CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年07月 | Main | 2010年09月»
<< 2010年08月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
もし首相がドラッカー読んだら・・ [2010年08月31日(Tue)]
成章の新チーム・・練習試合を初めて見たのが・・7月31日の知立戦。
滝頭球場で・・双眼鏡で選手のポジションと・・確認しながら・・
試合は2試合とも・・負け。・・この時には・・秋の県大会、行けれるだろうかと・・
心配したものですが・・知立高校の左の投手・・いい球投げるな・・と。
私の頭の中にインプットされた・・知立高校は1次リーグで・・敗戦したが、
もう一度・・あの投手を見てみたいものだ。



帽子星もし、首相がドラッカーを読んだら・・帽子星

先日の中日新聞に・・あの

「もし高校野球の女子マネジャーがドラッガーの「マネジメント」を読んだら



の著者、いわさき、なつみさんが・・紹介されていました。

参院大敗を受け。政権立て直し図る民主党。参院では野党が過半数を占める『ねじれ国会」とあって前途多難だ。経営学の理論を活用し、甲子園を目指す高校野球部を描いたユニークな小説が話題となってる作家。岩崎夏見さんと、国民の信頼を失った組織の立て直しに何が必要何のか考えて見た。

「もし管直人首相がドラッガーの『マネジメント」を読んだら・・

わずかなコラム記事だが実に面白い・・

野球も政治も・・無駄をいかに省くか・・がポイントですね。

民主党も代表選挙で・・分裂を避けたいい思惑から・・管首相が小沢元幹事長との・・
会談を希望しているとの事だが・・果たしてどうなるか・・

今朝の世論調査では・・管首相が60パーセント台、小沢氏17パーセントと・・
国民の目は厳しい・・もちろん、今、小沢総理が誕生し・・衆議院を解散し・・選挙をやったら
惨敗は・・目に見えている・・・しかし、これが3年後となると・・分からない。
さて・・小沢氏が管総理と話し合うのか・・
この駆け引きは・・面白い。


失敗と書いて成長と読む・・野村監督 [2010年08月30日(Mon)]
29日は夏休み最後の日曜日・・子供たちも・・宿題に追われて・・忙しそうです。
この暑さは・・9月も続くそうですから・・体調管理には充分、注意が必要です。

日曜日の朝・・NHKを見ていたら・・

楽天の前監督、野村さんが・・母校の小学校を訪ねて・・・学校

子供たちに・・野球の楽しさを教える番組を拝見しました。パソコン

電球「失敗」と書いて・・「成長」と読む電球



(NHKテレビ)

おおっ・・・面白いね。

野村監督、曰く・・故郷は好きか・・嫌いか・・と尋ねられたら・・・

嫌いでしたね。・・と。

・・故郷にはいい思い出が残っていないと・・

・・おっしゃってました。落ち込み


(NHKテレビ)

子供たちの前で・・おじさんの名前知ってるかな・・

もちろん、子供たちは・・知ってるよ!と・・・野村さんも嬉しそうだ。

野村さんは子供たちに・・・野球は確率のスポーツ・・と。

どこに打てばヒットが出るか・・

どこに守れば・・アウトになるか・・

実際にゲームを通して・・その戦術を教える・・

当たり前のことですが・・守備のいないところに・・打てばヒットの確率は高いですよね。

一番、言われるのがセンター返し・・ピッチャーをめがけて

・・センターに打つ。非力なバッターには・・

これが一番、ヒットになる確率が高いような気がします。

あの甲子園で早稲田実が中京、相手に・・大量得点した時には・・

ピッチャーの横を何回も・・ゴロで抜けて行きましたよね。


(NHKテレビ)


最後に・・黒板に・・勝ちに不思議の勝ちあり、

負けに不思議の負けなし・・


これは勝つ時には・・相手のエラーがあったりして、勝ちが転がってくる

負けだな・・と思った時にも・・相手がエラーをして・・負けがなくなったりと。

長年、プロ野球に携わった来た名将の言葉ゆえに・・説得力がありますね。

実際にプロの試合を見ていても・・そういうシーンがあるし、高校野球でも

相手がエラーしてくれて・・・さよなら勝ちと言うケースも・・良く見かけます。

私が楽天ファンになったのは・・野村監督の影響が大きいですね。

高校野球においても・・失敗の連続はあったとしても・・

それは自分の成長に繋がってます。

失敗を恐れずに・・何事にも・・積極的に・・

1年後を見据えて・・頑張ってほしいです。



(NHKテレビ)
県軟式野球大会は三谷中が優勝・・ [2010年08月29日(Sun)]
毎日、暑い日が続きますね・・

東三河地区では・・全三河に出場する残り2校の予選会が

9月4日に行われます。全三河はご存じの通り・・

西三河地区8校、東三河地区8校の計16校で・・行われます・・

東三河は県大会出場の6校はすでに・・権利を獲得し、

残りの2枠を時習館、豊橋中央、豊橋南、豊橋東、蒲郡、

蒲郡東、豊橋西、豊橋工、小坂井、福江、三谷水産、

海陽学園、豊川工、国府、で争います。

この夏・・注目されたキラキラ海陽学園キラキラ・・10月に開催される

最後の公式戦、全三河を目指して頑張ります。走る

相手は・・1次リーグで・・対戦した福江高校・・12対13の・・1点差で惜しくも

敗れましたが・・今回はリベジンの戦い・・初の1勝をもたらすか・・

海陽学園の・・終わらない夏太陽・・暑さと共にまだまだ・・続きます。

ヒヨコウサギニワトリカエルブタ帽子・・・・

第64回「愛知県中学校総合体育大会軟式野球大会」の決勝が1日、

豊橋市民球場で行われ、三谷が朝日(刈谷市)に5―1で勝利し、

初優勝。祝日7日から三重県で行われる東海大会に13年ぶりに出場し、

惜しくも準決勝で敗れましたが・・東三河地区の中学校とあって・・

関係者の注目は大です。三谷中は蒲郡市。話題の海陽学園からも近い学校です。

海陽学園の中等部も・・同じ、蒲郡市内ですから・・中学の部でトーナメントに登録し

出場しています。・・海陽学園は・・全国から注目を浴びている中高一貫の私立校。

このところの蒲郡市は何かと・・野球の話題が多く、三谷中が県大会優勝は・・

地域にとっても・・嬉しい限りですね。

東愛知新聞より

三谷中と言えば・・成章の手嶋君や・・竹内君が・・出身校ですね。

成章も9日に中学生の部活体験があったようで・・26日にも・・あったようです。

いずれにしても・・県大会優勝校というのは・・

どの高校からも注目されるわけで・・

来年・・どこの高校に入るのか・・楽しみです。
ハイレベルの愛知、21世紀枠・・ [2010年08月28日(Sat)]
愛知県の秋の県大会出場。51校が決まりました。
来年の選抜に向けて・・次の第2ステージ・・東海大会に、3校・・21世紀枠に・・1校の4校が・・秋の県大会で・・その権利をかけて・・戦います。

キラキラ今年の愛知の21世紀枠はハイレベルの戦いとなりそうです。キラキラ

☆春の県大会ベスト4の誉、夏の大会決勝進出の愛知啓成・・
その2校を破って優勝した津島

☆春の選抜にも出場した成章、昨年秋の東海大会出場の豊川、この2校を破って・・優勝を飾った渥美農業

☆甲子園出場、経験もある公立の雄、大府を破って優勝した横須賀

☆昨年の県21世紀枠、東海地区21世紀枠候補の刈谷

上記の4校が主に愛知の21世紀枠をかけて・・戦います。他にも・・岡崎商、三好等・・21世紀候補はたくさん、いますが・・今年は混戦模様と言っていいでしょう。

鍵は・・いかにしてベスト8に残れるか・・・ここが大きな展開の綾です。
シード校になったとは言え・・中京、名電、享栄のノーシード私学4強との組み合わせ次第では大波乱の展開が待ってます!炎

先が読めませんね・・刈谷にとっては・・1戦1勝・・ベスト8まで・・行かなければ・・苦しいかも知れませんね。ベスト8まで行けば・・他校の公立校がベスト8以上でも・・刈谷の優位は変わらないと思います。

夏、以上にホットな戦い・・注目される県大会は久しぶりでしょう。ロケット


[尾張地区 ]

津島  誉  弥富  愛知啓成  西春  大成  津島北
小牧  津島東  一宮興道(10校)

[東三河地区 ]
渥美農業  成章  豊川  桜丘  新城  新城東(6校)


[知多地区 ]
横須賀  大府  半田工業  半田商業  大府東(5校)

[西三河地区]
杜若  豊田西  刈谷  碧南  安城東  西尾東  岡崎商業
愛産大三河  三好  岡崎工業  岡崎城西  豊田大谷(12校)

[名古屋地区]
愛産大工業  東邦  中京大中京  菊華  愛工大名電  栄徳
享栄  中部大第一  天白  愛知商業  至学館  星城  大同大大同
愛知  名古屋国際  昭和  明和  高蔵寺(18校)
渥美農V,県大会へ弾み [2010年08月27日(Fri)]
今日も暑い一日でした・・9月も残暑が厳しいようですから・・じっと我慢の・・日々が続きそうです・・野球の話ではないが・・・民主党の小沢元幹事長が・・この秋の民主党、代表選に出馬を決めたと言うから・・驚いた。私の先読みでは・・動きは無いと見ていたが・・個々が正念場と見たのであろう・・人は・・人生の岐路に立った時に・・決めなければいけない時があります・・民主党の代表は・・即、日本の総理大臣を意味する・・政治も野球も強いリーダーシップが求められています。変わらなければ・・行けない・・小沢氏は数々の改革を進めてきました・・金の問題を除けば・・・過去の政治活動からも・・日本経済の低迷を救ってくれるのでは・・ないかと密かに期待しています。

西三河地区の決勝は杜若が2対1で豊田西を破り・・優勝を飾るとともに・・この秋のシード権を手にいれました。名古屋地区では東邦が中京大中京を4対3・・さよなら勝ちを決め・・この秋の主役になりそうな気配です。

今年の新チームは・・中京、東邦、豊田西、刈谷・・成章を見ても・・1年生の活躍が目立ちます・・この秋のキーポイントですね・・それだけ・・混戦と言っていいでしょう。

26日の東愛知新聞に・・秋季東三河高校野球の6校・・渥美農、成章、豊川、桜丘、新城、新城東が県大会に出場します。チームの・・紹介がありましたので・・

投打ともに力があるのは、渥美農、成章、豊川、桜丘
特に渥美農は夏とバッテリーが変わらず、上位打線もほぼ変わっておらず、夏と同じ高いレベルを維持している。渥美農は今大会、夏は控えだった・・岩瀬が主戦を務め、2次トーナメントでは3連戦、完投。夏主戦を務めた大倉も夏の疲れもなく、力強い速球派2人の存在は県大会で勝ち上がっていくためには・・頼もしい存在だ。

守備力の高さとチームとしてのまとまりとレベルの高さでは成章が最も秀でている。タイプの違う、右腕と左腕投手に加え、安定した守備。攻撃力も長打はないが、高い起動力で小さなチャンスを得点へとつなげる。

刈谷、シード逃す・・ [2010年08月26日(Thu)]
本日、行われました西三河2次リーグの準決勝・・

刈谷対豊田西は9対7で豊田西が勝ち・・決勝へ・・

刈谷は惜しくもシードを逃しました。

以下は豊田西野球部HPよりの抜粋です。



●2010-08-25―(公式戦)秋季西三河2次トーナメント準決勝(豊田球場)
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
刈谷   0 0 0 2 0 1 4 0 0 7
豊田西 0 0 4 0 1 0 3 1 X 9

備考 中川,小川(6)-土屋

得点の内容からも打ちあいの試合だったようです。

刈谷、県大会で頑張ってほしいです!
渥美農の強さ・・ [2010年08月25日(Wed)]
昨日の渥美農×成章戦を振り返って見ましょう。
成章の先発は若林投手、渥美農は岩瀬投手・・
若林投手は緩い球を駆使して・・・打たせるのが持ち味。
しかし、やや・・コントロールが悪く・・初球にボールのカウントが多く・・苦しいピッチングでした。



渥美農は4回、この回先頭の岩瀬選手がレフト前打で出塁したのをきっかけに、一死一二塁の場面で河邉選手が先制タイムリー。続く酒井選手も走者を返しとリード。3連続ヒットで2点、先制・・ここで成章は原田投手に交代・・

5回、1アウト、1,2塁から・・3塁前のゴロをファンブルして・・1アウト、満塁、次打者はセカンドゴロ・・良く捕ったが・・1塁へ悪送球で・・2点が追加、さらにヒットで3点目、5対0となる。
後半、7回、9回に成章は1点ずつ・・取ったが・・前半の失点が大きく・・5対2で敗戦。





5回の3失点が無ければ・・接戦になったと思います。
今年の成章は内野の守備がよく・・特にショートの松坂君は肩も強く・・フィルディングは抜群ですね。県大会でも・・注目です。昨日の試合を除けば・・内野の守備は安心して見ていられます。

渥美農の岩瀬投手は・・コントロールがいい。初球からストライクが先行し、決め球に・・変化球と・・成章打線に的を絞らせない見事なピッチング。
内野の守備も鍛えられて・・ほとんどミス無しの内野陣。

県大会でも活躍してくれるでしょう。
ベスト8以上まで行けば刈谷と共に21世紀枠も夢ではなく・・
今はその力が充分にあると・・見ています。

渥農旋風が吹くか・・
楽しみな県大会を心待ちにしたいと思います。
東三河決勝戦は渥美農が初優勝! [2010年08月24日(Tue)]
本日、行われました・・東三河地区の決勝戦は・・

5対2で渥美農が成章を破り・・初優勝を飾りました。

渥美農ナイン・・おめでとうございます。

県大会でも・・成章と共に・・・渥美半島勢の活躍を期待しています!

試合の様子はデジブックからご覧ください。



奇跡だ!快進撃、渥美半島勢の活躍 [2010年08月23日(Mon)]
まさしく・・奇跡と言っていだろう・・・
渥美半島にある学校・公立の・成章と渥美農が・・私立の強豪、豊川、桜丘を破り
渥美半島勢の決勝戦が実現した・

いや・・これは奇跡という意外・・何物でもない・・
このプログをご覧の方は・・B組の初戦・・成章×渥美農戦の試合内容を書きましたがこの試合は成章にたまたま運があったでけで・・実力の差はない・・渥美農はその後、連敗し・・2次リーグ進出は不可能と思われかけていたが・・そこから3連勝し、さらに・・2位決定戦でも勝利し、本日の豊川戦を迎えました。

豊川は昨年の秋季東海大会にも出場し1勝した・・私学の実力校・・私も豊川の実力から行けば渥美農が勝てる確率は・・ほとんどないと見てただけに・・勝利したことじたいが信じられなかった。午前中は所用で・・この試合は見れませんでしたが・・情報では豊川はスタメンに2ケタ台の背番号の選手ばかりで・・渥美農を甘く見ていた節がある・・成章との接戦を見れば・・豊川が簡単に勝てるほどの相手では無いはずだ。・・後半になって・・ようやくレギュラー陣を投入した見たいだが・・8回、2アウト満塁、9回ノーアウト満塁も2点の抑え・・6対4で・・渥美農にとっては歴史的な勝利を収めました。渥美農ナイン。おめでとう!!
ほんとに・・・すごい!!!拍手を送ります!

第2試合の桜丘×成章も・・好ゲーム・・共に投手戦となった。
桜丘は横田投手の・・速い球に・・成章打線は・・ゴロに詰まされるシーンが多かった。2塁のスコアポジション・に4回ほど・・ランナーを貯めたが・・後1本が出ず・・8回まで完全に抑えられたいた・・桜丘は・・9回にダメ押しの1点を入れ・・2対0・・・これで、ほぼ桜丘の勝利は・・横田投手の内容から・・成章が逆転する・・勝利は無いだろう・・と思った。もちろん、スタンドのお客さんも・・そう思われたに違いない。

成章は9回の裏・・先頭打者は5番の赤木君・・・このところ、ミスがいろいろあって・・河合コーチの雷が・・度々・・聞こえていた。・・しかし、この1年生で5番バッターは只物ではない・・今日のヒーローをあげるとすれば・・赤木君を置いて・・他にないだろう・・横田投手の速いストレートに詰まらせていた成章ナインの中で・・鋭い当たりが3本も出ていた。9回の逆転劇も赤木君がショート横を鋭いライナーでヒット!・・めずらしく、1塁ベース上で・・ガッツポーズも出た赤木君。成章はここで・・代走に足の速い村田君を投入・・これには横田投手も牽制を何回も入れる・・次のバッターは山本君・・ここは逆らわずに・・レフト前にヒット・・ノーアウト、1,2塁・・この試合初めて・・成章らしく盛り上がったシーンだ。次は7番の中村君・・当然のことながら・・ここは送り・・バント(・・記載については思いだしながら書いているので・・間違いがあったらご容赦願いたい)・・バントの牽制?後・・強襲・・ボールは3塁前に・・ボールをはじいたように見えたが・・中村君は・・1塁へ全力疾走でセーフ!!・・何だか・・あの初戦の9回、ヘッドスライディングを思い出した・・次は・・松田君・・ノーアウト満塁だ。いろんな策がある・・しかし・2点差となると・・スクイズも・・どうかと思ったが・・仮に成功すれが1アウト、2,3塁で1点差・・さらにスクイズで同点という・・奥の手もある・・糟谷監督は打てのサイン・・松田君は2球目を強振・・打球はフライで・・ライト線へ転がる・・私は3塁側で・・見てたが・・弧を描くように・・フェアラインに・・2,3塁走者が還り・・同点!・・沸き上がる成章応援団!なおもノーアウト、2,3塁・・桜丘ベンチは満塁策をとる・・・その後・・1アウト、満塁、2番打者の樽谷君・・ここはスクイズが充分に考えられるシーンだ。。3球目にスクイズ・・しかし、ファール・・その後見逃し三振で2アウト、満塁・・次は3番打者の松坂君・・このところ、好調だった・・松坂君も・・何回かチャンスがありながら・・横田投手前に凡退・・しかし・・ここは違った。上げムードに同点、ベンチは・・興奮状態だ。
松坂君は・・2球目にセンター前ヒット・・さよならだ!
3対2・・9回の裏に3点を入れた・・成章が・・勝った・・これもすごい・・試合だ。あきれめていた・・勝利が・・9回に・・まさしく・・ドラマだ。8回までに完全に抑えられいた成章打線・・ここ3年は・・8,9回に逆転劇が多く・・その流れを受け継いでいる・・成章。
おめでとう・・今日の打撃のヒーローは赤木君を推す。3本のヒットがどれも・・強烈な当たりだ・・この前の蒲郡球場・・階段のところで・・挨拶してくれたんで・・頑張れよと・・声をかけてあげました。新城ベアーズでは4番を打っていた・・赤木君。頼もしい1年生が現れた・・夏の合宿で・・河合コーチから・・バッテンイングのいい1年生がいるからと・・お聞きしたが・・赤木君だったんですね。



明日は成章×渥美農の決勝戦・・
いい試合を期待しよう!
祝!成章、渥美農、県大会出場決まる! [2010年08月22日(Sun)]
夏の高校野球、決勝戦は・・興南が東海大相模を破り・・春、夏連覇の偉業を達成しました。島袋投手の精神力は素晴らしかったですね。
マウンドも笑顔で・・いかに野球を楽しんでるか・・沖縄に初の深紅の優勝旗をもたらした沖縄、興南高校・・・おめでとうございました。

さて・・東三河2次リーグ戦も今日からスタート・・・
注目の成章は7×1で新城東を破り・・渥美農も2×1で小坂井を破り・・
共に県大会出場を決めました。



成章、渥美農ナイン、おめでとう!

いや〜ほんとに・・うれしいね・・

渥美農は・・終盤・・小坂井に3塁にランナーを何回か・・置かれる場面があった・・、ここぞと言う時に岩瀬君の力投が光り、無失点に抑え・・2対1と1点差で逃げ切りました。



渥美農の秋の県大会は・・何年ぶりでしょうか。
1,2回戦と・・星を落とし・・もうダメかと思われた渥美農・・そこからはい上がって来て・・3連勝・・2位の順位決定戦でも・・2回戦で敗れた中央に勝ち・・この2次リーグに駒を進めて来ました・・この秋のリーグ戦。一番、熱い戦いをしたのが渥美農ではないでしょうか・・
今日の県大会出場は・・父母会、田原市民にとっても・・応援している私にとっても・・嬉しい勝利でした・・ほんとに・・ほんとに・・おめでとう・・
うれしくて・・祝杯です!乾杯

県大会での渥農パワー・・カクメロ打線に期待しましょう。

本日の様子はデジブックからご覧ください。

成章×新城東

渥美農×小坂井


明日の東三河2次リーグ準決勝戦は・・

豊川×渥美農(10時)

成章×桜丘(13時)

いずれも豊橋市民球場です。
| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード