CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
「北は北海道、南は沖縄まで、都道府県、市区町村にある社会福祉協議会(社協)、そこで働く社協職員が日々仕事をする中で、直面するさまざまな「壁」。
自分の力量、周囲の環境、社会と政策の動向…実にいろいろな壁が、私たちの前に立ちふさがってきます。
そんなとき、全国にいる社協職員が、地域、担当業務や立場を越え、ひとりのワーカーとして、学びあい、支えあい、発信する場をつくろうと関西社協コミュニティワーカー協会が発信するブログです。

2017年03月05日

関コミ 災害支援のあり方検討

2017年3月5日(日)
午後1時から関コミ役員と各府県の役員を通じて選出され会員(被災地支援経験者、被災地社協職員)と今期、最初の「関コミによる災害支援のあり方検討会」を開催しました。
この会議は、前期(2016年2月)に開催し、任意団体の関コミとしての災害支援について検討をしました。
出てきた意見を参考に継続した検討を行う最中。。。。4月14日に熊本地震が発災。
関コミ役員会で、対応策を検討し、検討会で話し合われたことを参考に「熊本地震による活動支援金」を会員・賛助会員に案内し、支援金が76,000円集まりました。
現在、この支援金については、熊本県内の社協職員を窓口に支援金活用について、最終の詰め作業を行っています。
image1.JPG
今回の検討会の開催は、経過報告と熊本地震に対する動きをお伝えし、その上で、関コミとしての災害支援のあり方の検討を行いました。

話し合いの中で、タイミングによってニーズが変化する中、どう展開していくか、また柔軟な形で支援ができることを日常から作り上げる必要性などについて意見がだされました。

検討会としての出てきた意見
災害支援金を常設開設し、会員・賛助会員に「会費請求時に案内する」
集まった、支援金で、災害発生時に被災地へ支援を行う。支援する枠組みを一定作っておく
また、会員対象の研修などを開催する。研修は、@被災地へ支援に入る時の心構えにつながる研修(支援力研修)A被災地になった時の心構えにつながる研修(受援力研修)を組み立てる。その時に、被災地で働く社協ワーカーを招いての研修等企画する
という具体的な案が出てきました。
また、役員会を中心の検討だけではなく、もう少し即応的な検討、実行ができる為に役員会とは別に「災害支援のプロジェクト」のメンバーを募りそこで支援や研修の検討ができるよう体制を作っていくという開コミの運営につながる意見もでてきました。

今後、具体的に役員会で整理し、手続きを経てカタチにしていきたいと思います。
posted by たっかん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | プロジェクトの動き

第19回 全国社協職員のつどいの開催地決定

2016年2月27日、28日に「第18回全国社協職員のつどい」を福岡で開催しました。第19回大会は、関西圏で開催します。

開催時期 : 2018年(平成30年)2月3日(土)、4日(日)
開催地  : 奈良県 奈良市内

現在、奈良県内の社協ワーカーによる「実行委員会」を結成。
2017年1月29日に第1回実行委員会を開催し、毎月1回ペースで会合を開いて検討をしています。

みなさん、2018年2月3日、4日。奈良でお会いしましょう。
今後、詳細はブログでご案内をしたします。
posted by たっかん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国のつどい

2017年01月17日

広がる自主研ネットワーク

16106083_1385027231562066_2024437172_o.jpg関コミでは様々な企画を大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀エリアの会員の中から選出された役員が分担し、各府県エリア内の会員等と協力して様々な企画を立てています。
2017年1月15日に関コミ役員会で以下の内容の報告が滋賀の役員からレポートがありました。

昨年(前期)、新任職員のつどいを滋賀県内の役員及び社協ワーカーで企画し、沢山の参加を得て開催しました。
その時の企画メンバー中心に、滋賀県内で若手の集まる場をつくっていきたいと、話し合ってきました。その第一弾として「どんな場があるといいのか?」という意見を聞くため、県内の5年目までくらいの職員に呼びかけて1月14日に集まる場を実施しました。
県内の18人の社協職ワーカーが参加して、今悩んでいることやこれから学んでみたいことについて話し合うことができました。
今後、企画会議を行って、具体的な進め方についてい検討する予定です。

以上の内容でした。滋賀の役員は当日、寒波の影響を受け、役員会には出席できませんでしたが、関コミ会長あてにメールで連絡があり、役員会で報告することができました。

滋賀県内でも自主的に集まる場、社協ワーカー同士がつながる場が展開していきそうです。16107742_1385027088228747_1494388453_o.jpg
posted by たっかん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | (カテゴリなし)

2016年11月30日

第18回全国社協職員のつどい報告書完成

2016年2月27日、28日に福岡で開催しました第18回全国社協職員のつどい、2日間の様子をまとめた報告書が完成しました。
image101.JPG
関西社協コミュニティワーカー協会会員・賛助会員
第18回全国社協職員のつどい参加者、関係者のみなさま、などに順次発送させていただきます。
手元に届いたみなさんからの感想をこのブログのコメント欄でお待ちしています。
image100.JPG
posted by たっかん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国のつどい

