CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年09月 | Main | 2011年11月»
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
東海大会、名電、優勝で神宮大会へ・・・ [2011年10月31日(Mon)]
東海大会も今日が決勝戦・・・
試合の方は名電が4対3で三重を下し・・東海大会の優勝を決めました。

この後、名電は神宮大会へ出場し・・神宮枠を勝ち取るか・・注目されます。

神宮枠を取った場合は・・地域性から市岐商が有力ですが・・至学館も・・まだ
チャンスはありますね。

今日は岡崎球場へ全三河・・愛産大三河×成章の試合を見てきました。
岡崎までは車で約1時間・・球場近くにありコンビニに寄ったら・・顔見知りの審判員の方がおられたんで・・今日は成章戦の審判ですか・・・聞いたら・・第2試合の小坂井戦だったようです。・・・成章戦の審判はやらないのですか・・と聞いたら・・成章戦は遠慮しているとのこと・・やはり・・地元ですからね・・ここら辺は微妙なところです・・

さて今日の全三河・・愛産大三河×成章戦です。
愛産大三河は西三河地区の優勝校・・県大会は案外でしたが・・強豪校です。
試合の方は成章が田中投手・・愛産大三河は副島投手の先発・・・いずれもチームとしては2番手の投手です・・試合の方は投手戦となりました。9回まで0対0・・愛産大三河と言えば・・成章が21世紀枠をかけて戦った秋の県大会が思いだされます。8回に代打、杉原君のホームランで1対0・・そのまま押し切り・・ベスト4に入ると共に・・21世紀枠をほぼ確実にした・・忘れられない試合でしたね・・

試合の方は全体的に・・三河が押し気味で・・1アウト2塁が2回、ノーアウト2塁が1回・・いずれもが・・ピッチャーライナー、ピッチャーフライによるゲッツ!と珍しいプレーです・・・三河には少し運が無いなと思いましたね・・このゲッツ!無かったら・・おそらく9回で終わったいたでしょうね。成章は10回の裏にさようなのチャンスを迎えました。1アウト満塁の絶好のチャンス・・・沸き上がる成章応援団・・三河はここでエースを登板させ・・速い球でそれぞれ内野ゴロに打ち取り・・成章の攻撃をかわしました。続投なら違っていたでしょう・・古田投手の投球を見て・・点を取るのは難しいな・・と感じました。速い球に・・鋭い変化球の切れに・・クリンナップが抑えられたぐらいですから・・

三河は12回の表・・1アウトから四球・・ここで代走・・何回か牽制を入れるものの・・走られてしまい1アウト2塁さらに四球で。1,2塁・・次打者の左中間を破る2ベースで2点入り・・万事休す。

9回まで頑張ったし・・1アウト満塁の見せ場も作ってくれたので・・良く健闘したと思います。
欲を言えば・・足を使った攻撃が少なかったかな・・と言う印象です。選手の皆さんお疲れ様でした。これで成章の公式戦も終了しました。この秋は悔しい思いを選手自身もしたと思いますが・・この全三河に勝ちあがって来た試合内容には満足しています。冬トレーで足腰を鍛えて・・速い球にも負けない・・スイングを来年の春に見たいと思います。今日もワクワクするようないい試合でした。ありがとう!

東海大会、名電、三重がセンバツ切符獲得! [2011年10月30日(Sun)]
東海大会も準決勝が行われ・・三重、名電がそれぞれ勝ち・・来年春のセンバツをほぼ確定させました・・おめでとうございます。

☆三重5×0市岐商

☆名電4×1至学館

三重は昨年、惜しくも1点差で・・静清高に負けて・・センバツを逃しただけに・・1年ぶりに吉報を得ましたね。おめでとうございます。57回甲子園会では・・三重の沖田監督、と松井前監督とお会いしたのを思いだしました・・何だか・・うれしいでうすね。後で祝福のメールでも打っておこうかな・・

名電は濱田投手が1安打ピッチング・・夏の雪辱を晴らしましたね・・
これも・・お見事、おめでとうございます。倉野監督にとっても久しぶりの甲子園出場が叶いました・・今年は堂々の優勝候補として・・この東海大会に臨んだと思います。全三河の帰りにNHKのラジオから・・倉野監督の喜びの声が聞こえてきました・・

明日の決勝戦・・果たして優勝はどちらでしょうか・・気になりますね。

今日は東海大会か全三河か迷ったのですが・・やはり成章が出場となると・・応援しないわけには行きません・・豊橋市民球場へと出かけて来ました。

第1試合は刈谷北×国府・・
刈谷北の試合を見るのは初めてです・・全三河出場も久しぶりではないでしょうか・・国府は県大会ベスト8・・その実力を確かめるためにも・・注目のカードでした・・
国府は菅沼君が先発・・エースの川久保君ではありませんでしたね・・国府のすごいところは20人のメンバーの半分以上が1年生で占めています。
今日の試合の印象はよくバットが振れてるな・・とさすが東三河地区の優勝したことだけはあるな・・と思いました。刈谷北は・・守備の乱れが大量失点に繋がりました。連携プレーの悪さでムダな得点を与えた感じです・・ここら辺を鍛えて来年に繋げてほしいですね。



第2試合成章×三好は・・投手戦でなかなか得点が入らず・・とにかく2塁へランナーを進めるためのバントが多用された感じです・・9回までは3対3の同点ですが失点は・・セカンドフライ落球、ワイルドピッチ・・それぞれ1点ずつ・・なかなか得点出来ず・・重苦しい展開でした・・その・・もやもやを吹っ切れてくれたのが10回の表、先頭バッターで背番号20の代打山口君・・ライト前に落ちたヒットがきっかけで・・何と8点も入れてしまったのだから・・勝負の綾は・・分からない・・成章は当然のことながら送りバント・・これを1塁に悪送球・・ノーアウト1,3塁・・さらに死球などで満塁・・木田君のタイムりーや小塚君のタイムリーなどで11対3で勝利しました。

日ハムの菅野指名は人の道を外しているのか・・ [2011年10月29日(Sat)]
日ハムの菅野選手指名は・・いろいろと波紋を呼んでるようだ。
日ハムはルールに乗っ取り菅野選手を1位指名したわけだが・・何だか指名するのはこちらの勝手でしょう!見たいな雰囲気です・・球団社長の喜びようは分かりますが・・これがいいか悪いか別にして・・日ハムには指名して入団してくれるという・・保証があるのでしょうか・・しかも春先から1位指名を決めていたと言う・・当日は東海大に指名するとの連絡があったと報道されていますが・・

巨人は過去に江川、元木、内海、長野と・・ドラフト指名を断ったいきさつがあります。もちろんこれは・・巨人にしか入りたくないという意思の表示のあらわれで・・菅野もこれを気持ちで表現している・・しかも原監督の甥っ子・・空気を読めば・・欲しくても遠慮するのが人の道と言うもの。どう見たって・・指名しても・・入ってくれるような雰囲気では無いですよね!

しかもご両親には事前の指名の挨拶もなし・・こんな球団が果たして許されるのか・・疑問を感じます。・・別に指名するのは構わないが・・ご両親に指名の挨拶をするというには・・最低のマナーだと思いますが・・ドラフト指名ルールにそんな事書いてないよ・・と言う人がいたら・・何も言う事はありません。


菅野の祖父 原貢氏憤慨 日本ハムから「あいさつなかった 人権蹂躙」

 大学球界最速157キロを誇る東海大・菅野智之投手(22)は相思相愛の巨人による単独1位指名とみられていたが、強行指名した日本ハムが交渉権を獲得した。

 菅野の祖父で原監督の父である東海大系列野球部の原貢顧問は「日本ハムからは“(指名に)行きますから”というあいさつが一言もなかった。これは人権蹂躙(じゅうりん)。ドラフトにかけるなら、あいさつが両親のところに普通ある」と憤慨した。

人権蹂躙とは・・
人権を踏みにじること。特に、国家権力が憲法の保障する基本的人権を侵犯すること。人権侵害。

2011ドラフト会議、中日は高橋周平選手を獲得! [2011年10月28日(Fri)]
さて・・2011ドラフト会議で1位指名が決まりましたね!
会場から拍手が沸いたのが日ハムが東海大の菅野投手を指名した時ですね。
巨人の単独指名かと思われたが・・抽選でも日ハムに・・今後の菅野投手の動向が注目される・・希望球団以外は海外留学も視野に入れているというから・・2年後のドラフトを目指す展開となりそう・・あの元木選手も・・たしか巨人の指名ならず・・留学した経緯がありましたね。ドラフトは自分の意のままにならないのが・・面白いところ・・いずれにしても・・マスコミの話題になりそうな感じです。

藤岡は3球団からロッテが・・高橋周平は3球団から中日が
阪神は伊藤隼太、広島は野村、西武は十亀がソフトバンクは武田が単独1位指名を
獲得した。

高橋周平選手は中日が高木監督の黄金の右腕?が捉えた・・おめでとうございます。



阪神は伊藤隼太選手を予想通り指名・・この秋、調子が悪かっただけに・注目されましたが金本選手も高齢・・マートン選手もメジャーリーグ復帰の噂が・・さらに鳥谷選手もFAと次期の主力選手として・・伊藤隼太選手に期待がかかる・・
これも・・おめでとう!と言っておきましょう。


12球団の1位指名選手は次の通り。

 冠ロッテ 藤岡貴裕投手(東洋大)

 冠横浜 北方悠誠投手(唐津商)

 冠楽天 武藤好貴(JR北海道)

 冠広島 野村祐輔投手(明大)

 冠オリックス 安達了一内野手(東芝)

 冠阪神 伊藤隼太外野手(慶大)

 冠西武 十亀剣投手(JR東日本)

 冠巨人 松本竜也投手(英明)

 冠日本ハム 菅野智之投手(東海大)

 冠ヤクルト 川上竜平外野手(光星学院)

 冠ソフトバンク 武田翔太投手(宮崎日大)


柴田章吾(明治大ー名電)・・・巨人、育成枠で指名!!!
本日、2011ドラフト会議・・1位指名予想 [2011年10月27日(Thu)]
27日はいよいよドラフト会議が始まります、
各マスコミの予想を参考に・・1位指名選手のリストアップして見ました。

千葉 ロッテ
藤岡 貴裕(東洋大)

横 浜
藤岡 貴裕(東洋大)

東 北 楽 天
藤岡 貴裕(東洋大)

阪 神
伊藤 隼太(慶応大)

オリ ックス
藤岡 貴裕(東洋大)

広 島 東 洋
野村 祐輔(明治大)

埼 玉 西 武
藤岡 貴裕(東洋大)

読 売
菅野 智之(東海大)

北海道 日本ハム
藤岡 貴裕(東洋大)

中 日
高橋 周平(東海大甲府高)

福岡 ソフトバンク
武田 翔太(宮崎日大)

東京 ヤクルト
高橋 周平(東海大甲府高)
中川、“ポスト山崎”に名乗り…楽天 [2011年10月26日(Wed)]
27日はドラフト会議ですね・・先ほど次期中日の監督に就任が決まってる高木さんがCBCのイッポウに出演し・・「27日のドラフト会議について・」

欲しいのはピッチャー・・

将来の選手よりも・・すぐに活躍してくれる選手が欲しいと言うことで・・

東洋大の藤岡投手をピックアップ・・

よほどの事がない限り・・1位指名は間違いないようだ!







・・いよいよ愛知の大砲の出番が来たようだ!
山崎選手の退団で・・楽天の若武者、中川大志にも・・期待がかかる・・
ファームのイースタンリーグでは打点王・・着実に力をつけています。

中川、“ポスト山崎”に名乗り…楽天

フェニックスリーグでプレーする中川 楽天の高卒3年目・中川大志内野手(21)が“ポスト山崎”に名乗りを上げた。

 主砲の今季限りの退団に中川は「自分にとってはチャンスですね。それを生かせるようにがむしゃらにやる」と意気込んだ。今季は2軍で初タイトルとなる打点王を獲得し、現在は宮崎で行われているフェニックスリーグに参戦中。照りつける太陽を全身に浴びてバットを振り続けている。

 山崎は同郷の先輩であり、キャンプは2軍で調整していたため、すごさを目の当たりにしている。「技術がすごい。ホームランになる角度を知っている人。それに一振りで仕留めることができる。見て学んだ部分は多い」とスラッガーのDNAを継承している。

 今季は終盤に初の1軍昇格を果たしたが、2打数無安打、1失策で2軍落ちした。それでも首脳陣の期待は高く、11月に行われる主力が選抜された倉敷キャンプのメンバーにも選ばれている。

 「とにかく振って振って振りまくります」。フェニックスリーグでは打撃不振も、23日のオリックス戦でタイムリーを放つなど上向き。期待の大砲候補が覚醒の時を迎える。

 ◆中川 大志(なかがわ・たいし)1990年6月8日、愛知生まれ。中学は桜丘ボーイズでプレー。桜丘高ではエースで4番として高校通算32本塁打も県大会4回戦敗退。186センチ、92キロ。右投右打。
(報知スポーツより)

マートン、4−0で長野の首位打者確定! [2011年10月25日(Tue)]
セリーグに首位打者争いは・・マートン選手が4打数0安打となり・・
長野選手の首位打者が確定した!
巨人の右打者では・・あの長嶋さん以来というから・・すごいですね。
広島戦での死球で顔面骨折・・も、ものとせず・・そして・・あの最終試合で逆転さようなら満塁ホームラン!と・・まさしく絵になる男だ!
ロッテからのドラフト指名を拒否し・・巨人入りにあこがれた・・あのドラフトで巨人1位指名・・直後、ホンダの工場から・・長野選手の笑顔のインタビューが忘れられない・・
長野選手・・おめでとう!
1年目は新人王・・2年目に首位打者・・まさしく・・これからの巨人を背負っていく・・男。
来年も期待したい・・

首位打者争いも最後はあの長野選手の満塁さよならホームランの一打が・・最後に効いた感じです。・・・なにか持ってる・・斎藤投手ではないが・・シーズンを通して見ると、運にも恵まれた感じがしました。

マートン選手も2本ならば・・じっくりと打席に立てかも知れません・・いわゆるプレッシャーをかけた・・一打でした。

試合の方はマートン選手、最初の打席は初球を打って・・センターに抜けようかという当たりをうまく捕られた・・昨日も述べたが今日のポイントは第1打席で・・ヒットがなるか・・どうか・・だったが・・ショートゴロ。

2打席は目はサードゴロ・・



3打席目は三振





4打席目はセンターフライ・・





最後まで首位打者争いを楽しませてくれたマートン選手には・・
大いに拍手を送りたいと思います。
ありがとう・・
マートン2安打で・・首位打者争いは最終試合で決着に! [2011年10月24日(Mon)]
今日は渥美半島も朝の8時頃には強い雨が降りましたが・・その後は晴天となりました。

東海大会も愛知勢が東邦、至学館と・・勝って2勝。
明日は優勝候補の名電が登場、盛り上がって来ました。

さてセリーグの首位打者争い・・阪神のマートン選手は4打数2安打で
打率が313と1厘上がりましたね。 長野選手が315,9

いよいよ24日が最後の試合・・

悲しい2打数2安打・・・315,4

冠4打数3安打・・318、4

2本なら長野選手・・3本ならマートン選手が首位打者になります。
普通に行けば4回は打席が回りますから・・最初の打席でマートン選手凡退なら・・
長野選手が8割の確率で・・いきそうな感じ。さらに・・四球、四球ならほぼ確定。


もし・・長野選手が首位打者を取れたら・・東京ドームでの満塁ホームランの一打が
効いた事になりますね・・あのまま・・試合に出てなければ・・314,6で・・
マートン選手が2安打でこれを上回りますから・・最後のヒット1本の差が明暗を分けそうです。相手が巨人だったら・・全部歩かせていたでしょう。消化試合とは言え・・・プロ野球ファンにとっては・・見逃せない1戦でしょう。




田原市民まつりも盛大に行われたいるようで・・・ティーズでは第1回ブラバン選手権の様子が映しだされていました。高校の部ではやはり・・○○高校が圧倒的に良かったですね。さすが・・です。全国レベルの演奏は・・迫力があります。指揮を振られていたのは○○先生、・・そう、あの東大野球部エース鈴○投手のお父さんですね。










◇秋季高校野球東海大会(23日、大野町運動公園ほか)
▽1回戦
大垣商(岐阜3位)2×−1富士市立(静岡2位)=延長11回

菰野(三重2位) 4−3 静岡(静岡3位)

至学館(愛知3位)3−1県岐阜商(岐阜2位)

東邦(愛知2位)7−2いなべ総合(三重3位)
各球団の戦力外通告選手・・坪井智哉 [2011年10月23日(Sun)]
今日は朝から・・雨模様のお天気・・近くの蔵王山も・・霧がかかって・・風情があります。父母会から依頼されていたデジブックをようやく・・お渡す事が出来て・・一安心。文化会館の駐車場で少し雑談しながら・・何しろ100枚以上の注文で・・段ボール箱3つの分けての・・配達。・・このデジブックも記念の意味では今は高いかもしれませんが・・1枚1050円の値段も10年後、20年後にこのデジブックを見た時に・・きっと安いお買いものだったと・・思えるほど・・貴重な写真がたくさん入れてあります・・デジブックには当日の試合以外にも・・野球部入りたての1年生の時のものや・・中学時代の野球やボーイズリーグ時代の写真も入れてあります・・BGMも・・ネットからダウンロードしたものを入れました・・テレビで見ても・・きれいに見えます。・・父母会の皆さんに喜んでいただけるとうれしいですね。
帰りがけ・・銀行のATMによってブルーベルカフェで・・一服。席についたら・・奥の方からコーヒーですか・・モーニングつけますか・・と。ママさんかな??時折、お名前は聞いていたので・・おいしいパンをいただきながら・・今日の東海大会は中止かなあ〜など・・と思いながら・・喫茶店を後に帰宅。



27日のドラフト会議を迎えると・・同時に戦力外通告選手として・・発表されるのも・・この時期の季節です・・プロの世界ですから・・致し方ありません・・

あるプログに的場寛一選手と言う・・名前が出て・・久しぶりに思い出した。
社内の広報誌に野球部のメンバーとして紹介されていたのだった・・たしか先月ぐらいだったと思うが・・その時にはすぐに思い出せなかったのだが・・ある選手のプログから・・思いだしたのである。20数年前にはやはり・・社内の広報誌で・・野球部の紹介欄に・・工務部、古田敦也の名前がありました・・野球はそれなりに興味があったので・・よく覚えてまたしたが・・まさか・・あの古田選手が・・・日本でNO1の捕手になり・・ヤクルトスワローズの監督になるなんて・・当時は思いもしませんでした。工務部ですから・・まさかバスの運転手をしているとは思いませんが・・事務館でお仕事されていたのかな・・事務館には用事があって仕事中に何度も行きましたが・・まあ・・古田さんと同じ工場で仕事をしていたというだけでも・・何となくうれしかったな・・



坪井智哉選手のプログです。

的場寛一選手1999年の阪神ドラフト1位指名選手でした。
プロで阪神、日ハム、オリックスで頑張って来た坪井選手もオリックスから戦力外通告を受けました。これで2度目ですかね・・

あの独特の振り子打法は・・今も記憶に残ってます。阪神での活躍は見事でした。今後は今までの経験を活かしてプロでのコーチなり・・解説者として頑張ってほしいですね。


坪井が振り子打法に切り替えた正確な時期は不明だが(大学3年の時に取り入れたという説もある)、坪井本人も「それまでは変化球に脆くて三振するケースが多かったが、(振り子打法に変えてから)三振も減って変化球にもついていけるようなった」と振り子打法に手応えを感じており、大学4年の時に秋季リーグで打率.409を記録してベストナインを受賞している。ドラフト指名されなかった為、大学卒業後は社会人野球の強豪である東芝へ就職する。

社会人野球の東芝時代は、主に1番打者として活躍し、第51回東京スポニチ大会で打率.476を記録して新人王を獲得する。第23回日本選手権大会予選でチームは準決勝で敗退するが、坪井は打率.634を記録して首位打者賞と大会優秀選手賞に選ばれている。この年(1996年)の暮れに社会人ベストナインも獲得している。翌1997年には、第19回アジア野球選手権大会に出場する日本代表に選ばれた(坪井以外に選ばれた選手に福留孝介・二岡智宏らがいる)。練習では金属バットを使用せず木製バットを使用していた。坪井は「金属バットはどこに当たっても打球がポンポン飛ぶ。それじゃ、今まで培ってきた技術が失われてしまうから試合以外では使わないようにした」と語っている。

1997年のプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから4位指名を受けて入団。

(ウィークベギュアより)


セの首位打者争いは長野、マートンか? [2011年10月22日(Sat)]
セリーグの首位打者争いも・・残り試合が少なくなり・・
長野かマートンか・・・長野選手が残り1試合・・マートン選手が残り3試合・・

21日時点での・・打率は
長野選手・・315 マートン選手・・312

長野選手が残り1試合4打数1安打ならば・・314,1
マートン選手が残り3試合12打数5安打ならば・・314,3


果たして・・マートン選手が追いつくのか・・微妙な首位打者争いですね。
最後の1試合まで・・分からないのが・・今年の首位打者争いです。

キラキラ長野選手は強みは大きなスランプが無いことでしょう・・
コンスタントに・・ヒットを打ち・・固め打ちもある・・さらに2ストライクと追い込まれると・・大振りはせず・・ライト方向へのバッテングが光ってる。

キラキラマートン選手はこのところ・・やや調子落ちか・・・
こちらも・・首位打者のタイトルは欲しいところ・・さてどうなりますか・・


マートン、長野抜けない!?1安打も4厘差変わらず…阪神


9回無死、左前安打を放つマートン。4打数1安打に終わった ◆阪神3―5横浜(20日・甲子園) マートンの首位打者獲得に黄信号がともった。2点を追う9回無死。三浦のスライダーをバットの先っぽでとらえて左前に運んだ。「1本出ると出ないのでは、大きく違うからね」。最終打席で意地は見せたが、この試合1安打のみで打率は3割1分1厘のまま。

 連続試合安打が30で止まった12日の巨人戦(東京D)から、8試合で6安打と当たりが止まっている。「ここで粘らないとね。(首位打者の)チャンスはあるよ」と強気だが、残りは4試合。打率3割1分5厘でトップを走る長野(巨人)をとらえられるかは微妙だ。

 チームも最下位の横浜に敗れ3連敗。今季の勝ち越しが消えた。この日もスタンドは空席が目立ち、観衆は2万4688人。前日(19日)に05年の実数発表以降、甲子園ワーストを記録したが、連日の更新となった。1試合を残し、今季の主催試合の観衆は計286万3203人で、08年以来の300万人割れとなる。阪神に、厳しい秋風が吹いている。
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード