CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年04月 | Main | 2009年06月»
<< 2009年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
現在の閲覧者数:
最新記事
リンク集
カテゴリアーカイブ
最新コメント
月別アーカイブ
全三河・・今日は完敗・・ [2009年05月31日(Sun)]
30日に行われました・・全三河の碧南戦・・・
結果から言うと・・1×7の完敗でした。悲しい
碧南から・・田原までの・・帰り、1時間50分は長かったな・・・・・落ち込み

午前中は所用で・・豊田市に・・この街も・・ずいぶんと変わりました。道路は良くなり・・周辺も住宅がたくさん・・出来ました・。途中。道路の横に大きな看板が見えた・・○○中、そう、ここは中京大中京、堂林君の出身中学校です。
豊田市の用事が終わると・・碧南へと向かいました。球場へは1時間ぐらいで、着きました。西尾東×桜丘戦の試合の最中でした・・この試合は・・ご存じ様に・・県大会では延長戦で10対9で桜丘が制し、今日はのその再戦でした・・両チームとも投手がよく・・9回まで0対0のスコア・・素晴らしい投手戦でした。



途中では両チームとも何回か・・チャンスがありましたが、後、1本が出ず・・桜丘は延長12回に1アウト満塁のチャンスがありましたが・・2塁への併殺で惜しくも・・西尾東が踏ん張りました。最後は延長14回、桜丘のライトへのヒットでさようなら勝ち・・県大会に続き、1点差の好ゲームでした。・・試合中に桜丘のスタンドに寄ったら知り合いの知人が・・そうなんでうす。今年、桜丘に入部したんですね・・

私の隣に座っていた・・年配に女性の方・・お話を聞いたら・・お孫さんが1年生で入られたようです・・豊川からですが・・本人が成章を強く希望したとかで・・お孫さんが活躍する日を楽しみにしておられました。・・・スタンド応援する1年生・・回ごとに・・2年生が応援の仕方を教えます・・先輩から後輩へ・・今日は応援団から大きな声が飛び出していました・・
神谷君の応援は・・気持ちがいいですね・・後輩を叱咤、激励する・・
1年生の時もサードコーチャーとして・・大きな声を出して・・成章の中では・・
一番の元気、・・・この気迫を次に繋げたいですね。

成章の方は西崎(正)君が先発、5回までは1対1の同点・・6回に疲れからか、球が甘くなり連打を浴びて・・2点取られ。交代、その後、小久保、西崎(光)と継投でしたが7点をを取られた・・完敗でした。

今日は碧南の石川投手を誉めるべきですね・・最後まで球威もあり、右打者への外角へのスライダーがよく決まってました。・・・気迫のピッチングが感じられました。・・成章は6回、ノーアウト1塁のチャンスで・・1塁走者が憤死・・2ストライクは取られていましたが、まえの1球はエンドラン・・この1球もエンドランか・・ここでの単独での盗塁は考えれせんから・・1塁走者はスタートして2塁へ、打者が打たないとなると・・すぐに1塁に引き返しましたが・・刺されてアウト、その後、ヒットが出ただけに・・サインの見落としか・・大きな流れが変わったプレーだと・・感じました。9回で6点差・・このピッチングを見ていては・・逆転は無理・・かなと。・・
・・

代打で渡邊(俊)、澤田君が最後は・・出てきました。公式戦は初のバッターボックスだと思いましたが・・いろんな意味で・・思い出に残ったことでしょう。お疲れ様でした。星





後は夏の大会が最後になりますが・・
悔いのないように・・青春を謳歌してほしいと・・願ってます。
本日からは全三河が始まります・・ [2009年05月30日(Sat)]
いよいよ本日30日から・・第120回全三河が・・行われます・・

成章は碧南臨海公園野球場で・・碧南との対戦です。

碧南とは・・このところ練習試合を含めて・・3戦、3勝・・


油断は禁物ですが・・何とか頑張ってくれると思います。

碧南×成章の勝者は・・

31日の・・杜若×豊川の勝者との対戦が決まっています。

どちらが出てきても・・・苦戦は免れませんが・・笑い

高校野球3年間の・・思いをぶつけてほしいと願ってます。

・・これからは・・最後の4コーナー・・

安井主将の元・・全員が一丸となって・・最後の走る

ゴールを目指して・・メガホン
メガホン

中京大中京も沖縄遠征ですね・・参考までに。

5/30/2009 @ 宜野湾球場
9:20 歓迎セレモニー
10:00 中京大中京 - 興南
12:30 中京大中京 - 中部商

5/31/2009 @ 宜野湾球場
9:00 中京大中京 - 沖縄水産

ちなみに成章は
今年の関東遠征で・・
春季沖縄大会優勝校の中部商業高校と
対戦しました。
全三河、成章の初優勝は昭和27年・・ [2009年05月29日(Fri)]
昨日からの楽天×中日戦・・終盤はおもしろいですね。
今日も最後はホームでのクロスプレー・・これがセーフ・・
落合監督の執拗な抗議・・手を後ろに組んで・・これは口は出ても
手は出ないよ・・と。でもアウトがセーフには・・ならないでしょう。そして
退場・・ううう〜ん。

成章が全三河で初優勝を飾ったのは・・

昭和27年の秋の全三河でした。

決勝戦は9月23日・・
相手は豊橋東高校・・成章は9対0で全三河の初優勝を飾りました。
殊勲賞は河合正彦
打撃賞は山本和夫・・

その当時のメンバーは
監督 立花一夫
投手 河合正彦
捕手 山本和夫
一塁 太田豊
2塁 大谷敏夫
3塁 松野孝雄
遊撃 山本昌彦
左翼 鶴見恭三
中堅 石井恒夫
右翼 花井昌

投手の河合さんは・・立教大に入り、あの長嶋茂雄と共に黄金時代を築きました。
現在は阪本正彦さん(旧姓河合)、関西成章会の会長を歴任されています。

山本昌彦さんは国学院大学に入り・・卒業後は愛知県にて教師となり、
成章の監督として昭和47年に甲子園出場を果たされました。
お二人は糟谷監督にとっても・・恩師、成章の野球の歴史を語る時に
お二人を忘れることは出来ませんね。

皆さんご存じの大先輩です。今日の成章を支えた偉大な先輩と言っても・・過言ではないでしょう。同じ渥美町出身で同級生・・大学時代には・・あの長嶋茂雄(巨人)と杉浦(南海)、そして、河合さん、山本さんと4人で・・日比谷公園で遊んだこともあると・・この前のOB会で山本さんが語ってくれました・・
すごい・・話ですね!
何よりもミスターGの全てを知る・・
阪本さん・・初対面の時はあまり
お話ができなかったので・・今度はお酒で飲みながら
じっくりと・・お話を聞きたいですね。笑顔





さて中日新聞東三河版に全三河出場校の・・
選手が紹介されています。










中日新聞東三河版より
全三河 時習館×刈谷・・ [2009年05月28日(Thu)]

週末は・・お天気が悪そうで心配ですね。
昨年の春の全三河、碧南臨海球場での試合を思いだしました。
田原から出発し・・幡豆あたりになると・・大雨で・・これは中止かな・・と
思ってたら・・碧南の方は雨がやんでいて・・何とか試合が出来たことを
思いだしました。この碧南臨海野球場は入口が分かりにくいので
注意してくださいね。私は球場は見えるのに・・入口が分からず・・オロオロ・・と周辺を2回も
回りました・・困った


時習館×刈谷・・ともに伝統ある学校です・・時習館については・・第1回の全三河優勝と・・その活躍ぶりは・・東三河では・・歴史のある学校です。・・全三河では昭和24年春(第1回)と昭和31年の9回大会の秋以来・・優勝からは遠ざかっています・・
ここらで・・時習館の活躍が見たいところです。



刈谷は昭和57年秋、第64回が初優勝・・・その後、3回の優勝があります。
このところの刈谷は県大会でも上位に進出しており・・こちらも期待が持てます。



さらにこの2校には、

甲子園出場という輝かしい実績があります


時習館は大正5年の第2回夏の大会,
昭和27、28年の春の選抜大会・

刈谷は昭和53年の夏の大会・・

近年は・・私学4強に・・阻まれて三河地区からの甲子園出場はなかなか
厳しいものがあります・・が
成章が21世紀枠で36年ぶりに選抜で甲子園出場出来たように
後1歩頑張れば・・三河地区の学校の甲子園出場も夢ではありません。
ぜひ、頑張ってほしいと思います。

古豪復活に期待したいですね。
全三河 桜丘×西尾東・・ [2009年05月27日(Wed)]
■夕方、帰りに福祉センターの横の道路で成章生3人が恒例の台数チェックをしてましたね。ちらっと・横顔を見たら・・どうも野球部の1年生のようでした・・

■サイモン&ガーファンクルの名古屋公演が・・名古屋ドームで7月にあるようですね・・
なつかしいな〜よく聞いた学生時代。コンドルは飛んでゆくは・・名曲ですね・・
あの当時レコード盤が1枚・・いくらだったかな・・針をレコード盤の上に載せて何回も聞きました・・英語の意味は分からずとも・・その甘い歌声に・・しびれましたね。

★さて全三河ですっかり西尾東の存在を忘れていました。

西尾東はご存じ様に西三河地区大会では・・

三好を5対3で破り27年ぶりの優勝を飾りました.祝日







県大会では今度の全三河では再戦となる桜丘との対戦になります・・

県大会では延長10回9×10で惜しくも桜丘に敗退・・

西尾東にとっては悔いの残る試合だったと思います。

勝てば・・豊田西と戦う予定が・・

同じゾーンの豊田西は県大会ベスト8に残り・・

大きく明暗が分かれました。

今回はリベジンに戦いとなります。

おもしろい試合となるでしょう。

西尾東と言えば・・昨年、秋の全三河を忘れることは出来ません。
1回戦・・成章は9回まで0行進・・厳密に言えば9回2アウト3塁まで0点でした・・


まさしく中京大中京が東海大会の三重戦と同じように・・
0×1から相手のワイルドピッチで同点・・延長戦で勝ち・・その後東海大会を優勝し
甲子園に出場しました。

成章もあわや・・完封負けかと思ったら・・2アウト3塁からワイルドピッチで同点になり
延長戦で勝ち越し・・その後全三河優勝を飾りました。

西尾東の強さは、本物でした。

★お知らせ・・・です
□■CANPANシステムメンテナンスのお知らせ■□

2009年5月27日(水) 17:30〜24:00
この時間帯におきましては、システムメンテナンスのため、
CANPANブログをご利用頂けない状態となります。
何卒あらかじめご了承くださいますようお願いします。

第1回全三河・・優勝は時習館 [2009年05月26日(Tue)]
夕方、CBCのテレビを見てたら・・この前,中日新聞に紹介されていた
カーネションの花びらを貼り付けたウェデイングドレスの花嫁さんが紹介されていました。
いや・・・綺麗ですね。〓



5月も最後の週を迎えました・・
5月30日からは・・伝統の第120回全三河が始まります。

この全三河・・・正式名称は・・高野連のHPには

第120回中日争奪全三河高校野球大会

と書いてありますが・・昨年、もらった全三河のパンフには・・

第119回(平成20年度)中日旗争奪全三河高校野球大会

と書いてあります・・大きく違うのは・・旗の字が?無いことだけど

どちらが正しいのでしょうか・・と思って組み合わせ表を見たら・・ちゃんと旗の
字がありました。落ち込み
(どうでもいいことで、すみません)すいません


・・通称・・オール三河と読んでいます。

毎年この大会を楽しみにしておられる方も・・多いようです。
結構、対戦相手に・・知り合いの選手がいたり・・中学時は同じ野球部だったっり・・
お母さん同士が・・知り合いだったりと・・さらに・・公式戦では対戦するのはこれが最後の試合という・・組み合わせもあって・・思いが募る・・全三河の良さがあります。

秋の大会は新戦力の・・試しなのに対し、春は・・どちらかと言うと・・3年生の大会という印象が強いと思います・・かと言って全員が20人の登録メンバーに入れるわけではありません。
全三河で初めて・・公式戦、バッターボックスに立った選手もいます。
・・・父母の方たちにとっても・・最後の息子の晴れ姿・・カメラを持って・・
撮ってる姿がありました・・気持ちは分かりますよね・・

私も昨年・・スタンドに座っていたら・・ある父母の方から・・初めて声をかけられ・・
息子の写真をお願いします・・と頼まれ・・バッターボックスの入る息子さんを慌てて・・
撮りました・・打席も最後の1打席ですから・・失敗は許されません・・
緊張したな〜(*_*;
その写真も・・最後はCDにしてお渡ししたので・・喜んでもらえたと思ってます。

年2回の開催で121回ですから・・ざっと60年の歴史があります。
春の県大会とほぼ・・同じ時期に第1回大会が始まったようです。


時習館と甲子園に・・
第1回大会の様子が記されています。

昭和24年度(1949年)

中日旗争奪全三河高校野球大会始まる

 戦後の混迷のなか、県下でいち早く野球大会を開催したのが東三河リーグ戦であった。これを機縁として戦前の全三河中等学校リーグの復活が唱えられ、渥美時習館高校監督筒山岡崎高校監督、長谷川岡崎工高監督、牧野喜八郎高野連審判委員らが、中日新聞ともたびたび協議、その他関係者と図った結果、東西両三河リーグ戦の代表校トーナメント方式で、春は東三河、秋は西三河で開催されることが決まった。

東三大会を豊橋実業、豊橋東、豊川に快勝し、全勝。

 なお、4月29日の対豊川戦で「芳村亮雄」がオーバーフェンスのホームランを放ち、豊橋球場オープン以来高校野球試合では、第一号のホームランとなった。

                  昭和24年5月 全三河高校野球大会優勝
        
     

優勝戦
刈谷 0 0 0 0 0 0 0 0 5
時習館 2 5 0 3 0 0 1 2 A


全三河高校野球大会 五月八日 豊橋球場

 東三大会を全勝で、この大会に参加した時習館は、一回戦は岡崎を激戦のうえ下し、優勝戦では刈谷を大差で破り、第一回大会の栄冠を勝ち取った。

(中日新聞)本社後援第一回全三河高校野球大会は、東西両地区リーグ戦の結果四代表が出場し、豊橋球場で挙行。
 第一試合時習館対岡崎高は時習館十一点の多量得点を岡崎高八回差一点に追いつめたが遂に惜敗、第二試合は刈谷高が豊川高を六A対五で破り、優勝戦は時習館が十三点をあげたのに対し、刈谷高は八回まで得点無く最終回に反撃五点を収めたが既に遅く時習館が終戦以来はじめての優勝の宿願を達した。
 かくて松田本社支局長より紫紺の大優勝旗並びに本社賞が時習館大嶽保、青木伸次両選手、同個人賞が刈谷高角谷、豊橋市長賞が時習館水藤勝、芳村亮雄各選手に贈られた。

昭和24年というと・・戦争が終わって・・4年あまり、日本にとっても一番、
貧しい時期でした・・当時は芋が主食だったとか・・よく聞かされました。
今の飽食の時代・・食べ物の有り難味が薄れてる感じがします。

この渥美半島も・・今はキャベツなどの農業も盛んですが・・これは昭和40年代に豊川用水が出来たお陰で・・豊かになりました。・・それまではと言うと芋ばっかり・・とこの前、キャベツを作ってる知人の農家の人が言ってましたね・・それほど、渥美半島に人にとっては・・豊川用水は・・ほんとに有難い・・用水なんですね。
上流の人に感謝しなければと・・いつも・・思いますね。
東海大会、掛川西初優勝! [2009年05月25日(Mon)]
大相撲の千秋楽は優勝決定戦で日馬富士が横綱、白鵬を破り初優勝を飾りました。
琴欧州戦では捨て身の首投げ・・本割では下手投げから崩して・・白鵬が手をついて・・
勝負は決まった。日馬富士関優勝おめでとうございます・・

とにかく初優勝ですから・・喜びも・・格別でしょう。
プロ野球での初ヒット、初ホームラン・・初勝利は・・選手にとっては忘れることは出来ないと思います。ドラゴンズの立浪選手も2000本打を打ち名球会入りしていますが・・初ヒットは忘れることはないでしょう。・・球団史上唯一の高卒新人として一軍開幕戦フルイニング出場を果たし横浜の開幕投手欠端光則から6回裏の第3打席通算二塁打483本の1本目を放ち4番落合博満のタイムリーで生還し初得点。
2塁へはヘッドスライディング・・初ヒットの感触は・・立浪選手でも・・鮮明に覚えていると思いますね。

24日の東海大会、初優勝を飾った掛川西、優勝おめでとうございます。
東邦を9対6で破り・・センバツでの出場の貫禄をしめしましたね。
一方、敗れた東邦、よく頑張ったと思います。
中日スポーツに森田監督が・・夏の準決勝、決勝を想定してこの東海大会に挑んだと
あるように・・東邦にとっても・・夏に向けていい経験が出来たと思ってます。

     1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
掛川西 0 4 1 2 0 0 1 3 1 12
東邦   2 1 0 0 0 0 0 0 4 7

バッテリー (掛)江塚、横島、古田−丹野
(東)小森、芳賀、池田、奥村−都築


夏の大会まで後2ヶ月・・その頃はベスト8が出揃っている時でしょう。
センバツに続く堂林投手の中京大中京か・・プロ注目の余語投手の名電か、小森、上村投手2年生コンビの東邦か。

暑い夏は・・もうすぐです。
選手の皆さんにはいい思い出を作ってほしいと願ってます。
東海大会・・東邦、掛川西が決勝戦へ [2009年05月24日(Sun)]
23日に行われました東海大会2日目は・・
東邦、掛川西がそれぞれ勝ち、24日の決勝戦に進出しました。


★東邦は上村投手が海星の久志本選手のホームラン、1点に抑え・・
決勝戦に進出です。昨年秋は県大会優勝、今期は春の県大会準優勝と
波に乗る東邦・・この大会を制して・・さらに夏の甲子園にと・・夢が広がりますね。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
海星 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1
東邦 0 2 0 0 3 0 0 0 x 5

バッテリー (海)吉田、畠山−徳原 【本塁打】久志本
       (東)上村−都築

★名電は1、2回の失点が大きく響きましたね。
さすが強打線の掛川西・・甘い球は・・見逃しませんね。
余語投手はさすがです。中日スポーツにはプロ5球団の
スカウトが見にきていたと報道・・これからまだ伸びる投手
として評価は高いようです。

       1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
掛川西   1 4 0 0 3 1 0 0 0 9
名電     0 0 0 0 2 1 3 0 0 6

バッテリー (掛)堀野、小崎−勝又
       (愛)久野、加藤、余語−林

24日の決勝戦は・・東邦は小森投手が投げると思いますが、

ズバリ!掛川西打線を東邦の投手陣が

どれだけ抑えるか



が勝負の分かれ目でしょう。4点以内に抑えれば
東邦のチャンスでしょう。
注目の東海大会初日・・ [2009年05月23日(Sat)]
さて注目の春季東海大会が始まりました。
愛知は東邦、名電と共に勝ち上がり
今日の2回戦を勝てば・・決勝戦に進みます。
春の再現なるか・・楽しみにですね。
   

スコア詳細
1回戦
岐阜城北 000 020 000 = 2
海星    000 100 011X=3
(岐)西畑−高浪
(海)畠山、吉田−徳原

愛工大名電 400 000 001=5
宇治山田商 200 001 001=4
(愛)加藤、余語−林
(宇)大西正、柳生−松島

中京  101 010 000 = 3
掛川西 200 000 101X=4
(中)加藤智、外子裏−中村
(掛)小崎−丹野

東邦    100 040 000 = 5
静岡学園 100 010 010 = 3
(東)小森、上村−都築
(静)鈴木、古本−澁谷


今日(23日)の東海大会試合予定

☆県営松阪球場

★第一試合 東邦ー海星

★第二試合 愛工大名電ー掛川西
全三河 福江×岡崎商・・ [2009年05月22日(Fri)]
新型インフルエンザで・・神戸っ子も・・影響を受けましたね・・・
楽しみにしていた成章×彦根東は・・滋賀県が休校のため、学校の部活動は中止、もちろん高校野球も中止に追い込まれていまいました・・
さて。。今後はどうなるんでしょう。

全三河の福江×岡崎商も楽しみな一戦ですね・・
福江は県大会東海商を・・8対1
一宮工を8対5で下しベスト16
中京大中京には3×6で負けましたが・・
よく戦ったと思います。

岡崎商は・・誠信に4×7で敗退・・
昨年、秋の県大会では中京大中京に1点差まで迫る
大健闘でしたね。

120回の長い歴史がある全三河・・
実はこの両校、まだ優勝の経験はありません。
今回、杜若、豊川が別のゾーンのため、
勝ち進めば決勝で当たる可能性があります。
チャンスと見ていいでしょう。

この春、勢いに乗る福江・・
波乱を起こすといえば・・この学校かも知れませんね。
頑張ってほしいと思います。



| 次へ
プロ野球データFreak
セリーグ順位表
パリーグ順位表
携帯バーコード