2016年06月20日

災害活動支援金 募集期間の延長について(平成28年7月15日まで延長)


関西社協コミュニティワーカー協会では、4月14日に発生した熊本地震につきまして、「復興に取り組む社協職員に寄り添い、個々の社協ワーカーのつながりを生かしたかたちで行動したい」と考え、活動支援金を平成28年5月18日〜6月15日までの期間募集を行ってきましたが、この度、募集期間を平成28年7月15日まで延長することになりました。
みなさまのご理解とご支援をよろしくお願いいたします。

1 募集期間   平成28年5月18日(水)〜 7月15日(金)

2 納入方法   別添チラシ裏面をFAXにより関コミ事務局に送付したうえ、募集期間中において、下記の通りご送金ください(1口1,000円より)。
(1)郵便振込……下記の口座にお振込み下さい。
     口座番号 00930−7−89040
     加入者名 関西社協コミュニティワーカー協会
 (2)現金払い……役員、事務局等にお支払い下さい。

3 その他    払込取扱票の通信欄に「熊本地震活動支援金」と必ずご明記ください。

4 お問合せ先  兵庫県社会福祉協議会
〒651-0062 神戸市中央区坂口通2−1−1 兵庫県福祉センター内 
          TEL:078-242-4634 FAX:078-242-0297 (担当:石井・戸田)

※現在、平成28年6月17日確認で、57,000円の支援金が集まっています。
 現在、活動支援金の使途につきましては、被災地の社協ワーカーからのご意見をいただいたり、支援金に協力して頂いた方々からのご意見などを参考に役員会で検討しています。

今回、支援金にご賛同していただいたみなさまからの「被災地の社協ワーカーへの応援コメント」の一部をご紹介させていただきます。

「本当に毎日お疲れさまです。遠くからですが、今できる形で応援させていただきます!お体に気を付けつつ、これからも地域の方々の支えになってください。」(社協ワーカー

「一日でも早くリフレッシュできますように。」(社協ワーカー)

「連日のご奮斗、大変ご苦労様です。健康に留意されてご活動ください」(研究者)

「フロントで支援に奔走する皆さま、お疲れさまです。”支援する人”への後方支援のエールを関西より愛をこめて送ります」(研究者)

支援金募集チラシver.3.pdf支援金募集チラシver.3.pdf
posted by たっかん at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 役員会・事務局からの連絡

2016年05月18日

熊本地震「社協ワーカー活動支援金」の募集について(お願い)

2016年5月18日

関西社協コミュニティワーカー協会 会員各位

関西社協コミュニティワーカー協会
会 長  高橋 俊行



熊本地震「社協ワーカー活動支援金」の募集について(お願い)

 
 万緑の候、会員の皆さまにおかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。
このたび、関西社協コミュニティワーカー協会では、4月14日に発生した熊本地震につきまして、「復興に取り組む社協職員に寄り添い、個々の社協ワーカーのつながりを生かしたかたちで行動したい」と考え、別添チラシの通り活動支援金を募集することといたしました。
 近畿ブロックの各社協では、被災地の災害ボランティアセンターへの職員派遣が展開されていますが、今後、現地の社協ワーカーが必要な物、支援に対する想いなどについて聞き取りをさせていただき、この活動支援金の活用方法を探っていく予定です。
 正会員・賛助会員の皆さまには、趣旨をご理解の上、ご協力いただきますようお願いいたします。


1 募集期間   平成28年5月18日(水)〜 6月15日(水)

2 納入方法   別添チラシ裏面をFAXにより関コミ事務局に送付したうえ、募集期間中において、下記の通りご送金ください(1口1,000円より)。
(1)郵便振込……下記の口座にお振込み下さい。
     口座番号 00930−7−89040
     加入者名 関西社協コミュニティワーカー協会
 (2)現金払い……役員、事務局等にお支払い下さい。

3 その他    払込取扱票の通信欄に「熊本地震活動支援金」と必ずご明記ください。

4 お問合せ先  兵庫県社会福祉協議会
〒651-0062 神戸市中央区坂口通2−1−1 兵庫県福祉センター内 
          TEL:078-242-4634 FAX:078-242-0297 (担当:石井・戸田)
支援金募集チラシver.2.pdf
posted by たっかん at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 役員会・事務局からの連絡

2016年04月08日

第18回全国社協職員のつどいを終えて―関西社協コミュニティワーカー協会会長より御礼―

 今回、第18回全国社協職員のつどいが関西圏を飛び出し、初めて福岡で開催することができ、全国から300名を越える参加がありました。参加されましたみなさま、ありがとうございました。
 また、つどい実現に向けて、実行委員会組織づくり、分科会の準備、当日の進行、その後のまとめなどに関わっていただいた実行委員のみなさま、感謝申し上げます。

 2日間のつどいを通じて、参加者、実行委員のみなさんにとって様々な学び、交流、そして社協ワーカー自身の「主体性」が深まったかと思います。
 今回の大会を通じて関西圏以外での開催が今後も可能であると、福岡大会を通じて体現し、実証することができた2日間だと思います。

 今回、関西社協コミュニティワーカー協会として、実行委員会立上げまでの間、役員が福岡の関コミ賛助会員と連絡を取り合いながら下地を作り、2回ほど役員が福岡に訪れて、「全国社協職員のつどい」のコンセプトや過去のつどいの様子なども説明させていただき、開催に向けての意見交換を行いました。
 福岡大会に向けて実行委員会結成後は、メール、SNSなどを活用して後方支援的に関わらせていただき少しは実行委員のみなさまのお役に立てたかと思っています。
 福岡でのつどい通じて、初めて「全国社協職員のつどい」に参加された方々も多かったかと思います。次回、19回大会の開催地、開催時期は決まっていませんが、是非とも次回のつどいにも参加していただけたらと思っています。
 本当に、参加されたみなさん、運営に関わっていただいたみなさん、そして実行委員をサポートしていただきました上司、同僚、先輩、後輩のみなさん本当にありがとうございました。
 
全国社協職員のつどいは、これからも「枠にはまるな」という気持ちで開催し続けていきたいと思います。

関西社協コミュニティワーカー協会 会長 高橋 俊行
 
posted by たっかん at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国のつどい

第18回全国社協職員のつどいを終えて―つどい実行委員長より御礼―

全国社協職員のつどいから約1ヶ月が過ぎました。
大変遅くなりましたが、実行委員会を代表しまして、ご参加いただきました参加者の皆様、関係者の皆様にこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
今回のつどいは、はじめて関西圏を飛び出し、福岡での開催となりました。
実行委員会を立ち上げた当初は、200名の参加を目標としておりましたが、目標を大幅に上回る、316名(実行委員・講師含)の方にご参加をいただきました。
会場の関係でご不便をおかけしたことも多々あったかと思いますが、皆様のご協力で無事につどいを終えることが出来ました。本当にありがたく思っております。
社協の「自由」と「存在感」をテーマに企画した今回のつどい。
皆様はどのように感じられましたでしょうか?
今回のつどいのテーマである「自由」と「存在感」
どちらも目に見えないものですので、なかなか伝わりづらいかもしれません。
しかし、事業を受託する・しないにかかわらず目の前の地域課題・困っている方の支援を自由な発想のもと展開する、今ないものであるなら創造する。これは今までの先輩諸氏のみなさんがやってきたこと。
今回、その当たり前のことに「自由」「存在感」という名前を付け、つどいのテーマとしました。
付けざるを得なかった状況が私たちの身近にあるということを感じ取っていただけたのではないかと思います。
それを踏まえて、社協が自由である為に、社協で働く私たち一人ひとりがどうあるべきかを考えるキッカケになったのであれば幸いです。

実行委員会を組織して9か月。
今回の実行委員会には新任の職員から事務局長、地域担当だけでなく、総務・会計担当の職員まで幅広い参加があり、立場や担当業務を超えて、意見や考えをぶつけ合い・思いを共有してきました。
つどいは終わってしまいましたが、私たち実行委員会にとっては、これがスタートだと思っています。
今回のつどいを通して、次にどんな展開になるかが今から楽しみです。
初めての試みのうえ、不慣れなことも多く、皆様にご迷惑をおかけしたかと思います。
もし、今後福岡で再度つどいを開催する際には、「福岡やるやん!!」と思っていただけるよう、さらなるスキルアップのため、がんばりたいと思います。
また、皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

第18回全国社協職員のつどい実行委員会 実行委員長 中川 史高
posted by たっかん at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国のつどい

2016年03月31日

第18回全国社協職員のつどい実行委員会・ふりかえり(反省会)開催

平成28年3月19日に第18回全国社協職員のつどいin福岡大会の実行委員会が開催しました。
実行委員会としては、7回目の会議
平成28年2月27日、28日と開催しました。「全国のつどい」の反省(ふりかえり)会でした。
主催団体の関西社協コミュニティワーカー協会の会長も出席しての会議でした。

DSC08660.JPG
参加者は、316名(参加者226名、実行委員69名、講師21名)
収支報告(仮決算)の報告もありました。

反省会(ふりかえり)としては
○全体会関係
1日目の全体会・パネルディスカッション
2日目の全体会・講演
各担当から報告がありました。

○分科会関係
第1分科会〜第8分科会
各分科会の企画担当者から報告がありました。

○ユーストリーム配信、SNSの活用状況

○広報活動・・・・エンディングも含めた
2日間の動きについて

○懇親会(交流会)について

○事務局について
担当した実行委員からの意見だけでなく、その他実行委員が感じたことなどについて意見がありました。
また、参加者アンケートの集計結果を受けての意見交換もあり、今後、「福岡」で開催する場合への改善すべき項目などについても意見がありました。これは、関コミとしても関西圏で開催する場合や他のエリアで開催する場合にもつながる貴重な意見が多数ありました。

今後は報告書作成へと動きだし、第18回全国社協職員のつどいの一つの節目を迎えた実行委員会でした。
posted by たっかん at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国のつどい