出物からでも色々と分析できるようになっているそうです。凄いですね。
 ちなみに、このウミシダの和名は、琉大風樹館の棘皮動物目録の中で提唱しました。ウミシダ類は、かつてはコマチ類とも呼ばれていたのですが、現在ではウミシダ類に共生する甲殻類にその名残を感じるのみとなっていました(コマチコシオリエビ、コマチテッポウエビなど)。

 なお、論文はココからDLできます。

<論文>
Hermawan, I., Furuta, A., Higashi, M., Fujita, Y., Akimitsu, N., Yamashita, A., Moriishi, K., Tsuneda, S., Tani, H., Nakakoshi, M., Tsubuki, M., Sekiguchi, Y., Noda, N., & Tanaka,J., 2017. Four aromatic sulfates with an inhibitory effect against HCV NS3 helicase from the crinoid Alloeocomatella polycladia. Marine Drugs, 15: 117. doi:10.3390/md15040117
オクラレルカ [2017年04月11日(Tue)]
170404_okurareruka.jpg

近所のオクラレルカが咲き始めました。
この週末はオクラレルカ祭があったのですが、今年も満開ではなかったですね。
去年の今頃は見頃だったのに、なかなか日程が難しいものです。
今年は3月末になっても寒かったので、そのせいかな?
主催者に知り合いがいたので、今年もお菓子やら民芸品やら色々と戴きました。
来週末くらいが見頃かもしれません。
でも我が子は花よりも、蝶々やグッピーやエビを捕る方が楽しいらしい。
大神島:神様の道 [2017年04月10日(Mon)]
170328_ogami1.jpg 大神島は、島を一周する道路がありません。でも島の周囲を半分くらいまわる道はあります。島の形状的に陸部を一周させるのは難しいので、海岸線に道路があります。道路は、海岸の岩を壊さないように造られていますが、一部は神様の岩なので、それを避けるようにわざと海に道路を通しているとのことでした。
 海岸の道路には、海に降りる階段が割と沢山ありました。左の写真の場所がそうです。海側に突き出たコンクリートの波除(?)がある部分の海側が階段です。




170328_ogami2.jpg 海岸に沿って歩いていたら、一カ所、階段部分の波除を削っている場所がありました。明らかに造った後に削ったものです。気になったので、島の人に聞いたら、「この場所は神様の道なので、通る時に邪魔になるといけないので削った」とのことでした。これはみな気になるそうで、良く聞かれるそうですよ。
 以前、北大東島に行った時に、道路の縁石を削っているのを見かけたことがあるのですが、これはカニ達が放卵のため海に行きやすいようにということでした。大神島は神様のためということで、さすが神の島です。


170328_ogami3.jpg 陸側の大きい岩の間は御嶽(拝所)になっています。なるほど。
大神島:ゴルフカート [2017年04月09日(Sun)]
170328_ogami_cart.jpg

大神島の島民に必要なカート。
大神島の民家は割と高台にあるので、荷物を運ぶときはカートが欠かせません。
荷物が載ってたり、おばぁが乗ってたり。
大神島は現在人口26名だそうです。
島の人曰く「15人くらいになるかなぁ。それからは暫く減らないとは思うけど。」

カートは2台くらいはあるみたいでしたが、古くなってるっぽいのも見かけました。
維持費とか分からないのですが、こういうのの支援もアリなのかなって思ったりしました。
天仁屋の褶曲 [2017年04月08日(Sat)]
170402_syuukyoku.jpg

先日の名護調査の折り、天仁屋の「嘉陽層の褶曲」を見に行きました。
国指定天然記念物です。
陸から見に行ったことはありますが、船だと海岸線をずっと見れるので良いですね。
首里からの夜景 [2017年04月07日(Fri)]
170404_首里夜景.jpg

先日、歓送迎会がありました。とても夜景が奇麗でしたよ。
今日から講義が始まります。
昨年度末仕事もまだ残っているし、新年度は始まるし(泣)
安らげる日が欲しい。
| 次へ