CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
<< 2012年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
見苦しかった名電、4人抗議! [2012年07月31日(Tue)]

愛知大会は名電の優勝で幕を閉じましたが・・決勝戦で今ひとつ、気になったシーンがありました。

愛知大会の決勝戦、4回表でしたか、名電の控えの選手4人が倉野監督の指示の元、それぞれ主審、塁審に抗議??の見苦しい・・抗議のシーンがあった。

最初は何かなと思ったが・・テレビの解説者の話から、ピッチャーの投球での足の動きでボークの疑いがあると抗議したわけだが、これは前代未聞のシーンだ。普通、審判への抗議はキャプテンか一人の選手しか認められていないが・・「4人も同時とは」・・これはまさしく心理面で相手のピッチャーを揺さぶろうという作戦だがどうも納得出来ない!

翌日の中日スポーツには神谷審判長(前愛知高野連理事長)がこの件で「甲子園ではやるなよ」と名電に注意の記事がありました。名電はどうもこのケース以前から準備していたらしく、何とも言い難い今回の抗議シーン。テレビをご覧になった方も唖然・・とされたに違いない。

裏を返せばそれだけ・・名電がこの回までは追い込まれていたと・・いう事でしょう。
名電には正攻法で挑んでもらいたい!
バントは攻撃方だから、何も言わないが・・今回の様なケースはあまり芳しくないと思いましたね。

DSCF1134.JPG

DSCF1132.JPG
成章祭ポスター・・ [2012年07月30日(Mon)]
昨日は毎月1回恒例の飲み会でした・・場所は田原市内にある居酒屋「きらく」さん。
いろんな話が出たが・・皆が口を揃えて言ったのは名電×東邦の決勝戦ですね。
「東邦は可哀そうだった・・」接戦なら・・惜しかったという言葉が出るが・・この可哀そうだったには・・皆さんのいつわざる素直な気持ち・・あそこまで好投すれば東邦に勝たせたやりたかった・・そんな思いがしました。表彰式でも泣いている選手が数人いました。見ていてとても、つらいです。誰を責めるわけでもなく、自分たちの力が及ばなかった・・と割り切るしかありません。

一度は死んだ身の東邦、よく頑張りました。濱田投手の攻略には落ちるスライダーに手を出さないなど・・各バッターが工夫していました。特に2番バッターにやや格下げの感ある主将である田中選手、濱田投手のスライダーを振り切るのではなく、センター中心に当てて行こう言うバッテングはセンター前ヒットになった。この打撃は光りましたね。さすがです。この一打を見て東邦の濱田投手、攻略のきっかけが見えた感じがしました。8回までは完全な東邦ペース。それだけに9回の2つのワイルドピッチは悔やまれる。


東邦のこの悔しさは後輩たちがこの秋には思いを叶えてくれるような気がします。
東海地区は記念大会で3枠、神宮枠も入れると最大4枠のセンバツ出場が期待出来る。東邦は三倉投手がその先陣となって・・うれし涙のシーンを是非、見たいものである。

今日は近くのホームセンターに寄ったら、成章祭のポスターが貼ってありましたね。
毎年、9月の22日から23日にかけて開催されます。
成章が秋の大会、ベスト8を4年連続で戦っていた頃は、3,4回戦になるため、野球部員はこの成章祭はほとんど見ることはありませんでしたが、近年は未出場、1回戦敗退など・・成章祭で顔を見る野球部員が多くなりました。今年はこの成章祭が自身、見れない事を願って・・祈るばかりです。

CA3G00980001.jpg
名電が逆転で勝ち越し愛知の頂点に・・優勝! [2012年07月29日(Sun)]
今日も暑い日が続きます。愛知大会は決勝戦。

今年はさすがにこの暑さで岡崎まで行き気になれず、テレビ観戦です。

結果から言えば名電の優勝でセンバツに続き連続の甲子園出場を決めました。

名電ナイン、おめでとう!

準決勝の愛産大工戦では最後にあわや逆転負けかのシーンも、

そして今日、8回まで東邦、丸山投手の抑えられ、勝負あったかの最後でしたが、

9回に2つのワイルドピッチで同点に追いつき11回、遠田選手のタイムリーで逆転した。

野村克也さんが、よく話されておられます。

「 勝ちに不思議な勝ちあり。負けに不思議な負けなし 」

今年の名電にはこの言葉がピッタリ!の夏の大会では無かったでしょうか。

甲子園でも愛知代表として頑張ってほしいです。

DSCF1105.JPG

DSCF1107.JPG

DSCF1124.JPG

愛知大会決勝は東邦×愛工第名電に決定! [2012年07月28日(Sat)]
今日も暑い一日でした。全国的に37度を超え、この暑さはたまりません。朝8時のラジオのニュースでは豊田ジャンクション付近で故障車があり東京方面は渋滞しているとの放送、岡崎球場に向われた方は少し、影響があったかも知れませんね。この暑さではさすがに岡崎球場までは足が向きません。テレビでの準決勝観戦です。

NHKのセンターカメラからは高野連の理事の方の顔が見えすね。
成章の糟谷前監督もいろんな表情で見ておられて・・見ていて楽しいです!


第1試合、東邦の堀江投手は無安打完投ですね。素晴らしいピッチングです。
明日は丸山投手が先発かと思われますが、投手陣に関しては不安がない東邦、どんな戦いぶりを示すか・・愛工大名電は前半は豊田西の小川投手の緩急をつけた変化球にてこずったが、小川投手の球が真ん中に入りだすとさすが打ち出す名電、濱田投手も乗って来ました。
明日の大一番、どちらが勝つか予想がつきませんね。
いい試合を期待したいと思います。

NHK試合途中のなつかしの決勝戦ハイライトにはなつかし選手の顔が。

DSCF1098.JPG

DSCF1093.JPG

DSCF1094.JPG

DSCF1097.JPG

準決勝

東邦 4-1 西尾東

愛工大名電 10-2 豊田西 (8回コールド)
愛知大会、決勝へ進むのはどの学校か? [2012年07月27日(Fri)]
さて。愛知大会も大詰め・・準決勝の2試合が明日行われます。
東邦は安城東戦で9回2アウトランナー無からライトフライで、東邦敗退かの・声が聞こえた瞬間ライトの選手が足を滑らせこれが3塁打、この後ヒットで同点、延長で勝ち越し、勝利を収めた。
これが高校野球だろう・・思っても見なかった展開が夏の高校野球の怖さでもあります。

東邦にとってはこの強運が花を開くか・・一度は死んだ身の東邦・・開きなおっての戦いがいい方向に出るかも知れません。

名電も結局は濱田投手のセンターバックスリーンのホームランで1点の勝ち越し、名電といえどもいい投手に当たると打てないと言う試合でした。濱田投手はしり上がりに調子を上げているみたいですから、このまま連続登板か、気になるところです。昨年、秋のピッチングでしたらまず、打ち崩す事は出来なかったでしょう。この炎天下の夏、投手のコンデションは一日で変わります。
まずは準決勝の戦いぶりを見たいと思います。


岡崎市民球場
準決勝

ぴかぴか(新しい)東邦 − 西尾東(10:00)

ぴかぴか(新しい)愛工大名電 − 豊田西(12:30)


愛知大会ベスト4が決まる! [2012年07月26日(Thu)]
愛知大会もベスト4が決まりましたね。
注目の東邦×中京大中京は9対2と東邦が勝ってベスト4に進出しました。
又、西尾東が初めてのベスト4に進出、豊田西と共に公立校に活躍が期待されます。
波に乗る勢いで東邦を倒すか・・こちらも注目。

DSCF1085.JPG


名電は1点差をものにした。濱田投手が復活し、自身のホームランが決勝点と、意外な展開でしたが、このままいけば決勝戦まで進みそうな気配。対する豊田西がどんな戦いを挑むか注目される。

決勝戦は順調にいけば東邦、名電が固いと見るが・・果たしてどうか??
この熱い夏に・・ヒットアップしそうなプレーが又、見られるかもしれない。

昨日は豊橋市民球場で第1試合を観戦したが3時間20分の激闘には・・さすがに疲れた。
こんなシーソゲームはめったに見れない素晴らしい試合だった。

地元、桜丘の登場とあって内野席は満員、見る方も応援する方も、一喜一憂の展開。
これだけの試合をしてくれると・・球場に来られたお客さんは満足してお帰りになったであろうと思います。第2試合はケーブルテレビで観戦・・さすがにお客さんは第1試合の半分以下で少なかった。これは致し方ない。私もそのま第2試合まで見てたら倒れそうなぐらい暑く、大変でした。
準決勝もいい試合を期待したいと思います。


7月26日準々決勝
東邦 9-2 中京大中京
西尾東 6-3 豊川
豊田西 10-3 誉 (7回コールド)
愛工大名電 2-1 愛産大工
中京大中京、延長11回に勝ち越し!ベスト8、次は東邦戦・・ [2012年07月25日(Wed)]
照りつける太陽の下、豊橋市民球場は・・世紀の一戦に大いに沸いた。
前半は中京大中京ペース、6点も取り、圧勝かと思われたが、中京は送りバントの3塁への悪送球からエラーがからみ、伊藤投手はペースを崩し、ピンチを招いた。水野選手のレフトへの3ランで6対6の同点に追いつかれ、その後。犠牲フライで桜丘が逆転、中京大中京は武藤選手の2点ホームランで逆転、8対7と逆転、桜丘もその後、粘りを見せ、同点に追いついた。
中京大中京は11回、2アウト満塁から武藤選手のショートゴロ、これをはじいて、3塁ランナーが返り再度、逆転、10×9で中京大中京が逃げ切った。

eee.jpg
桜丘、水野選手のホームラン

qqq.jpg
中京大中京、武藤選手のホームラン

www.jpg
延長11回、中京大中京が勝ち越し!

DSCF1039.JPG

5回戦
豊川 3-2 名城大付
愛産大工 3-0 国府
愛工大名電 6-1 名古屋国際
豊田西 11-5 佐織工
誉 7-2 杜若
中京大中京 10-9 桜丘 (延長11回)
東邦 4-3 安城東 (延長10回)
西尾東 3-0 享栄
イチロー電撃移籍!ヤンキースへ [2012年07月24日(Tue)]

今日の夕方の各局はイチロー選手のヤンキースへの電撃移籍のニュースで雷・・高校野球も影が薄くなるほど、衝撃を与えましたねどんっ(衝撃)・・昨年、今年とやや調子落ちのイチロー選手、引退もとささやかれ昨今にこのニュースは衝撃でした。

インタビューで違った環境でやりたいと・・本人の弁だが、おそらくはこのままマリナーズにいれば引退と言う自らの決断を・・もしかしたら決めていたのかの知れない。

ニュー!イチローで新たな挑戦が始まりました。野球
頑張ってほしいです!

fff.jpg

ぴかぴか(新しい)小川投手情報・・ぴかぴか(新しい)
オリックス、小川泰弘(創価大)をドラフト上位候補に
2012年07月24日
7/24、スポーツニッポン4面より
オリックスが創価大・小川泰弘投手を今秋ドラフトの上位指名候補としてリストアップしていることが23日、分かった。球団関係者が「上位候補のひとり」と明かした。

小川は“和製ライアン”の異名を持つ。1メートル71と小柄な右腕だが、元メジャーの速球王・ノーラン・ライアンを手本に左足を胸の高さまで上げる、体を大きく使ったフォームが特徴的だ。最速147キロの直球に加え、130キロ前後のスライダー、カーブ、フォークが武器。

先の全日本大学選手権では道都大から11三振を奪い、3安打完封。チームを8強へ導いた。小川は昨年秋に8勝をマーク。リーグ新記録となる防御率0・12を残した。今春は4月28日の東京学芸大戦で無安打無得点試合を達成するなど7勝で最優秀投手に輝いた。


愛知大会、注目の一戦は名電が至学館を破り、いよいよ本命、登場と言った感じです。
濱田投手は5点も取られましたから、やや昨年の勢いはないかなと言う印象ですね。
本命、名電から混戦模様の展開となりそうです。

4回戦
豊田西 3-1 栄徳
安城東 5-0 科技学園豊田
名城大付 6-1 豊田工
桜丘 7-3 日進西
中京大中京 10-0 千種 (5回コールド)
杜若 4-2 半田
愛産大工 7-0 名古屋工 (7回コールド)
名古屋国際 2-0 高蔵寺
国府 3-0 津島
享栄 4-3 刈谷 (延長11回)
愛工大名電 8-5 至学館
豊川 5-4 岡崎城西
誉 5-1 半田工
西尾東 5-3 向陽
佐織工 5-3 大同大大同
東邦 5-2 愛知商
至学館、継投で5回コールド、ノーヒット、ノーラン達成! [2012年07月23日(Mon)]

愛知大会も残りの3回戦が行われました。今日の注目は・・
昨年の覇者、至学館ですね。吐前→小川→小曽根投手のお得意の継投リレーでノーヒット5回コールド勝ちと貫録勝ちを収めた。そして明日は事実上の決勝戦ともいわれる名電との大一番が控える。
果たしてどんな展開になるのか・・名電、有利だが、波乱があってもおかしくない。
前回は6割ぐらいの投球だったと濱田投手・・今回は全開モードか??
至学館は豊富な投手陣が魅力。至学館が先制すると面白い試合となりそうです。


lll.jpg


3回戦
誉 6-0 愛知啓成

西尾東 5-4 安城学園

至学館 10-0 惟信 (5回コールド)

豊川 7-0 天白 (7回コールド)

愛知商 12-2 豊橋南 (6回コールド)

佐織工 17-0 岩倉総合 (5回コールド)
豊橋中央、延長13回に力尽く・・ [2012年07月22日(Sun)]
本日、豊橋市民球場で行われた3回戦、豊橋中央×享栄は・・中央、斉藤投手、享栄、恒川投手の両ピッチャーが粘りのピッチングで好投し、いい試合だった。

享栄は延長13回、ノーアウト満塁から1番、山本選手のレフト戦へのヒットで3対2でさよなら勝ちした。豊橋中央は8回にノーアウト3塁の勝ち越しのチャンスを迎えたが惜しくも得点できず。9番斉藤投手がフライで凡退、1アウト3塁からもバッテリーがスクイズを警戒し、1球目を大きく外し、2球目の低いボールに手を出しセカンドゴロ、次打者も凡退と・・豊橋中央にとってはここが大きなチャンスだっただけに悔やまれる。斉藤投手は変化球を主体に享栄打線を封じ、見事なピッチングでしたね。さすが成章を封じただけに力はあると・・再認識しました。

享栄は13回裏、先頭打者が右中間を破る3塁打、中央はここで満塁策を取り、2人を歩かせノーアウト満塁から1番の主将、山本小鉄選手がレフトのフェアラインぎりぎりに入るヒットでさようなら勝ちを収めた。

このところの享栄は大型打線と言われたが今年はそんな大型の選手もいなく、コンパクトな打線の印象を受けました。注文を付けるとすればやはり、足を生かした攻撃がもっと欲しいですね。名電、中京が足を生かした攻撃が冴えてるだけに・・次の刈谷戦で私学4強の意地を見せるか注目の一戦となりそうです。

DSCF0420.JPG


本日の結果です。
国府も延長戦で岡崎商を破ったようです。

3回戦
岡崎城西 8-1 一宮 (7回コールド)
大同大大同 2-1 春日丘
杜若 9-0 名古屋市工 (7回コールド)
享栄 3-2 豊橋中央 (延長13回)
名城大付 5-0 名古屋南
国府 2-1 岡崎商 (延長12回)
愛産大工 11-1 名古屋市工芸 (6回コールド)
名古屋工 8-3 春日井工
千種 3-2 刈谷工
桜丘 9-1 瑞陵 (7回コールド)
高蔵寺 9-3 刈谷北
半田 3-0 桜台
津島 11-7 誠信
東邦 7-2 新城東
日進西 6-2 小牧
名古屋国際 11-0 横須賀 (5回コールド)
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード