CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年02月 | Main | 2014年04月»
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
豊川、ついにベスト4進出!・・愛知県勢としては9年ぶり・・ [2014年03月31日(Mon)]
豊川がついに・・ベスト4に進出ですね。

明治神宮大会の決勝進出の「日本文理」、「沖縄尚学」の2校を破ったわけですから

この実力は本物でしょう。グッド(上向き矢印)

愛知県勢としては平成17年に名電が決勝に進出した時以来

9年ぶりのベスト4です。

やはり何と言っても田中投手のピッチングが光りますね。ぴかぴか(新しい)

あのスライダーはなかなか打てるものではありません。

テンポの良い投球は・・見ていてほんとに気持ちがいいです。時計

もうひとつ勝って決勝戦まで進めばもう言う事はありません。

次は履正社ですか・・

高校野球王国、愛知の力を見せつけてほしいです。台風

楽しみですね!

第1試合
福知山成美(近畿) 2 - 6 履正社(近畿)

第2試合
豊川(東海) 6 - 2 沖縄尚学(九州)

第3試合
佐野日大(関東) 7 - 5 明徳義塾(四国)

第4試合
桐生第一(関東) 4 - 5龍谷大平安(近畿)

sss.jpg
センバツ高校野球再試合・・ [2014年03月30日(Sun)]

今日は朝から雨で・・予定されていた各地の高校野球も
明日に延期になった所が多かったようです。
センバツは午後2時から雨が上がり再試合の1試合が
行われました。

東三河二次リーグ戦も明日から再開です。
成章は豊橋西との対戦です・・順調に勝ち上がって
行けば・・渥美農か新城東との県大会1枚切符を
かけての戦いとなるようです。

まさに背水の陣・・
ここまで追い込まれた近年の春の大会はありません。

ここで踏ん張れるかどうか・・
県大会、全三河が見れるか見れないか・・
これが最後の試合だと思って頑張ってもらいたいです。

第1試合

広島新庄(中国) 0 - 4 桐生第一(関東)
成章、延長11回粘るも力尽く・・ [2014年03月29日(Sat)]
昨日の神宮での余韻が・・続いていますね。
スポーツ新聞は新人、初打席、初球、ホームランの
西浦選手を多くの新聞が取り上げてます。
まあ・・ここは小川投手がスーパールーキーと持ち上げたように
主役を譲ったようで・・新聞にも1面に西浦選手が出てたようです。

小川投手はオープ戦の結果から心配されたファンの方もおられた
思いますが・・開幕初勝利は見事に不安を打ち消してくれましたね。
やはり、すぐに修正出来るところがセーリグ、NO1のピッチャーですね。
まずはメデタシ、メデタシでいい気分で朝を迎える事が出来ました。

注目は次の登板ですが・・広島戦になるか阪神戦になるか・・
すでの広島の前田健投手が中5日で4月3日のヤクルト戦とマスコミに報道されてます。
地元、マツダスタジアムでの3連戦最終日ですから・・ほぼ確実でしょう。

反対に小川投手はどうか・・ヤクルトは火曜日から広島、阪神との6連戦、
やはり前田健投手との対戦を避けると共に地元の神宮との
営業からみから中6日の4月4日(金)の阪神戦が有力ではないでしょうか。

東三河二次リーグ戦・・
注目の成章×豊橋南は・・エース同士の激突で緊迫した試合となりました。

成章、濱口投手と豊橋南の白川投手の投げ合いは
予想通りの投手戦・・センバツにも負けないいい試合でした。

延長11回、1アウト満塁からセンターへの犠牲フライで1対0で豊橋南が勝利、
県大会への出場権を獲得しました。

白川投手は久しぶりに見ましたがスピード、切れとも抜群で
成章打線を1安打に抑えました。

濱口投手も豊橋南を3安打に抑え、ゲームは投手戦となる好ゲーム締まった
試合となりました。

白川投手は11回になってもスピードは衰えず、反対に濱口投手は死球を足ががりに
疲れからコントロールが乱れ不運な1,2塁間のヒット、敬遠策で満塁
センターへの犠牲フライとなりました。

成章のエースとして・・今後の期待は高まるばかりですね。
成章はこの後、敗者復活戦で県大会、最後の切符1枚を
かけて挑みます。

皆さんの応援をよろしくお願いします。

Collage(14901.jpg

Collage(1490).jpg

DSCF2933.JPG

ライアン小川、開幕戦、初登板で今季、初勝利! [2014年03月28日(Fri)]
今日から始まったプロ野球・・
何と言っても期待は我らが期待するヤクルト小川投手・・
今日は6回を投げ切り・・1失点と先発の責任を果たしましたね。
被安打7、四死球1、三振8、球数102球と見事な投球でした。

ピンチだったのは
2回、連続ヒット4本で1失点、なおもノーアウト満塁で無失点に切り抜けたのが
大きかった。大量得点に少し気が緩んだか・・ボールの切れもなく球が真ん中に
集まりだしました。普通なら3点は覚悟してもおかしくない回だったが
打順が下位で助かりましたね。

3回からはいつもピッチングで6回まで投げ抜きました。
1回に大量の7得点ですからね。
先発ピッチャーにとっては大きな援護。
ライアンが投げると・・良く打つね!

DSCF2765.JPG

DSCF2771.JPG
やまびこに雪辱を・・豊川、今井監督・・中日新聞 [2014年03月27日(Thu)]
雨で1日延びた春のセンバツ高校野球・・

明日は豊川が第1試合に登場します。

今日の中日新聞には

「やまびこに雪辱を」の見出しで豊川、今井監督が

紹介されてました。

これはもちろん、今井監督ならず当時の中京高を応援されて

いた方々の思いでもあります。

楽しみに待ちたいと思います。

DSCF2729.JPG

大会6日目の結果・・

第1試合
横浜(関東) 5 - 9八戸学院光星(東北)


第2試合
神村学園(九州) 0 - 12 福知山成美(近畿)

第3試合
履正社(近畿) 7 - 6 駒大苫小牧(北海道)

東三河1次リーグ戦・・戦況です。 [2014年03月26日(Wed)]
今日は全国的に雨でセンバツ高校野球も延期になりましたね。
東三河1次リーグ戦もやはり延期で明日、二次リーグ進出チームが
確定します。

成章は作手に競り負け・・2位となり、二次リーグでは1位校と
対戦するため・・対戦相手によって大きく展開が変わりそうです。
出来れば豊橋南の白川投手とのリベジンをかけた試合を見たいですねl

作手戦は9回、5×6で1点差を負う成章、1アウト、1,2塁の好機でしたが
ピッチャーへのライナーでゲッツ・・惜しくも敗退。
残念でした。

戦況です。

Aブロック・・
豊橋南が白川投手が2試合共に完投で2勝。
追う小坂井、時習館が2位争い。

Bブロック・・
こちらは1位作手、2位成章で確定。
作手3勝、成章2勝1敗

Cブロック・・
こちらも桜丘1位、豊橋西2位で確定。
桜丘3勝、豊橋西2勝1敗

Dブロック・・
こちらも2校が確定、1位をかけて両校が争う。
渥美農2勝、豊橋商2勝

Eブロック・・
こちらも2校が確定。こちらも同様で1位争いをかけて・・
新城東2勝、豊橋東2勝、

Fブロック・・
こちらは豊橋工1位、2位を2校で争い。
豊橋工2勝、国府1勝1敗、豊川工1勝1敗
「豊川、今井監督のリベジンなるか?」注目の池田戦・・ [2014年03月25日(Tue)]



「豊川、今井監督のリベジンなるか?」注目の池田戦・・

豊川の今井監督が現役の選手当時の中京高の時に対戦した池田との
リベジンの機会がようやく実現する事になりました。
3月27日ですね。

マスコミでも池田戦の試合で今井監督の話題が出ると・・やはりリベジンと言う言葉
が使われていますね。

豊川はご存知のように昨年の春までは森昌彦監督が指揮を取られていました。
森監督は 夏の大会初戦敗退の責任を取って今井監督と代わられた経緯があります。

もちろん、今井監督と森さんは同じ中京野球部で同期。
この春のセンバツは今井監督、森コーチの中京OBで池田に挑みます。

1983年の夏、準々決勝の池田×中京は事実上の決勝戦とも言われ
多くのファンが甲子園に詰めかけました。
切符は売り切れ満員札止め・・まさに高校野球の人気もヒートアップ!
この対戦は事実上の決勝戦とも言われました。
池田はたしか23連勝中とかで負けなし、これに挑む中京。
8回までは1対1の同点・・9回に野中投手はホームランを打たれ
万事休す・・

結果は1対3で池田が勝利・・

夏の甲子園は超満員・・当時の中京を応援されていた
方にとっても、悔しい・・30年間では無かったでしょうか。



当時、今井監督は1番バッターでセンターがポジション。
エースの野中投手は中京の第2黄金期を作った投手。
阪急にドラフト1位指名されました。
池田の水野投手は巨人に1位指名。
紀藤選手は広島に・・
プロでの成績はそれぞれが波乱みちた人生だったと
思います。

当時のスタメンです。

「8」今井
「4」安藤
「2」鈴木
「1」野中
「9」紀藤
「3」長島
「7」佐々木
「5」高橋
「6」豊永

当時の中京高の貴重なサインの寄せ書き写真を
中京関係者の方から見せていただきました。
甲子園の土と共に家宝として飾ってあるそうです。

DSC_0108-1 (2).jpg

大会5日目の結果・・

第1試合
広島新庄(中国) 6 - 0 東海大三(北信越)


第2試合
今治西(四国) 1 - 5 桐生第一(関東)


第3試合
大島21世紀枠) 2 - 16 龍谷大平安(近畿)

センバツ高校野球大会4日目・・ [2014年03月24日(Mon)]

センバツ甲子園も4日目・・
第3試合の智弁和歌山×明徳義塾の試合も1点差を争う
好ゲームでした。監督は高校野球界ではおなじみのお二人
甲子園歴代最多の春夏通算63勝の高嶋仁監督(67)率いる智弁和歌山と、同42勝の馬淵史郎監督(58)の明徳義塾(高知)。
それにしても長くやっておられますね。

私は9回から見ていたのですが、
とにかく両チーム共に1点が欲しい・・
1対1の同点で延長戦へ。
12回にお互い1点ずつ入れて・・2対2の同点
2アウトにしてでも2塁とランナーを進め1点にこだわる明徳。
その攻防は手に汗を握る感じで面白かったです。

延長15回、時間切れ引き分けかと思った展開でしたが
結局、1アウト満塁からワイルドビッチであっけなく明徳のサヨナラ勝ちとなりました。
1アウト満塁の時点で形勢から明徳の有利は変わらなかったのですが
打たれて負けるなら・・あきらめも付くが・・
う〜ん・・こればっかりは・・
智弁にとってはやや悔いが残る試合だったのではと思います。

春は夏と違ってまだ・・先の試合があるので
悔しくても・・泣いて帰るわけには行かない・・
又、再び甲子園に帰って来てほしいものです。


第1試合
智弁学園(近畿) 7 - 2 三重(東海)


第2試合
関東一(東京) 4 - 2 美里工(九州)


第3試合
智弁和歌山(近畿) 2 - 3 明徳義塾(四国)

豊川、甲子園、歴史的な1勝と・・大きく報道される・・中日新聞 [2014年03月23日(Sun)]

昨日の豊川の甲子園、初勝利は地元の新聞にも大きく掲載されてました。

中日新聞には・・初陣、豊川、歴史的な1勝の見出しが出てました。

次は池田高校との対戦です。

頑張って下さい。応援しています。

jjjj.jpg

東日新聞には・・

豊川が甲子園初勝利
佐藤 殊勲サヨナラ打/延長13回 田中奮投189球12K

(東日新聞)

大会3日目の成績です。

第1試合
報徳学園(近畿) 0 - 1沖縄尚学(九州)

第2試合
白鴎大足利(関東) 9 - 1東陵(東北)

第3試合
鎮西(九州) 0 - 2佐野日大(関東)

延長13回、豊川サヨナラ勝ちで甲子園初勝利! [2014年03月22日(Sat)]
13回まで・・両投手の素晴らしいピッチングは見ごたえがありましたね。
13回裏、豊川は2アウト2塁にランナーをおいての左中間を破るサヨナヒットで
豊川が4対3でサヨナラ勝ちました。

9回には3塁ランナーが飛び出し相手のエラーを誘うツキもありました。
これが同点で延長戦に入りましたから野球は分からないものです。
この試合、どちらが勝ってもおかしくないいいゲームでした。

豊川ナイン、おめでとう!

勝利後、アルプスに向かう豊川ナイン、成章が2008年のセンバツで
初勝利したあのシーンを思い出しました。

この勝利は豊川ナイン、応援団にとって忘れる事の出来ない
価値ある1勝となった事でしょう。

今井監督は明るいですね。ベンチの中でも終始、笑顔。
中京大中京では自身も甲子園経験があります。
次は池田高校、中京高の時に破れた相手ですから
リベジンを果たす機会となりそうですし、最後も
監督の息子さんがチャンスを作ってくれてサヨナラ勝ちとなりました。
今井監督にとっても嬉しい1勝ではなかったでしょうか。

DSCF2715.JPG

DSCF2717.JPG

DSCF2727.JPG
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード