CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年06月 | Main | 2010年08月»
<< 2010年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
中京大中京が2年連続で甲子園へ・・ [2010年07月31日(Sat)]
本日、行われました・・愛知大会の決勝戦・・
中京大中京×愛知啓成戦は7対2で・・中京大中京が愛知啓成破り2年連続で・・甲子園出場を決めました・・

中京大中京ナイン、関係者の皆様、優勝おめでとうございます。祝日

田原を午前10時過ぎに出て・・11時半過ぎには岡崎球場に到着しました・・岡崎球場公園の・・登り口で・・何やらギャルが2人・・私に向かって・・親指を立てて・・来たんで・・すぐに止まりました・・そう言えば・・10代の頃、車が無い時に・・東名高速道路で・・名古屋まで行くのに・・親指を立てて・・ヒッチハイキングをしたのを思い出しました・・

『球場に行きますか〜・・・行くよ・・それならお願いできますか・・いいよ」

いや〜ギャル〜要請にはびっくり・・早速、車に乗せて・・お話を聞くと・・美合からバスに乗って・・球場公園まで来たとのこと・・しかし、かなり・・長い距離を歩かなければならないので・・私の車にサインを送ったようだ・・う〜ん・・・ギャルからのサインなら・・いつでもOKだよ〜笑顔

金髪に染めた・・ギャル、2人のお話を聞くと・・
一人は○○投手の元・・カノとか・・へぇ〜ヒヨコ
もう一人は啓成のキャッチャーの元カノとか・・へぇ〜ウサギ


もっと、お話したかったけど・・3分ぐらいの同乗だからね・・それでも・スタンド前の駐車場は満車で・・道路を隔て・・向こう側の駐車場に止めて来ました。

3塁側ベンチ裏の一番前をゲットし・・観戦・・です。
序盤から中京打線が手固く・・送りバントで2塁へ進め・・適時打で1点を取るという・・堅い作戦・・磯村選手の左中間を破る・・2塁打もあり・・有利に試合を進め・・

その後も小木曽君のヒットを足がかりに・・中京が圧勝した感じでしたね。
7回からは森本投手が登板・・最後はきっちりと三振で仕留めました。

今回は・・大藤監督の最後の夏とあって・・中京ナインにとっても・・
うれしいでしょう。

甲子園では全員で深紅の優勝旗を返還できますね・・
又。。熱い中京。熱いドラマが待ってることでしょう。

野球王国、愛知の名を再び・・全国に轟かせてほしいと願ってます。

中京大中京・・おめでとう!



(試合終了後、森本投手と磯村選手が・・ハイタッチ・・)



(磯村選手と大藤監督が・・堅い握手・・)

愛知大会の決勝戦は雨で延期・・ [2010年07月30日(Fri)]
29日に行われる予定だった・・愛知大会の決勝戦・・愛知啓成×中京大中京戦は雨のため・・30日に延期となりました・
この所・・猛暑続きで・・ひと雨欲しかった所ですから・・やれやれです。
果たして・・この雨がどう左右するのか・・興味にあるところです。

2年前の春の決勝戦で・・この両校の対決を初めて見ました。
場所は岡崎球場です。今の3年生が1年生の時ですから・・
懐かしい顔が見つかるかも知れませんね。


愛知大会、決勝戦は中京大中京×愛知啓成・・ [2010年07月29日(Thu)]
28日は愛知大会、準決勝2試合が行われ・・中京大中京と愛知啓成が勝ち上がり・・明日の決勝戦で・・両雄が戦います・・ただ29日のお天気は雨で・・お昼からはさらに雨脚が強くなるとの予報・・中止の可能性が高いようです。

三重はいなべ総合学園が・・優勝を飾りました・・昨年は三重県の21世紀枠にも選ばれ・・中京大中京の森本投手と同期だった選手もいます・・いろんな意味で・・うれしい初優勝でしょう。

大藤監督、引退の花道を飾るか・・中京大中京

中京OB岡田監督の野望が・・実現するか・・

愛知啓成は優勝候補の東邦を破り・・勢いに乗っています。
中京大中京の打線が啓成中川投手を打ち崩すかが・・この試合のポイントでしょう。

昨年の小牧球場での全尾張で・・愛知啓成の中川投手を見ました・・
東三河地区に住む私にとっては・・尾張地区の試合を見る機会は少ないのですが・・2年生だった中川投手は先発で登板・・いい球を投げてるな・・という印象がありました。

啓成は中川投手がどれだけ・・中京大中京打線を封じるかで・・勝負の結末が待ってると思います。・・・今のところ・・互角の勝負とみました。

果たして・・勝利の女神は・・何処へ・・

夢をあきらめないで・・中京・稲葉選手 [2010年07月28日(Wed)]


このところ・・ひょんなところから・・岡崎北の名前が出たのだが・・そう言えば以前に岡崎北の試合を見て・・それを・・HPでアップしたところ・・岡崎北OBの糟谷様より・・コメントをいただき、懐かしく思いました・・・以前、よく岡崎の知人の家に遊びにいったことがあって・・近くに岡崎女子高だったかな・・そして・・さらに同じ岡崎北があったんですね・・





その岡崎北の出身、シンガソングライターが岡村孝子さんだったんですね。



キラキラ夢をあきらめないで・・キラキラ

乾いた空に続く坂道 後ろ姿が小さくなる

やさしい言葉 探せないまま

冷えたその手を 振りつづけた

いつかは 皆 旅立つ

それぞれの道を歩いていく

あなたの夢をあきらめないで

熱く生きる瞳が好きだわ

負けないように 悔やまぬように

あなたらしく 輝いてね♪〜


実はこの・「夢をあきらめないで・・」にまつわる・・ことがなかなか思い出せなくて・・
何だったかな・・と思って?・・調べていくうちに・・熱闘甲子園がありました・

そうか・・・思い出した・・!

本屋さんで・・プロ野球選手の高校時代の逸話があった本があって・・

中京大中京の稲葉選手(日ハム)が夏の大会の決勝で当時、あのイチローがいた名電に敗れ・・その日は悔やしくて・・悲しい敗れた日には・・もう野球をやめよと・・思ったそうだ・・夜に熱闘甲子園で自分がホームランを打ったシーンを見て〓・・・最後に・・この熱闘甲子園のエンディングで流れていた・・岡村孝子さんの・・「夢をあきあめないで・・」を聞いて・・もう一度、野球をやろうと・・思った・・そうだ・・

たしか・・書いてあったのを思い出しました。私がそれを覚えていたのですが・・それが・・夢をあきらめないで・・書きたいとが思ったんだが・・何だだっかな・・忘れていたのですが・・熱闘甲子園と聞いて思い出しました。

それだけ・・稲葉選手にとっても・・思いで深い〜〜曲だったんですね。高校野球での悔しい思いでも・・プロになって・・一流選手として活躍、さらに全国制覇した後輩たちの活躍は・・苦しんだ高校時代が・・懐かしく思えたことでしょう。


それほど・・この歌は・・青春の思い出として・・球児の皆さんの心に奥深く・・入りこんでいたんですね。・・こんな・・稲葉選手の逸話を聞くと・・涙が出ますね。・・きっと・・苦しい・胸の内があったんですね。

この夢をあきらめないで・・まさしく、高校野球にピッタリ!の曲だと思います。

あなたの夢をあきらめないで・・♪



支え合ったライバル、最後の継投 成章・小久保俊弥君、西崎光君 愛知 [2010年07月27日(Tue)]
岐阜大会の決勝は土岐商が県岐阜商を4対3で破り・・

甲子園出場を決めましたね。

いや〜びっくりです。まさかと言う感じです。

・・成章と練習試合をした事のあるある土岐商ですから・・

ほんとにうれしいですね。・・甲子園でも頑張ってもらいたいです。

愛知は・・優勝候補の東邦が愛知啓成に敗れる・・・大波乱がありました。

残り・・3日で、愛知の優勝校も決まります・・

果たして・・どこが優勝するのか・・楽しみですね。




支え合ったライバル、最後の継投 成章・小久保俊弥君、西崎光君 

26日付けの朝日新聞に・・掲載されていました。

成章の夏が終わりました・・ [2010年07月26日(Mon)]
今年の成章の夏が終わりました・・

たくさんのご声援ありがとうございました。

最後の9回も1アウト満塁と・・昨年の名電との試合を思い出させるような

見せ場を作ってくれて・・最後は力、及ばずでしたが・・

よく頑張りました。

この夏は・・1回戦から5回も・・試合を見る事が出来て・・

選手には皆さんには感謝しております。

ありがとう・・・

1年の春に・・豊橋市民球場に姿を見せた新1年生・・

豊川との因縁の対決や・・桜丘の東三河地区優勝決定戦・・・

宇治山田商、掛川西との熱戦など・・

成章らしさが・・充分に出ましたね。

甲子園に行けるには188校の内1校・・

残りの187校は・・いずれは・・敗者としての道を

踏まなければなりません。

甲子園の心とは・・

甲子園の心を求めての著者・・佐藤道輔先生が言ってるように

それは自分の母校のグラウンドにある。

ノックを受けて、汗と涙を流したグラウンド、そこにこそ甲子園の心がある。

皆さんは・・汗を流し、泥まみれになりながらも・・白球を追いかけ・・

野球の楽しさ、苦しさ・・仲間との信頼・・など・・野球部ならではの・・

思い出を作ったことだと思います。

新チームの時に誓った目標・・

甲子園優勝・・の大きな目標は達成できなくとも

君たちの・・気迫あふれるプレーは多くの方から

さすが・・成章と・・絶賛されたものです。

ベスト16は立派です・・

大いに胸を張って・・頑張ったよと・・

これからの・・人生に・・野球で学んだことを活かしてほしいと

願ってます。

父母会の皆さんには・・試合の度に

バスに・・同乗させていただき、ありがとうございました。

この場をお借りしてお礼申しあげます。

ありがとうございました。

成章、4回戦を勝ち・・ [2010年07月25日(Sun)]
夏の高校野球、愛知大会も・・4回戦を終え・・ベスト16が出揃った・・
成章も天白を6×3で破り・・いよいよベスト8をかけて・・碧南工と試合を行います。

今日は12時半からの試合とあって・・田原を出たのは午前7時、父母会のバスに同乗させていただき・・小牧球場に向かいました・・途中、上郷サービスエリアで休憩・・バス8台での揃い踏み・・・10時前には球場に到着しました。今日からはブラバンが入るようで・・やや遅れて・・ブラバンの生徒さんも来ていました。私は・・あの甲子園でに曲の名前が知りたくて・・小林先生とともに・・ブラバンの付き添いの顧問の先生にいろいろと聞きました・・シーホークとかいう曲で・・・♪ララッ・・〜ラララ・・・大きな木の下で・・ブラバンの生徒さんも休憩・・成章の吹奏楽は全国的にも有名で・・数々の賞をいただいております。

田原に帰ってきたのが18時半・・さすがに・・疲れますね。それでもナインの笑顔を見ると・・皆、うれしそうで・・癒されますね・・高校野球の集大成ともいえるべき・・最後の試合が近ずいています。・・悔いないなく・・楽しく・・最後の夏の大会を・・思い出に残るような・・試合にして欲しいと願ってます。

試合の方は白熱した・・内容でした。
成章は村田君が先発・・小久保君の死球退場もあって・・村田、牧野、村田の継投で逃げ切り・・苦しい投手陣の台所をこの2人が抑えてくれました。見事です!

小牧球場
@10時    愛産大工業vs愛産大三河
A12時30分 名古屋国際vs岡崎商業

刈谷球場
@10時    碧南工業vs成章
A12時30分 横須賀vs明和

岡崎球場
@10時    栄徳vs星城
A12時30分 愛知啓成vs犬山

瑞穂球場
@10時    東邦vs愛工大名電
A12時30分 中京大中京vs豊橋東
豊川、直塚君の夏が終わった・・ [2010年07月24日(Sat)]
今日も東海地方は猛暑で・・・連日に続き38度を記録しています。
高校野球も4回戦が行われました。

岡崎市民球場
福江 0 - 5 碧南工 
豊田西 1 - 5 愛知啓成 

小牧球場
名古屋国際 1 - 0 西春 
横須賀 4 - 3 春日丘 

豊橋市民球場
誠信 2 - 3 明和 [延長10回]
豊川 3 - 10 愛工大名電 [7回コールド]

瑞穂球場
愛知 3 - 6 愛産大工
至学館 4 - 6 栄徳

豊橋市民球場では・・豊川×名電戦が行われました。
豊川は直塚投手・・名電は上園投手・・2人は同じ中学で・・硬式の野球部に所属していました。

直塚君を初めて見たのは1年生の秋、東三河1次リーグ戦で・・豊川と対戦した時に・・速い球を投げる1年生がいるなな・・と思ったものですが・・コントロールが悪く、四球の連続で・・成章が辛くも勝った試合でしたね。


次に見たのが昨年の東三河2次リーグ決勝、桜丘戦でした。1対0で敗れた試合でしたが・・ダイナミックなフォームは・・大きく成長した姿が伺えました。そして秋には東海大会に出場し、1勝をあげ・・甲子園を狙える位置まで上がってきました。
中京戦では200球を超える力投でした。これが祟って次の試合では途中交代・・豊川の甲子園の夢は終わりました・・それでも・・気合いで投げる直塚君の投球が好きで・・負けん気の強さはピッチングにも現れていましたね。嬉しい時には・・喜び、悔しい時には帽子をグランドに投げるなど・・気性の激しさは・・普通の投手と違うものがありましたね。

試合は名電にコールド負けでしたが・・試合終了後のインタビューに・・何とも言えない表情で語る・・直塚投手・・君の活躍は・・きっと、忘れることはないでしょう。
ありがとう・・直塚君。












成章、3回戦突破! [2010年07月23日(Fri)]
今日も暑い一日でした・・多治見では39,4度・・名古屋も38度と・・ほんとに暑い中で試合が行われました。
今日の知立東戦は・・噂の七原投手が登場とあって・・父母会でも話題が持ち切り・・
私もこの知立東戦が・・最大の山場と読んでいました。

その七原投手・・1回、先頭打者の手嶋君を空振りの三振と好スタート・・
「手嶋君は・・あんな速い球は初めて見たと・・」コーチに語っていたようです。
スタンドから見ていても・・その速さは・・すごいの一言。

成章は3回に2つのスクイズを決め・そのまま・・押切ました。
途中、小久保君の死球、退場もあって・・成章は・・絶対絶命のピンチ・・
2番手は・・西崎君が登板・・こちらも絶好調・・最後は3人三振の快投で・・知立東の七原投手とはいい勝負でしたね。
結果は2対0の完封勝利でした。




西崎君は1回戦が4イニング、2回戦が8イニング。3回戦が6イニング・・と全部で18イニイング、無失点の・・快記録を続けています。

メーテレで成章×知立東戦の動画があります。

その他の3回戦は・・以下の通りです。

成章 2-0 知立東
岡崎商 7-1 蒲郡
愛知啓成 9-0 名東
明和 5-3 豊明
愛産大三河 8-1 丹羽
三好 5-2 岡崎城西
菊華 7-6 豊野
星城 7-6 同朋
横須賀 6-5 津島北
福江 4-2 碧南
豊橋東 2-1 杜若
愛知 8-5 渥美農
復活だ!・・成章の夏、光君の夏・・ [2010年07月22日(Thu)]
高校野球愛知大会は3回戦を迎え・・シード校の登場です。
シード校では春の4強、誉が敗退し・・その他は実力通りの強さを見せましたね。

碧南工 13-7 小坂井
南山 9-3 日進西
中京大中京 6-0 名古屋市工
豊川 6-1 東海
東邦 11-4 大同大大同
愛工大名電 11-1 東郷
愛産大工 10-2 滝
犬山 4-0 起工
清林館 4-3 津島
長久手 5-4 豊橋中央
岡崎 3-2 東海商
至学館 8-2 杏和
春日丘 9-6 瑞陵
天白 1-0 名古屋工芸
西春 4-1 誉
名古屋国際 5-3 豊田工
豊田西 12-1 吉良
高蔵寺 3-1 豊橋商
栄徳 10-2 豊橋工
誠信 9-2 春日井

20日付けの読売新聞に・・
頼れる背番号10・・成章・西崎光投手・・が紹介されました。

秋の県大会以降は・・足のケガやインフルエンザで・・体調を崩し・・
光君の豪快な投球が見れず・・残念でしたが・・春は関東遠征で・・早稲田実業、慶応との練習試合で好結果を残し・・ようやく、本来の投球が戻ってきました。
1年の秋には・・成章の投手陣2年生を含めて4人の投手がいましたが、糟谷監督が成章の中では一番、速い球を投げる子として・・大いに期待されていました。
そして・・ようやく間にあった。成章の秘密兵器として、春はあえて・・登板させず・・
じっくりと・・夏に向けて調整してきました。

まさしく・・成章の夏、光君の夏・・を迎えました。
最後の夏の大会を・・こうやって、皆さんの前でお見せできる事は・・本人も嬉しいでしょうし・・お母さんも・・きっと喜んでいることでしょう。

昨年の秋に刈谷戦・・ベスト8かけて・・臨んだ試合は・・
内野5人シフトの奇策にも・・関わらず・・2番打者に打たれたしましった・・苦い思い出がありましたが・・こうやって・・光君投球が見れることは・・ほんとに・・うれしい。
ここまで来たら・・悔いなくやることだ。

打たれてもいい・・自分を信じて投げてほしい・・



(読売新聞より)



| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード