CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年04月 | Main | 2011年06月»
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
5月度のアクセス数・・ [2011年05月31日(Tue)]
5月度のアクセス数です・・
たくさんのご訪問ありがとうございました。


05月31日(火) 1,285
05月30日(月) 1,150
05月29日(日) 1,268
05月28日(土) 1,357
05月27日(金) 1,065
05月26日(木) 985
05月25日(水) 707
05月24日(火) 975
05月23日(月) 1,093
05月22日(日) 1,031
05月21日(土) 982
05月20日(金) 1,001
05月19日(木) 947
05月18日(水) 1,082
05月17日(火) 1,026
05月16日(月) 1,086
05月15日(日) 873
05月14日(土) 810
05月13日(金) 803
05月12日(木) 1,162
05月11日(水) 987
05月10日(火) 1,002
05月09日(月) 1,103
05月08日(日) 1,098
05月07日(土) 1,202
05月06日(金) 1,348
05月05日(木) 1,365
05月04日(水) 1,251
05月03日(火) 1,334
05月02日(月) 1,300


つう
慶応、完全優勝!33回目のV・・ [2011年05月31日(Tue)]
ライトの伊藤選手が拳を上げて・・走って来る・・竹内投手は目に涙を浮かべながら・・福谷はマウンドで・・ばんざい!・・慶応が最後は苦しみながらも早稲田を4×3で下し・・昨年の春に続く連覇・・そして完全優勝!・・慶応33回目のVに神宮の杜は・・大いに沸いた・・レフトスタンドに応援のお礼を挨拶する慶応ナイン・・

江藤監督も胴上げ・・インタビューで最後に声を詰まらせて・・
帽子をとって・・ありがとう・・と。

昨年と違った優勝だろう・・
しかし、試合内容については厳しい江藤監督。
まだまだ・・進化の途中だ・・慶応野球。

三冠王を逃した伊藤選手・・「何も持ってないよと・・」笑顔で答える。
最後の打席・・よく選んだ四球、この四球はいい意味で伊藤選手の・・評価を高めるだろう。











春の三菱重工大府グランドで見た慶応ナイン・・
確実の一歩、一歩成長している・・江藤監督の目指す野球は奥が深い。
さらなる飛躍を期待しよう!
慶応ナイン・・優勝おめでとう・・そして、愛知県民を楽しませてくれた
伊藤、竹内、福谷選手に・・お礼を言いたい。
ありがとう・・素晴らしい試合を。
雨・・の中・・3羽のスズメさん・・ [2011年05月30日(Mon)]
梅雨入りした東海地方・・雨に靄がかかった田原蔵王山も・・いつの事ながら風情があります。高校野球も全三河、全尾張、東海大会と・・中止になりました。予定されてい方は残念でしょうけど・・来週に期待しましょう。

朝の7時頃、自宅前の道路で濡れた所の・・スズメさんが3羽・・何やら餌を食べてる様子・・小雨の中、ご苦労さんです・・私もスズメさんを車で引かないように・・ハンドルを右に切りながらゆっくりと進むが・・スズメさんは・・お構いなく・・こちらの顔を見ては・・道路に落ちてる・・何かをつついている・・普通の親鳥ならすぐに逃げるが・・私の顔を見て・・安心した??この人なら、何もしないから大丈夫?・・まさか!そんなわけないか・・笑顔体も小さいので・・この春に生まれたばかりの・・スズメさんでしょう・・怖いもの知らずのスズメさん・・危ないから・・車や人が来たらすぐに逃げてね!!・・世の中には私のような善人?ばかりじゃないからね。近くにいつもギャオーと鳴く野良猫さんがいるから気をつけてね・・と言いつつ・・スズメさんの横1mぐらい・・ゆっくりと車で進むがすずめさんはお構いなく・・餌に夢中・・食事中!!!スズメさん曰く・・邪魔しないでくれ!!と・・鳥鳥・・スズメさん・・食事中に失礼いたしました。(^^ゞ


今日は雨でどこも・・野球は中止のところが多いようですね。
朝、テレビを見てたらギャオス内藤さんが野球の番組で司会をされてました。
内藤さんは豊川高校の出身・・2年前の夏に豊橋市民球場でお見かけしました。丁度、豊川の試合があったんで・・母校の夏の大会を見に来られたと思います。
その内藤さんが司会する番組で・・野球博物館が紹介されてました。私もこの2月に見に行ったばかりです・・番組の中であるクイズが出されました・・

☆世界初の野球ルールでピッチャーに定められた制限とは?

それは投げ方にあります・・
ええっ・・投げ方ですか・・
最初のルールと言えば・・
なるほど・・と。



正解は下手投げ・・ソフトボールと同じ投げ方だったようです。




☆もうひとつ・・巨人軍の王選手が1本足打法で初めて本塁打を打った時の打順は?

世界記録の755号でしたか・・ホームラン記録を持つ。王選手も・・実は投手で入団。
後にこの1本足打法が完成して・・あのホームランを連発させました。



正解は1番ですね・・・今はときめくホームラン王もここからスタートしました。
すでに・・長嶋選手は4番を打ってました。




慶応、初戦を制し、優勝に王手・・ [2011年05月29日(Sun)]
今日も朝から小雨・・明日もお天気は悪いが・・どうなるか・・東京6大学では早慶戦、、慶応が先勝し・・優勝に王手・・横峯さくらもゴルフで2位・・明日、今期、初の優勝を・・目指します。・・競馬も日本ダービーと午後からはテレビから目が離せません・・

29日は日本ダービーが東京競馬場で行われます。競馬の祭典と言われる・・ダービー。
このダービーで注目している馬がいます。・・・・ロッカヴェラーノ・・という馬です。
何故・・この馬が気になるかと言えば・・つい1週間前には・・ダービーに出場の見込みが無かったのですが・・1頭の馬が・・リタイアで・・代わりにこのロッカヴェラーノと言う馬が・・今回のダービーに出走出来る事になりました・・いい意味で運のいい馬ですね。
4000頭あまりの・・サラブレッドの世界で・・年1回のダービーに出走出来るのはわずか18頭のみ。これに出走出来るのは・・オーナーとして名誉な事でもあります。

皐月賞は速い馬が・・菊華賞は実力のある馬が・・ダービーが運のある馬が・・
勝つとも言われます・・ロッカヴェラーノは高校野球で言えば・・春のセンバツで補欠校だったが・・急にセンバツ校の・・辞退で代わりに・・甲子園に出場出来ることになった・・
ほんとに運のいい馬・・だと思います。

早期の梅雨入りの異変、大型台風の襲来・・天気悪く・・重馬場は避けらえない。爪が小さく重馬場も気にしないロッカヴェラーノ・・先行で逃げれば・・鞍上にダービー優勝4回の天才ジョッキー、武豊・・最後の1枠を運のよさで引き当て・・人気薄。大波乱があっても何らおかしくない日本ダービー・・果たして??


東京6大学野球もいよいよ大詰め・・最後の早慶戦が始まりました。
テレビ観戦でしたが・・小雨が降る中・・慶応が早稲田を6対1で勝ち・・明日、優勝をかけて、再度、早稲田と対戦します・・

注目の伊藤選手は4打数ノーヒット・・三冠王に赤信号が点滅・・
やはりプレッシャーか・・最後は外側のボールにハーフスイング・・で三振。
悔しがる表情からも・・無念さが伺える・・明日は・・何とか頑張ってほしいものです。

慶応は鈴木選手のセンター前ヒットで勝ち越し・・さらにスクイズを2本も決め・・江藤監督の采配が冴え渡った・・優勝は全員が喜びあえる素晴らしさがある・・江藤マジックが・・神宮の森で・・選手を操る・・福谷君もコンデションが悪い中・・踏ん張ってくれた・・辰巳、金田選手もようやく顔を覚えた・・三田キャンパスで・・優勝祝賀会が盛大に行われるか・・何だか慶応OBになった気分で・・明日の夜が待ち遠しいです。









全三河のチーム紹介A・・ [2011年05月28日(Sat)]
昨日に引き続き全三河のチーム紹介です。
27日の中日新聞東三河版からの掲載です・・

安城学園、豊川、豊田大谷、成章、三好、桜丘、岡崎商、蒲郡東の8チーム。

長い低迷から復活した豊田大谷、佐竹監督以下、チーム一丸となって・・優勝を目指します。
成章は最近では珍しく大型のピッチャーがベールを脱いだ。2年生の米田君・・身長は185センチ近くはあるだろう・・期待の右腕だ。春の練習試合でも・・完投しており、スタミナも付いてきたようだ・・本格化するのは秋だろうが・・糟谷監督、期待の表れが・・この全三河で投手として登録している。・・夏、さらに秋へと・・期待の大きさを伺わせる。・・私も楽しみにしているピッチャーだ。
この両チーム、昨秋県大会では4対1で成章が勝利している・・



豊川、桜丘も期待がかかる・・常に東三河の上位に位置する。安城学園、三好も最近はこの全三河に顔を出している・・岡崎商も・・伝統校らしい戦いが見ものだ。

三河からの甲子園と言えば愛産大三河が・・平成8年に出場している。この時の全三河は豊田大谷が優勝を飾っているが・・この平成8年は春の県大会は豊田大谷が優勝、夏の県大会は愛産大三河が優勝、秋の県大会は豊田西が優勝と愛知県は三河一色に染まった・・高校野球でもありました。

この全三河、入場料は600円ですが・・それに見合うだけの好試合、ドラマが毎年、あります。・・是非、球場に足を運んでいただき・・声援を送っていただければ・・選手にとっても大きな励みになります・・









全三河のチーム紹介@・・ [2011年05月27日(Fri)]
28日から始まる・・全三河のチーム紹介として・・
中日新聞東三河版に・・掲載されています。28日の土曜日は・・名古屋でも90%の確率で雨の予報・・さすがに・・これだけ確率が高いと・・無理ですね。

今回は杜若、国府、刈谷、小坂井、豊田西、新城東、岡崎北、渥美農
明日は残り8チームが掲載されます。
今回のメンバーを見て見ると・・1年生も名を連ねていますね。
刈谷は秋に全三河とほぼ同じメンバーですが・・平林君がレフトから3塁にコンバート、1塁に服部君・・ピッチャーに山田君・・夏を意識した布陣ですね。
豊田西もほぼ同じ顔ぶれ・・小沢君の・・どんな打撃を見せてくれるか・・こちらも楽しみ。杜若は三木投手の・・踏ん張りが楽しみかな・・昨年秋のリベジンを果たしたいところ。

昭和50年の第52回の全三河を制した国府は・・その後も夏の愛知大会を制し、甲子園出場を決めています・・平成10年の豊田大谷は全三河を制し・・東愛知大会で優勝し、甲子園出場を決めています。
昭和24年から始まった全三河、この大会を制し、夏の甲子園にも出場したのは国府と豊田大谷の2校のみ。平成10年の豊田大谷は・・夏の甲子園では準決勝まで進み・・長い歴史の全三河でも・・一番、強かったのが・・平成10年の豊田大谷ではないかと思ってます。
今年もこの全三河の覇者から・・甲子園出場がなるか・・期待と不安の中で・・残り2カ月の高校野球を謳歌してほしいものです。







東京6大学野球、優勝争いは早慶戦に・・ [2011年05月26日(Thu)]
東京6大学野球も・・予想通り・・立教の連勝で・

優勝争いは・・今週の早慶戦結果に持ち越された・・

神宮球場は大いに沸くでしょうね。・・早稲田も意地を見せるか。

早稲田は1998年以来の5位だとか・・

慶応は・・昨年に続く春季リーグ連覇なるか・・

江藤監督の就任以来・・何かが変わった・・慶応。

愛知県ではおなじみの選手が大活躍・・伊藤、竹内(中京大中京)福谷(横須賀)

愛知勢の活躍が無かったら・・私もこれほどまで・・興味は示さなかったかも知れません。

慶応を応援されている方は優勝を飾って・・神宮フィバーといきたいものです。

今年は名古屋ドームで・・オール早慶戦もあるようです。

優勝に花を添えて・・8月を迎えたいですね。

慶応、江藤監督の魅力を探る・・ [2011年05月25日(Wed)]
昨年の、春から慶応の指揮をとる江藤監督・・いきなり春のリーグ戦で優勝し、秋も早稲田を後一歩まで追い詰め・・準優勝・・今年も春季リーグ、優勝に王手をかけている・・
プロの選手、コーチとして・・歩んで来た野球人生・・
それが・・なぜ慶応の監督に・・いろいろと・・気になる監督さんです。

江藤監督の魅力とは何か・・
昨年もプログで書きましたが・・2月頃、朝のNHKラジオで聞いた・・
江藤監督のインタビューが・・心にグッ!<・・とくるものがありましたね・・
謙虚で・・兄の江藤慎一さんが・・私達兄弟を大学にやり・・一家を支えてくれた。

今、慶応の監督になった事を兄が一番喜んでくれてれじゃないかな・・と。
プロの選手〜・・大学の監督に・・

私はこのラジオ放送を聞いて・・
江藤さんが大好きになりましたね。

その後はまさしく・・江藤マジックの連発・・
春、秋と・・江藤さんほど話題になった監督さんもいないでしょう。
その監督の下で・・教えを乞う・・慶応ナインは幸せだな・・と思ってます。

その江藤監督のインタビュー記事が慶応サイトのHPに紹介してあります。

人間、江藤監督を知る・・貴重なインタビュー記事です。

[塾員山脈] 江藤 省三君(慶應義塾体育会野球部監督)


現実味を帯びて来た・・伊藤選手(慶応)の三冠王 [2011年05月24日(Tue)]
東京6大学野球も・・法政×明治戦が終了し・・残るは慶応戦のみとなりました。
慶応の優勝争いも・・気になりますが・・それ以上に気になるのが伊藤隼太選手の三冠王。

年 名 所属大学
1955年春 衆樹資宏 慶大
1966年春 槌田誠 立大
1975年春 後藤寿彦 慶大
1978年秋 岡田彰布 早大
1981年秋 小早川毅彦 法大
1988年春 大森剛 慶大
1994年秋 丸山泰令 慶大
1996年春 高橋由伸 慶大
1999年春 廣瀬純 法大
2000年春 後藤武敏 法大
2001年春 鳥谷敬 早大
2007年秋 田中幸長 早大

56年間の歴史の中でも13人しか達成していません。
伊藤選手にとっては・・絶好のチャンスです。
顔ぶれを見ると・・プロでも活躍している選手が目立ちます。




伊藤選手の場合は・・打点、ホームランは確定してます〜・・後は打率だけですね。
そこで・・早稲田戦における・・打率のシュミレーションを・・
対象となるのは・・立教の那賀選手・・418、1

☆2試合と仮にします。
伊藤選手・・
1試合目
4打数1安打・・435
3打数1安打・・447
3打数0安打・・421
4打数0安打・・410

2試合目
1,2試合共に4打数1安打ならば・・418,6

1試合目に3打数1安打ならば・・3打数0安打で414・・
2打数0安打で・・425・・

1試合目に4打数1安打ならば・・2試合目1打数0安打・・425
したがって普通に4打席立って・・1本ずつのヒットなら・・わずかながら首位打者確定。
1試合目を3打数0安打だと・・2試合目は2打数0安打で・・400・・1打数0安打・・410

1試合目で3打数0安打なら・・そこで以降、打席に立たなければ・・
三冠王は確定であるが・・優勝争い最中では・・そうは行かないだろう・・
恐らく江藤監督は・・打率を計算しながら・・伊藤選手の起用方法も考えるか?
それは第1試合の結果内容によって・・全てが決まるでしょう!
第1試合でヒットが出れば・・5割の確率で・・三冠王の可能性があると見てます。
9・02 『審判員の裁定』 [2011年05月23日(Mon)]
先の中京大中京×東邦戦で・・審判の裁定について・・コメントがありましたので・・そのルールについて・・皆さんにも紹介します。併せて・・11年2月に・・一部、変更になった部分も・・掲載させておきます。野球規則は随時、見直しがあり覚えておく必要があります・・・・審判の裁定については・・昨年の安城学園×新城東戦の1時間中断があって・・どうも・・その件で頭から離れれずに私も勉強不足で・・ルールを再確認するためにも・・9・02 『審判員の裁定』をよく皆さんも理解した方がいいですね。

今までの例から行けば・・アウト、セーフの判定は覆りませんね・・たとえ誤審があったとしても・・ただ塁審、集めて・・話し合い場でその後、変更になる場合もありますが。それ以外で。守備妨害とか判定がおかしいのでは無いかと言った場合に・・その時は監督さんが・・説明を求める時があります・・その時は選手を使って・・主審の所まで行って・・説明を受けて監督に報告という・・シーンが見られます。
したがって・・アウトかセーフか・・フェアかファールか・・については・・やはり選手は・・誤審であっても・・クレームと言うか・・抗議は避けなければなりませんね。
いい勉強になりました・・余談ですが・・昔、成章が名古屋に行って・・試合をした時に、主審が真ん中のボールしかストライクと・・言ってくれず・・スタンドからブーイングが出て・・それが朝日新聞にも・・判定がおかしいとして掲載されていたと・・さらにOBの方のお話を聞いても・・ひどい・・判定だったよと!怒り・・と。今ではもう・・ありませんが・・ただストライク、ボールの判定では主審の癖があって・・低めは取らないとか・・ありますので・・そこら辺はバッテリーで良く理解しておく必要がありますね。


9・02 『審判員の裁定』

(a)打球がフェアかファウルか、投球がストライクかボールか、あるいはランナーがアウトかセーフかという裁定に限らず、審判員の判断に基づく裁定は最終のものであるからプレーヤー、監督、コーチまたは控えのプレーヤーがその裁定に対して異議を唱えることは許されない。
「原注」ボール、ストライクの判定について異議を唱えるためにプレーヤーが守備位置または塁を離れたり、監督またはコーチがベンチまたはコーチスボックスを離れることは許されない。もし宣告に異議を唱えるために本塁に向かってスタートすれば、警告が発せられる。警告にもかかわらず本塁に近づけば試合から除かれる。
(b)審判員の裁定が規則の適用を誤って下された疑いがあるときには、監督だけがその裁定を規則に基づく正しい裁定に訂正するように要請することができる。しかし監督はこのような裁定を下した審判員に対してだけアピールする(規則適用の訂正の申し出る)ことが許される。
「注1」イニングの表または裏が終わったときはピッチャー及び内野手がフェア地域を去るまでにアピールしなければならない。
「注2」審判員が規則に反した裁定を下したにもかかわらずアピールもなく定められた期間が過ぎてしまったあとでは、たとえ審判員がその誤りに気づいてもその裁定を訂正することはできない。
(c)審判員がその裁定に対してアピールを受けた場合は最終の指定を下すに当たって、他の審判員の意見を求めることはできる。裁定を下した審判員から相談を受けた場合を除いて、審判員は他の審判員の裁定に対して批評を加えたり、変更を求めたり異議を唱えたりすることは許されない。審判員が協議して先に下した、裁定を変更する場合、審判員はランナーをどこまで進めるかを含め、全ての処置をする権限を有する。この審判員の裁定に、プレーヤー、監督またはコーチは異議を唱えることはできない。異議を唱えれば、試合から除かれる。
「原注1」監督は、審判員にプレイ及び裁定を変更した理由について説明を求めることはできる。しかし、いったん審判員の説明を受ければ、審判員に異議を唱えることは許されない。
「原注2」ハーフスイングの際、球審がストライクと宣告しなかったときだけ監督またはキャッチャーは振ったか否かについて、塁審のアドバイスを受けるよう球審に要請することができる。球審はこのような要請があれば塁審にその裁定を一任しなければならない。塁審は球審からの要請があれば直ちに裁定を下す。このようにして下された塁審の裁定は最終のものである。ハーフスイングについて監督またはキャッチャーが前記の要請を行ってもボールインプレイであり、塁審がストライクの裁定に変更する場合があるから、バッター、ランナー、野手を問わず状況の変化に対応できるよう常に注意していなければならない。監督がハーフスイングに異議を唱えるためにダッグアウトから出て1塁または3塁に向かってスタートすれば警告が発せられる。警告にもかかわらず1塁または3塁に近づけば試合から除かれる。 監督はハーフスイングに関して異議を唱えるためにダッグアウトを離れたつもりでも、ボール、ストライクの宣告について異議を唱えるためにダッグアウトを離れたことになるからである。
(d)試合中、審判員の変更は認められない。ただし病気または負傷のため変更の必要が生じた場合はこの限りではない。

11年2月に変更になった部分。
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード