CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年08月 | Main | 2014年10月»
<< 2014年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
PL学園 大阪府大会決勝へ!近畿大会2年連続進出でセンバツへの道が開けた ・・ディリースポーツ [2014年09月30日(Tue)]
高校秋季大会もいよいよ大詰め。
全国からいろんな便りが届いてますね。

そんな中、監督、不在が続いている大阪のPL学園が決勝進出とのニュースが
出てます。近畿大会で上位に進出すればセンバツも夢ではありません。
期待したいですね。


以下はデイリースポーツWEB版より

「PL学園 大阪府大会決勝へ!近畿大会2年連続進出でセンバツへの道が開けた」


「春季高校野球大阪大会・準決勝、PL学園 10‐2大商大堺」(28日、舞洲)

準決勝が行われ、PL学園が大商大堺を、大阪桐蔭が大産大付をいずれも10‐2の七回コールドで下した。PL学園は2年連続、大阪桐蔭は2年ぶりの近畿大会出場を決めた。なお両校による大阪大会決勝は4日に行われる。

しばらくぶりの甲子園が徐々に見え始めてきた。PL学園が大勝で決勝進出を決めた。

 速攻でペースを握る。初回、2死満塁から大和久の左前打で2点を先制したPL学園は、二回に辻、五、七回には主将の謝名堂陸内野手(2年)による適時打などで着実に点を加え、大商大堺を大きく突き放した。

野球経験のない正井一真校長(67)が監督を務め、選手間でサインや起用を決めるスタイルとなって2期目。正井監督は「恵まれてるなあ、と感じます」と選手の奮闘に感謝した。

まとめ役の謝名堂は「去年の方が、能力が高い選手が多かった。その分、今年は束になってかかっていくことができている」と手応えを口にした。

一方で試合中のガッツポーズなど相手チームへの敬意が希薄になったと感じれば、OBらも交えて即座に反省することも忘れない。

09年に春、夏と出場した甲子園から遠ざかって5年。名門の、6年ぶり聖地への道が開けた。
小川9勝ヤ 自己最速150キロ8回1失点・・日刊スポーツ [2014年09月29日(Mon)]
今日の各スポーツ紙に小川投手、9勝目の記事が出てましたが
その中で自己時速150キロを出したと・
伝えています。
へぇ〜150キロか・・

どうも1回裏、ノーアウト満塁の場面で
エルドレッド選手をファールフライに
討ち取った時の球速がどうも150キロ
だった見たいですね。

満塁のピンチで・・球速なんか見る余裕はありませんでしたが
次は160キロ・・まさか?

以下は日刊スポーツWEB版より

小川9勝ヤ 自己最速150キロ8回1失点

<広島1−3ヤクルト>◇28日◇マツダスタジアム

ヤクルト小川泰弘投手(24)が、2年連続2ケタ勝利に王手をかけた。

1回無死満塁など毎回のように走者を背負ったが、粘り強く8回1失点にまとめて9勝目を手にした。

小川は「初回のピンチをゼロで切り抜けて、ピンチになっても小さくならず、1球1球集中してコントロールに気をつけて投げられたので良かった」と笑顔。

初回に自己最速を更新する150キロを計測したことにも「初めてです」と喜びつつ「高校時代から出してみたいというのはあったけど、目標じゃない。あくまでキレとコントロールがあったうえで、球速がついてくればいいと思います」と冷静だった。
魅せた!ライアン小川、9勝目 [2014年09月28日(Sun)]
魅せた!ライアン小川、9勝目

今日の試合のポイントは1回裏が全てでした。

ノーアウト満塁・・の大ピンチ!

これを0点に凌いだ・・

これに尽きますね。

これがエースと言われる由縁です。

8回 投げて

33打者 130球 8被安打 1被本塁打 8奪三振 2四球 1失点の

内容でした。

これで9勝目・・残り1試合に全てをかけます。

目指せ!10勝目。

DSCF1100.JPG
DSCF1101.JPG
DSCF1108.JPG

海鳴り・・谷の口キャンプ場 [2014年09月27日(Sat)]
田原市谷の口キャンプ場で開催されてる

「海鳴り」のイベントを見て来ました。

いろなな絵描きアートや木のジャングルジムから見る

太平洋は圧巻でしたね。

最近では自然を利用したジャングルジムはまずお目にかかる事は

ありませんね。それだけに・・遊び心を演出したこの

アートは素晴らしいです。

関係者の努力に感謝です。

ありがとうございました。

DSCF0968.JPG

DSCF1011.JPG

DSCF1032.JPG

DSCF1047.JPG

DSCF1035.JPG

DSCF1074.JPG

ヤクルト小川泰弘  ダル&上原 直伝の変化球 [2014年09月26日(Fri)]
ヤクルト小川泰弘  ダル&上原 直伝の変化球

ユーチュブに小川投手の動画がアップされています。
工藤公康さんとの対談はなかなか興味があります。

工藤投手が名電時代の春に優勝した時、
準優勝が成章でした・・

ダル、上原投手からの直伝変化球は
小川投手のさらなる向上心に変化を与えたようですね。


【秋季大会】PL学園、名門復活の快勝!履正社撃破し8強進出!! ・・スポーツ報知 [2014年09月25日(Thu)]
この所ずっと・・監督不在で話題になってるPL学園
履正社を破ってのベスト8と
古豪復活の気配です。

大阪は大阪桐蔭が優勝候補ですが・・
PL学園にも期待したいです。

以下は報知スポーツWEB版より

【秋季大会】PL学園、名門復活の快勝!履正社撃破し8強進出!!

◆秋季高校野球 大阪府大会▽5回戦 PL学園5―1履正社(23日・舞洲)

大阪府大会5回戦でPL学園が、大阪では史上初の5年連続のセンバツ出場を狙う履正社を5―1で破り、準々決勝進出を決めた。初回に大和久広輝(2年)の中前適時打などで2点を先制。投げては左腕・山本尊日出(たかひで、2年)が4安打1失点で完投。10四死球を与えながら粘りの投球を見せ「練習でやっていることを出せば勝てると思っていた」と胸を張った。

春夏合わせ7度の甲子園優勝を誇る名門復活を思わせる快勝。野球経験はないが、監督就任2年目に入った正井一真校長(67)は試合後、スタンドからの声援に堂々と両手を振って応対。「小ぶりだった選手が練習でじわじわ力をつけてきたのが垣間見えた」と満足そうだった。(花住 宏一)
済美の安楽投手がプロ志望届・・毎日新聞 [2014年09月24日(Wed)]
済美の安楽投手がプロ志望届を出しましたね。
最速157Kは魅力があります。
身体も大きいし、ケガさえしなければ、それなりの結果を
出してくるものと思います。
ドラフト1巡目でおそらく消えるでしょうね。
どの球団が指名するかこちらも楽しみです。

以下は毎日新聞WEB版より

<プロ野球>済美の安楽投手がプロ志望届

10月23日のプロ野球ドラフト(新人選手選択)会議で1位指名が有力視される本格派右腕、安楽智大投手(愛媛・済美高)が22日、プロ志望届を提出した。

安楽は昨春のセンバツでチームを準優勝に導き、昨夏の愛媛大会準決勝で自己最速の157キロをマークし、出場した選手権大会では甲子園大会最速タイ記録の155キロを計測した。

安楽は「夢のプロ野球に挑戦できるように頑張っていきたい。今はワクワクする気持ちと不安な気持ちがありますが、指名をいただけたらプロの世界で精いっぱいやっていきたいと思います」と、学校を通じコメントした。
愛知大会、誉が優勝!豊橋工は3位で東海大会出場が決定! [2014年09月23日(Tue)]
本日の愛知大会決勝戦は誉が愛工大名電を2対0で
破り初優勝を飾った。

3位決定戦では豊橋工が春日丘を3対1で破り
東海大会出場を決めました。
おめでとうございます。

豊橋工業は愛知の21世紀枠はほぼ確実で
東海大会の結果次第で・・大きく全国大会への出場が決まるか
が問われます。

愛知大会では名電にコールド負けしている為に
印象ははっきり言って悪い・・
成章も名電、中京大中京に敗れたがいずれも2点差でした。

東海大会の地区代表になるには成績が問われます。
コールド負けはなら・・まず本戦での出場はないだろうし、
1,2点の少差ならまだ望みはある。

三重の津西がライバルと思われる。
これを覆すには・・東海大会1勝が求められる。
ハードルは厳しいがこれを打ち崩さないと甲子園は
見えて来ない。

誉と同じブロックはすでに決まっています。
3位のチームは違う県の2位校と対戦します。

現時点では海星か県岐阜商か
ここを勝てば・・選抜甲子園も21世紀枠で当確と
言えるでしょう。

愛知
1位誉
2位愛工大名電
3位豊橋工業

三重
1位いなべ総合
2位海星
3位津西

岐阜
1位岐阜総合
2位県岐阜商
3位土岐商業

静岡
準決勝
日大三島×静岡
浜松修学舎×常葉菊川
27日に準決勝・・28日決勝
中日、福谷、プロ初勝利! [2014年09月22日(Mon)]
今日の中日スポーツ紙のトップは

中日の福谷投手のプロ初勝利の記事でした。

福谷投手、おめでとうございます。

慶応の時から応援していたので

このプロ初勝利はほんとに嬉しいです。

今やドラゴンズの抑えとして

欠かせない存在となりました。

後は新人賞を目指して頑張ってほしいです。

DSCF0956.JPG
秋季愛知大会、決勝戦は誉×名電に決まる! [2014年09月21日(Sun)]
秋季愛知大会の準決勝は

誉、名電が勝ち、23日の決勝戦に駒を進めました。

注目の名電×豊橋工業は

7回コールド10対0で名電の圧勝でした。

豊橋工業は森投手を温存し3位決定戦に

挑みます・・おそらくこれが正解でしょう。

豊橋工業には3位で東海大会へ出場して

欲しいですね。

3位での東海大会出場なら21世紀枠が

ぐ〜んと近くなりますからね。

★誉4×1春日丘

★愛工大名電10×0豊橋工業
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード